映画・テレビ

2017.01.21

MERU[メルー]

D502a0137976f69f

 こんな場所へは、絶対に行き着けないなと思った。人類70億分の数名しか辿り着いたことのないであろう場所、インド・ガルワールヒマラヤに聳える、シャークスフィンと呼ばれる垂直の岩壁、メルー中央峰の頂点。この長大な岩壁を直上するダイレクトライン初登に挑戦したクライマーによる、ドキュメント映画である。凄い、映像だった。こんな映像を撮ってきてくれて、ありがとう!と思った。

 クライマーのコンラッドは、同様に希有なクライマーであるジミー、レナンと三人でチームを組み、難攻不落の岩壁と言われるメルー峰登頂に挑む。実はコンラッドは、以前にも登頂を試みていたが敗退しており、満を持しての再挑戦だった。しかし、天候にも恵まれず、あと100mというところで無念の敗退をする。どうしても登れない、まさに大きな壁。下山した三人はそれぞれ、「なぜ挑戦するのか」を考える。中でもレナンは、山での仕事中に大怪我を負う。それでも登るのか。・・・

 そして、3人のチームとしての2度目の挑戦が始まった。

 登りたいという気持ちの葛藤や、立ちはだかる過酷な状況、全てが本物で、胸が熱くなった。公式HPに載っていたクライマー山野井さんのコメントには、「あれほど美しく魅力的な岩壁はなかなか見当たらないだろう。そこを良き仲間と共に登れるなんて、どれほど幸せなことなのだろうか。」とある。そう、クライマーにはクライマーの、私のようなへなちょこ山ヤにはまたそれなりの、思い入れや感慨があって、この映像に釘付けになることだろう。

 満天の星空を背景に、3人のヘッテンが闇の大岩壁に小さく輝く、カメラを引いたシーンはあまりにも美しい。少しだけ、自分も壁に挑戦している気分になって、焦燥とスリルと興奮を共有して、山ヤの気分になって帰途についた。

 映画館からの帰りの電車の中で、『その峰の彼方』(笹本稜平 文春文庫)という本を読了した。デナリ(マッキンリー)の、カシンリッジ厳冬期単独登攀に挑戦する男の、こちらは架空の山岳小説だ。精神的な話題に傾いたり、遭難救助の場面が長かったりするけれど、へなちょこ山ヤとしては、こちらも胸の熱くさせられるシーンがあったりした。
 「見たらいい。この美しい世界を。言葉で愛でる必要はない。ただ心を開いて受け入れるだけでいい。
 こんな言葉を聞けたら、それは山ヤとして本望かもしれないと思った。

Sonomine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.04

湯を沸かすほどの熱い愛

Yuwowakasu

 いやぁ、宮沢りえは凄い女優さんになったんだなぁと思った。公式サイトに、「余命2ヶ月。私には、死ぬまでにするべきことがある。」とあるとおりの話だった。場面場面で、何度も涙を流してしまいました。強さっていうのは、愛の深さなんだろうね。

 娘達にも、泣かされました。うちの娘と妻の言い争いのような、双葉と安澄のやりとりを見ていても、色々思うところあってつい涙が・・・。安澄役の杉崎花さんは、この間まで朝ドラに出ていて母親役までしていたけれど、やっぱりこのくらいの学生役がはまり役だな。童顔だから。(って、19歳か。彼女も、いい女優になるだろうな。食べるシーンに関しては、それってCookDoじゃん!って感じではあるけれど。)

 母親も強いけれど(って言うか、ムニャムニャ・・・)、子ども達も強いなぁと感心した。

 オダギリジョー演じる父親は、不甲斐なさぶりが、歯がゆい。けれど、こういう男だから、双葉は結婚したのかな。こういう男もまた、実は、強い人なのかもしれない。

 衝撃的なラストに、爆音の主題歌、きのこ帝国「愛のゆくえ」が重なる。そうだな、これくらいの爆音で、ちょうど好いのかな。

 とても良い映画でした。

 カニを食べに行きたくなった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.20

エヴェレスト 神々の山嶺

01d6979a76bdf76494948aec2d1f879853

 夢枕獏の原作は、谷口ジローの漫画で、もうずいぶん昔に読んでいた。自分にとっては、山歩きに夢中になっていた頃の思い出の作品だ。その、映画化ということで、映画館へ足を運んでみた。
 ちょっと忘れかけていたストーリーも、単純なのですぐに思い出す。・・・カトマンドゥの骨董屋で古いカメラを見つけたカメラマン深町と、そこに現れた孤高の天才クライマー羽生。カメラと羽生のことを調べるうちに深町は、羽生が、エヴェレストの冬季西南壁単独無酸素登頂という、前人未到の偉業に挑戦しようとしていることを知る。「俺を撮れ!」と言い放ってエヴェレストに向かう羽生。そして、深町もまた、引き寄せられるように神々の山嶺・エヴェレストの頂を目指すことに・・・。

 原作本を何度も読んでいたという妻からは、「あのシーンはあった?このシーンは?」と、質問攻めにされた。えっ、そう言われてみると、そんなシーンはなかったな・・・。ネパールの、カトマンドゥの町が、地震前の撮影だったということで、懐かしいと思う人はいるだろうね。
 登場人物は少なくて単純だし、複雑な謎解きがあるわけではないし、山がすごく綺麗に撮れているかというとそうでもないような気がしたし、・・・でも、わりと楽しめたよ、俺はね。なぜなら、少しは山ヤだから?
 自分にできないことを、羽生に重ねて見ていたのかな。いや、むしろ、深町か。・・・そう、そういうわけで、岡田君は今回も熱演だった。うん。十分、熱くなったよ。山で遭難しそうになって、それでも生きて帰って来た人には(あ、俺か。)熱くならずにはいられない、そんな映画だったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.23

100000万年後の安全

Anzen

 今秋公開予定であったというこのドキュメンタリー映画は、福島の原発事故を受けて4月半ばにミニシアターで緊急公開されると、連日たくさんの人が詰めかけた。
 5月21日より、立川のシネマシティでも見られるようになったので、運動会の代休の月曜日を利用してさっそく見に行ってきた。

 原発推進国のフィンランドで、排出される放射性廃棄物の処分問題が持ち上がる。(原発は夢のエネルギーかもしれないけれど、必ず、放射性廃棄物を生み出し続けていくことを忘れてはいけない。)そこで、フィンランドのオルキルオト島では、地下500mの場所に高レベル放射性廃棄物を貯蔵するための地下施設(「オンカロ」”隠された場所”の意。)の建設が始まった。放射性廃棄物が無害になるまでに要する時間は10万年と言われる。従って、「オンカロ」の耐久期間もまた、10万年を想定するというのだが・・・・。これからどのように、10万年という長期間に起きうる出来事を予想するのか。あるいは次の氷河期を経て、地球上に存在しているのは人類でない生物かもしれない。その、共通言語や同じ価値観を持たない可能性のある10万年後の生物に対して、地中深くに埋めた放射性廃棄物の危険性を伝えるべきか? その方法とは?
 マイケル・マドセン監督作品

 SF映画のようだった。これは現実の世界の話? そう、これはフィンランドの現実世界の話。福島で、原発事故が起きなかったら、きっとこんなことはずっと知らずにいるのだろうな。
 100000万年後は、気の遠くなるほどずっと先の未来だ。本当に人類は存在しているのだろうか。いっそ、猿や鳥や植物・昆虫だけの、(科学文明のない)地球に戻ってしまっていればいいのに。
 そこでふと思った。人類が発掘してきたこれまでの遺跡の中に、人類以外の生物が残した「オンカロ」がなかったろうかと・・・・。

 マドセン監督が繰り返し、暗闇の中でマッチを擦るシーンがあったけれど、やはり原発を取り上げたドキュメンタリー映画「祝の島」(纐纈あや監督作品)のパンフレットにあった、高木仁三郎という人の文章を思い出したりした。

   人間は火を燃やす竈を精密に強大にし、
   また、術に長けはしたけれど、
   なお壮大な生物の文化には
   合流しえずにいる新参者なのかもしれない。
   核の竈などという、
   自然界の文化とはなじまない、
   ある意味ではきわめて野蛮な文明を
   発達させたことなども、
   その現れといえるかもしれない。

      高木仁三郎 「いま自然をどう見るか」(白水社)より 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.30

180°SOUTH

180south

 1960年代の初め、イヴォン・シュイナードは評判のいい登山道具を作っていた。初めは趣味でやっていたものだが、やがて仲間を集めて工房を作るまでになる。ある日、友人のダグ・トンプキンスが、南米パタゴニア地方の山に登らないかと、イヴォンを誘いにやってくる。2週間後、二人はサーフボードと登山道具と、旅の記録のための16ミリカメラとを中古のバンに載せ、南米パタゴニアを目指して旅に出たのだった。
 ・・・それから40年の時が流れ、ジェフ・ジョンソンという青年が、イヴォンとダグの旅の記録映像を見て衝撃を受け、自分も彼らの旅を追体験しようと考えた。サーフィンと登山を愛する彼は、メキシコからパタゴニア行きのヨットに乗り込み、パタゴニアのコルコバド山を目指すことにした。しかし出港して1ヶ月が過ぎた頃、船はマストが折れるというアクシデントに見舞われてしまう。そこで急遽、近くのイースター島に寄って船を修理することになる。その時ジェフは、島でサーフィンのインストラクターをしているマコヘという女性と知り合う。ようやく修理が終わり、島を出る時にはマコヘもクルーに加わり、一緒にパタゴニアを目指す運びとなり、メキシコを出発してから124日目、ついにパタゴニアへ到着。ジェフは連絡していたイヴォンとも合流した。はたしてジェフ、イヴォン達は、コルコバド山登頂を果たせるのか・・・。
 パタゴニアへの旅ということで、自分の思い入れもひとしおだった。サーフィンの映像も綺麗な映画。後半、イヴォンやダグが、環境問題に触れて説教臭くなっているんじゃないかと感じる人もいるだろうか。けれどそうしたことも、現代人として普通に自分のこととして感じていたいことなのだ。
 イヴォンに言わせれば、「シンプルに暮らすことほど難しいものはない 世の中のほとんどの問題は方向転換すれば解決する 欠陥のあるシステムを維持する必要はない」のだから。

 映画を見ていて、パタゴニアへの旅を実行できるジェフを羨ましく思ったのはもちろんだけれど、同様に、ジェフにインスパイアーを与え、最後はジェフの登山にも同行するイヴォン・シュイナードという人が、とても魅力的に感じ、あぁいう大人になりたいなぁと、思ったのだった。

 クリス・マロイ監督作品。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.01

おくりびと

Okuribito

 本木雅弘主演の、「おくりびと」を見てきた。・・・いい映画だった。所々、楽しかったし、やっぱり最後は、泣けました。それは、自分もまた家族との問題を抱えているからなのかなぁとも思ったりしたけれど。・・・うん、でも、味わい深い良い映画だった。

 葬式は、父の職業柄わりと身近なイベント(?)なのだけれど、納棺師という職業のあることは知らなかった。あ、火葬場の火葬係という仕事のあることは知っていたよ。係の方と実際にお話したこともあるし、『未葬の時』という、火葬場でのいくつかのシーンを切り取った短編小説(作:桐山襲。単行本の装丁がとても凝っていた。既に絶版のようだけれど。)もあったっけ。
 人に知られないところで、こんな大切な仕事もあるんだなぁ…と思った。

 ところで、映画の中で「石文」というものが出てくる。ワープロで「いしぶみ」と打つと普通は「碑」と変換される。が、ここでは石文で、それが物語の最後まで重要な意味を持つことになる。路傍の石に込められた、大切な人に伝えたい気持ち・・・。温かい思いに包まれて、胸がいっぱいだった。
 滝田洋二郎監督作品。音楽:久石譲。

 追記。
 第32回モントリオール世界映画祭グランプリ、第32回日本アカデミー賞日本アカデミー賞最優秀作品賞・最優秀監督賞・最優秀主演男優賞・他、第81回アカデミー賞外国語映画賞、他多数の映画賞受賞、おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.23

Into The Wild

Intothewild

 久しぶりに映画を見てきたよ。
・・・ショーン・ペン監督作品で、ジョン・クラカワーの原作で、音楽はエディ・ヴェダーで、舞台はアラスカで。話の展開はわかっていたけれど、それだけ揃えばもう、見たい!と思って出かけて行った。
 アラスカに惹かれて旅に出る若者、クリスが主人公。自分も同じようなものだから、共感する思いはいっぱいあった。けれど、さわやかになれなかったのは、終わり方のせいではなく、自分がふにゃふにゃと冒険もせずに生きているから、なのかなぁ・・・。

 本当の幸せとは、それを誰かと分かち合った時に訪れる。

 それは、人生の真理だね。ただ、命と引き替えにでないと、そのことに気付かない者もいる。・・・自分はどうなんだろう。映画を見ながら、彼の出会った魅力的な大人達(クリスの生き方を応援しつつも、無茶をするべきではないと言ってくれる大人達)にも共感していた自分がいた。子どもができたから、なのかなぁ。自分は丸くなったのか、ふにゃふにゃに生きているだけなのか・・・。

 「甘っちょろい映画だ」という評、多々あり。そうだろね。ただ、ほんの数日間だけでも、自分で好んでアラスカの荒野へと入ったことのある自分にとっては、クリスの情熱にも甘さにも、自分を重ねてみてしまった映画だった。

 珍しい?横長のチラシ。

 追記。
 映画を見た後に、ジョン・クラカワーの原作本を読んだ。映画で描かれるクリスの物語・人生と平行して、それを調査するジョン・クラカワー自身の物語・人生もあるわけで、クラカワー氏の赤裸々な冒険報告もまた興味深く、引き込まれるドキュメントとなっていた。

Intothewildbook

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.01

ビールと映画。

「誰か遊んでください」に応えてくれたsatoちんと、六本木でデート。映画「砂時計」を見てきたよ。
 たぶんそろそろ公開の終わる映画だろうし、実は評判もパッとしていないところもあるし、小さな映画館でやるし人も来ないんだろうなと思っていたら、さすがに映画の日ってことで、11:00からの初回は既にチケットを求める人の列ができていて、僕らは並んで、次の上映回のチケットを取ることしかできなかった。ちと計画が狂ったな・・・。ま、いいや、映画見てからお昼と思っていたけれど、先に食べに行きましょう。
 で、お目当てのお店を探して歩いて、行ってみたけれどなんと日曜日はお休みだった。(ぐはっ。それくらい調べてこいよって感じ。satoちん、ごめんなさい。)なので、「ヒルズでビア・フェスタってのやってるよ」というsatoちん情報により、そちらへ方向転換。(途中、satoちんの希望により、ハイアットに忍び込んだりしてみました。ひえ〜、ドキドキしたよ。セレブなトイレも拝借したのでありました。一生縁がないかもなぁ〜とか、思いながら。)
200861
 さてさて、やってましたね、「ビアフェス2008」。昼から屋外で生ビール飲んだけれど、休日だし、青空だし、こういうのもありだよね。イベントのバンドがうるさくなってきた頃に、僕らは退散。再び、映画館へ。

「砂時計」観てきました。思っていたより、ちょっと重たい、映画だった。そういう点が、口コミでのマイナスポイントなんだろなと、納得した。ただやっぱり、島根でのシーンは、美しくもあり、どこか懐かしくもあって、良かったなぁ。(そうそう、徳島の映画「眉山」を思い出したりもしたよ。)そして何より、夏穂がいいね。satoちんは相手役の男の子がお気に入りのようだったけれど、うん、俺にも好印象だった。若い役者さんが輝いてるのは、良かったね。(でも、一番のシーンは、おばぁちゃん役の藤村志保のあるシーンで、そこは泣けた。)
 ちょっと恋愛の勉強をしましたねと話してから、satoちんと別れた。今日はつき合ってくれて、どうもありがとう。プロポーズの言葉なんかも勉強しちゃったけれど、いつかはsatoちんにも、あんな言葉を言ってもらえる(言える?)時が来ますように!

 Sunadokei

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007.08.01

夕凪の街 桜の国

Yunagi_sakura

 映画「夕凪の街 桜の国」を見てきたよ。
 描かれていることは、重く深い。・・・日本人なら、見ておきたい。世界中の色んな国の人にも、見て欲しいかな。(現代の豊かそうに見える日本にもこんな時代があったんだってことを、知らない人がいるとしたらその人に見て欲しい。)本当にどうして広島で、どうしてこの人達の生活が奪われなければならなかったのだろうと思う。(でもそれを言うなら、どうして日本は戦争を始めてしまったんだ、ということか。・・・戦争を始めたのは軍の一部の人間で、広島市民じゃないんだけれど。)
 アメリカの人にも(日本の防衛大臣にも)、見て欲しい。この映画を見ても、原爆投下は「しょうがなかった」と言えるだろうか。「お前なんか死んでしまえと、私は思われた」「原爆は落ちたんじゃなく、落とされたんだ」「生きていていいのかな」・・・それが、被爆した人たちの悲痛な思いだった。アメリカを恨む訳ではないけれど、けれどやっぱり、悲しい現実に遣り場のない怒りも残る・・・。
 前半部「夕凪の街」から、現代に舞台を移した「桜の国」では、少し明るいトーンになる。若い二人の女優(田中麗奈と中越典子)が、良く言えば生き生きしている、(悪く言えば軽い)からかな。(田中麗奈、・・・もう一つどこか抜け出せないでいるのは、何が足りないのか。・・・「がんばっていきまっしょい」から、好きなんだけれどなぁ。)原作コミックではいまいちわかりづらかった過去を遡るシーンなどは、映画の方がはっきりとしたイメージで描けていたと感じたよ。
 それで、最後は、伯母さんの分も幸せにならないとな・・・、ということなんだけれど。・・・それで終わりでいいのかな、とも、ちょっと思った。(この先は、映画を見て、感じた、僕らの問題でもあるのか。)
 いつの時代であっても、戦争は間違っていると思う。(日本が始めたあの戦争での、日本の戦争犯罪も忘れてはならないという意味も含めて。)だから、反省や償いの気持ちは、いつまでも忘れてはいけないと思った。戦争の記憶はどんどん風化していくわけだけれど、せめて何かの機会には、思い出し、それを伝えていかないとね。
 今の豊かな時代を、「生きている」ということに感謝しないとって、じんわりと思えてくる映画だった。それからやっぱり、大切な人には、「生きていてくれて、ありがとう。」・・・その気持ちを、伝えよう。
「私は、(両親である)二人を選んで、生まれてきたんだ。」という主人公の言葉が、印象的だった。
 佐々部清監督作品。原作はもちろん同名のコミック『夕凪の街 桜の国』(作・こうの史代。双葉社。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.25

ROCKY THE FINAL 試写会。

 映画の試写会に当たったというので、何々?と思ったら、「ロッキー」だった! 懐かしいね。(カエちゃんはスタローンが好きだったの?)どうしてまた今さら、と思われがちだけれど、今回のは「ロッキー・ザ・ファイナル」だ。なかなか出来は良いらしいという全米での評判もちらほら聞いていたので、ちょっとワクワクしつつ、六本木まで出かけて行ったよ。六本木ヒルズの映画館では、なんと、スタローン氏の舞台挨拶があるのだった。
Rocky02 スタローンが、屋外のレッドカーペットを登ってきてインタビューに応えている、という姿は残念ながら見られなかったけれど、劇場の中では7列目の座席から、そのオーラを少しばかり感じてきたよ。(彼の姿の写真は、一応撮ってはいけないことになっているので、ありません。右の、パネルの前にスタローンが立っていました。)とっても人の良さそうな、おじいさん?いや、失礼、おじさん、でした。(でももう、60だって。)
 ちょうどこの日は能登で地震のあった日だけれど、そのことについても発言していて、頑張ってくれというようなことを言ってたかな。
 試写を終えると出口では、「ロッキー・バルボア」から試写に来た全員に、バラが一輪ずつ配られたんだ。なかなかの演出でした。添えられていたカードにはこんな言葉が書かれていた。

Rocky03 It ain't about how hard you hit,
 it's about how hard you can get hit
 ・・・and keep moving forward.

 

           by Rocky Balboa

| | コメント (2) | トラックバック (0)