« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008.09.23

Into The Wild

Intothewild

 久しぶりに映画を見てきたよ。
・・・ショーン・ペン監督作品で、ジョン・クラカワーの原作で、音楽はエディ・ヴェダーで、舞台はアラスカで。話の展開はわかっていたけれど、それだけ揃えばもう、見たい!と思って出かけて行った。
 アラスカに惹かれて旅に出る若者、クリスが主人公。自分も同じようなものだから、共感する思いはいっぱいあった。けれど、さわやかになれなかったのは、終わり方のせいではなく、自分がふにゃふにゃと冒険もせずに生きているから、なのかなぁ・・・。

 本当の幸せとは、それを誰かと分かち合った時に訪れる。

 それは、人生の真理だね。ただ、命と引き替えにでないと、そのことに気付かない者もいる。・・・自分はどうなんだろう。映画を見ながら、彼の出会った魅力的な大人達(クリスの生き方を応援しつつも、無茶をするべきではないと言ってくれる大人達)にも共感していた自分がいた。子どもができたから、なのかなぁ。自分は丸くなったのか、ふにゃふにゃに生きているだけなのか・・・。

 「甘っちょろい映画だ」という評、多々あり。そうだろね。ただ、ほんの数日間だけでも、自分で好んでアラスカの荒野へと入ったことのある自分にとっては、クリスの情熱にも甘さにも、自分を重ねてみてしまった映画だった。

 珍しい?横長のチラシ。

 追記。
 映画を見た後に、ジョン・クラカワーの原作本を読んだ。映画で描かれるクリスの物語・人生と平行して、それを調査するジョン・クラカワー自身の物語・人生もあるわけで、クラカワー氏の赤裸々な冒険報告もまた興味深く、引き込まれるドキュメントとなっていた。

Intothewildbook

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.14

十五夜。

 今日は十五夜、中秋の名月。・・・けれど微妙に、満月じゃぁないね。(その辺の事情は、去年も書いたっけ。)
 雲間にちらちらと見え隠れしている月を、デジカメで撮ってみた。レンズは、210mmにしてみたんだけれど、こんな中途半端な望遠じゃぁ、ちっとも大きく写せないね。

 もっと綺麗な月を見たい人は、えびちゃん副長さんのところへどうぞ。二人はいったい、どんなレンズを使ってんだろ?

 914

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.09.13

わくわく交流セミナー2008

 今年も「高尾の森わくわくビレッジ」で、地球冒険学校の恒例企画「わくわく交流セミナー」を行いました。
 今回の「わくわくコンサート」には、ボサノヴァ歌手の平田王子(ひらたきみこ)さんとドラム奏者の大澤基弘(おおさわもとひろ)さんというプロのミュージシャンもお招きしました。一流の音楽に触れつつも、冒険学校らしいアットホームな雰囲気の中で(アットホーム過ぎて、プロのお二人には失礼だったかなと冷や汗が・・・。)子どもも大人も、コンサートを楽しみました。
2008wakuwaku  そして夜の部では、今回は野外広場でキャンプファイヤーをしました。(キャンプじゃなくても、キャンプファイヤーと言うのかな。)マツケンサンバで始まって、締めには炭坑節を踊るのなんて、これは冒険学校らしいのかどうなのか・・・。もちろん間には、じゃんけんゲームや聾学校の子供たちの出し物、ボラさんによる出し物なんかもあって、大いに皆で楽しみました。(帝京大のどんぐりさん、毎度ありがとう。)
 自分は今年も宿泊はせずに、キャンプファイヤーの消火を見届けてから帰ってきました。子ども達はけっこう、火に石を投げ込んでみたりと悪戯していたからなぁ〜、寝小便しないかな、大丈夫かな?・・・ま、そういう経験も大事だよね。来年もまた、楽しく交流しましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.12

はからめ。

Hakarame1  小笠原(父島)に旅行へ行ったカエの友人が、こんなものを送ってくれた。
 なんすか、これ?
 「はからめ」
 「ハカラメ? (ハラヒレハレホレ?)」

 送られてきた時は、ただの葉っぱだった。それを、ひたひたの水に浸けておいたりしているんで、何してるんだろなぁ〜とは思っていた。・・・ら、ついこの間見てみると、なんだか進化しているじゃありませんか。
 芽が出てる
 「そう。葉っぱから芽が出るから、『はからめ』よ。」・・・・初めて知りました、こんな植物。(どうやら、カランコエなんかも同じ種類の植物らしい。あ〜はいはい。葉っぱから、根が出るよね。)
 で、上手く育てれば、そのうちいつか花が咲くのだとか。マジですか。(ただカエは、枯らしてしまったことしかないとか・・・。)
 さてさて、ハカラメの花、見ることができるのかなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »