« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017.10.30

ブレードランナー2049

320

 リドリー・スコット監督の「ブレードランナー」は、1982年の映画で、描かれていたのは2019年のロサンゼルスだった。「ブレードランナー」は、何度も見た。そして、三十数年が経っての、続編である。映画を見る前に、予習として公式サイトで、2019年から2049年までに何が起きたのか(作品の背景の出来事を)勉強した。監督は、リドリー・スコットではなく、ドゥニ・ヴィルヌーヴ。2時間半を超す、大作。いくらかドキドキしながら見に行った。

 まずまず、面白かった。ブレードランナーっぽさは出ていた。音楽は、ヴァンゲリスふう。(あくまで、「ふう」で、ヴァンゲリスの音楽が好きだったから、ちょっと残念。)ハリソン・フォード頑張ってるなぁと思った。長かった、けれど、わりと時間の経つのを忘れて見入っていた。

 レプリカントと人との境とは何だろう。そういうことを考えさせられる映画だった。以前学校で、生徒にそういう質問をしたことがあった。「生命の定義とは何か」みたいな。AIとか、VRとか、科学技術は進んで、人間に近い何者かが生まれたり、実際には体験していないのに体験したかのような感覚が得られるような時代になった。生きてるってのは、こういうことだって、自信を持って自分は言えるだろうか・・・。

 2017年の現在、自動車はまだ空を飛んではいない。2049年は、どんな世界になっているだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.29

今日のビール

 ちょっと見慣れないビールが売ってあったので、買ってみました。

Dsc05066

Dsc05067

 似たような味だったけど、「エチゴビール」の方が、ちょっとピリッとするかな。「第一号地ビール」って書いてある。

 「有機農法ビール」は、すっきり美味しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.22

ビデオ観賞

 台風が来て、土日は外に出ないだろうからと、金曜日にTSUTAYAに行ってDVDを借りてきた。4本で1000円になるということで、四つも借りて来ちゃったよ。

Kiminona

 まず、話題作だった「君の名は。」を、娘が見たいと言っていたので。あまり期待もせず、先入観もなく見たのだけれど、これがなかなか面白かった。逆に小4の娘は、難しい、わからない、と言って怒っていた。そうだなぁ、高校生だったら、もっとトキメキをもって見られたのかなぁ。
 突っ込みどころは随所にあった。嫌いだキモイ、と言う人はやはり、不必要な感じのシーンを毛嫌いするのだろうなと思った。俺は全然嫌いじゃないけど。(自分も一種のキモオタなんだろうなぁ、と。)そうした突っ込みどころも敢えて受け入れて、良く出来た青春映画だと思った。
 最後、二人は会わない方が良かったという意見もある。人生はそんなになま易しいものではない。一方で、壮大な再生の物語だと言う意見に、自分は一票入れてみたい。

Konosekai

 アニメ繋がりで、「この世界の片隅に」を見た。こうの史代さんの漫画の映画化だ。広島、呉が舞台ということで、暗くなるかなと思っていたけれど、子どもと一緒に見られた。そして大人の方が、世界観に引き込まれてしまったかも。私たちの今いる今は、こういう時代を経て来ての今日なのだということを、しっかり伝えなくてはと思う。原作本のあとがきで、こうのさんはこんなことを書いている。
この作品では、戦時の生活がダラダラ続く様子を描く事にしました。そしてまず、そこにだって幾つも転がっていた筈の「誰か」の「生」の悲しみやきらめきを知ろうとしました。〜中略〜 のうのうと利き手で漫画を描ける平和。そして今、ここで見届けてくれる貴方が居るという事。全ては奇跡であると思います。
 決然と生きることにも意味があり、また、飄々としなやかに生きるのもあり、なのだ。

Kimiwaiiko

 三本目、「きみはいい子」。小4の子供たちが描かれるということで、借りてきた。娘と、ワイワイ言いながら観賞できた。いろんな子がいて、いろんな大人がいて、みんな、「抱きしめられたい。」一緒に見ている人を、ギューっとしてしまう、映画だった。
 尾野真千子は、好きな女優さんだけれど、こういうお母さんの役もやるんだなぁと思って見ていた。「虐待」というテーマが深刻なので、見たくないという人もいるかな。確かに、重苦しい映画ではある、かな。
 最後が、唐突に終わってしまうように感じた。つい、救いを描いて欲しかった、と、なま易しいことを考えてしまった。それについては、呉美保監督の言葉がある。
人生は続く、それがこの映画では描きたかったことの一つです。疑問を残すような終わり方にあえてしているのですが、そこを結論づけていろんなことを丸くおさめるような作品ではないと思っているので、人生は続く、続けていかなければいけないんだと思ってもらえるようなラストシーンにしました。
 人生は続く。まさに、その通り。中脇初枝さんの原作本も読んでみたいと思った。

Lion25

 四本目、「ライオン〜25年目のただいま」。実話の映画化だそうだ。5歳の時インドで迷子になった少年が、オーストラリアの夫婦の養子となり、25歳になって、インドの実家を見つけ出すというストーリー。人生は、小説よりも奇、なのである。
 たぶん、優しい養父母と出会えたことが、この子の運命を変えた一つの要因だ。インドでストリートチルドレンをしていたら、映画にも描かれていたけれど、捕まって売られて、下手したら臓器だけ取られて殺されて捨てられてしまうのでは・・・ということも考えられる。またたとえ、優しい養父母に引き取られても幸薄い人生を送る場合があることは、同じ家に養子にやって来たもう一人のインドの子が証明する。だから、自分に人生を変える力があるかどうかということも、大切だったりするのだろう。あとは、最新のITアプリ(Google Earth)を、うまく使いこなせること。
 なんで「ライオン」というタイトルだろうと思っていて、最後にわかる仕組み。佳作。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.03

訃報 トム・ペティ逝く

トム・ペティが亡くなった。66歳だったとか。まだまだ若いのに。

そろそろアルバム出ないかなぁって、いつも思ってた。

ご冥福をお祈りします。

「Crawling Back To You」でも貼っておこう。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »