« どんど焼き | トップページ | 立春 »

2018.01.08

熊とどうつき合うか

 朝日新聞デジタルのトピックスに、「秋田県で今年度、推定生息数の6割弱にあたる817頭のツキノワグマが捕殺された」というニュースが載っていた。

 800頭以上のツキノワグマが捕まって殺されていたということに、ちょっとビックリ。

 ちなみに秋田県では、人間の、クマによる死者は1人、重傷者は5人ということらしい。一人死者が出たから一頭殺す、ということではないんだなぁと思う。人間のテリトリーに入ってきたら、もうダメってことなんだろう。クマもかわいそうだ・・・・なんて、そんな甘っちょろいことではないんだよ、と秋田の人に言われそう。

 でもなんだかな。クマと上手くつき合う方法はないものかとも思う。

 知床で、漁師たちが、番屋のすぐ近くにまで現れるヒグマに対して、無視したり追い払ったりある時は叱ったりして、適当な距離を上手にとっていたのを、何かで見たことがあったなぁ。

 普通の人は、知床の漁師さんとは違うけれど。

 逆に、秋田にはマタギの文化?があるから、クマを捕殺することに躊躇はないのかな。

 宮沢賢治「なめとこ山の熊」に出てくる熊捕り名人の小十郎は、最後には大きな熊に襲われて死んでしまうのだけれど、その時に、熊は熊で、「おお小十郎おまえを殺すつもりはなかった」と言い、小十郎もまた「熊ども、ゆるせよ」と思って死んでいく・・・。

 ・・・なめとこ山の住人は、そんなことも、ふと思った。

|

« どんど焼き | トップページ | 立春 »

ニュースです」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊とどうつき合うか:

« どんど焼き | トップページ | 立春 »