« 100000万年後の安全 | トップページ | 村上春樹 カタルーニャ国際賞受賞スピーチ »

2011.05.27

20ミリシーベルト問題 その4

 5月27日、文部科学省は、「福島県内における児童生徒等が学校等において受ける線量低減に向けた当面の対応について」を発表した。
 この中で、児童生徒が受ける放射線の線量基準値に関して、「年間1ミリシーベルトから20ミリシーベルトを目安とし」としながらも、「今後できる限り、児童生徒等の受ける線量を減らしていくという基本に立って、今年度、学校において児童生徒等が受ける線量について、当面、年間1ミリシーベルト以下を目指す」とした。また、校庭・園庭の空間線量率が、毎時1マイクロシーベルト以上の学校の除染について、財政支援を行うこととにも触れた。

5月27日高木義明 文部科学大臣会見「福島県内における児童生徒等において受ける線量低減に向けた当面の対応について」
添付資料(PDFファイル)http://dl.dropbox.com/u/23151586/monka_110527.pdf

|

« 100000万年後の安全 | トップページ | 村上春樹 カタルーニャ国際賞受賞スピーチ »

ニュースです」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29037/51812991

この記事へのトラックバック一覧です: 20ミリシーベルト問題 その4:

« 100000万年後の安全 | トップページ | 村上春樹 カタルーニャ国際賞受賞スピーチ »