« ビールと映画。 | トップページ | 野反湖一周トレッキング。 »

2008.06.04

川崎 「Inti Raimi」 (ペルー料理)

 カエが里帰りしてる間の、俺の「遊んでください!」に応えてくれた、えびちゃんとデート。うしし。
 ギアナ高地に行ってみたいと前々から言っているえびちゃんを誘って出かけたのは、ベネズエラ料理(そんなのあるのか?)ではなくして、ペルー料理。同じ南米でなんとなく似てるだろうし(似てるのか?)、マチュピチュやアスカの地上絵には、えびちゃんも俺も関心大ってことで、南米料理なのだ。

Peru01_2

 川崎にある、「Inti Raimi」というお店へ行ってきた。川崎駅の西口から、徒歩5分くらいかな。大通り沿いにあるし看板も出てるから、すぐに見つけられた。(川崎駅の西口へは、俺は初めて降りたかも。えびちゃんは学生時代に、西口から出るバスをしばしば利用したのだとか。・・・昔はこんな感じじゃなかったよぉ〜と、遠い?思い出に耽るえびちゃん。)

 お店は大衆食堂のような雰囲気で、(たぶんペルー人の)おばさんが持ってきたメニューも大衆食堂風に雑多で、料理の写真も色褪せていた。
 えっとぉ〜、(代表的な)ペルー料理はどれですか?・・・というつもりで俺は聞いたのだけれど、おばさんには「全部ペルー料理です」と返された。ふがっ・・・。一応、事前に評判の料理は調べていたので、それらをいくつかピックアップし、それとおばさんが、これとこれもおいしいですよとアドバイスしてくれたものを参考にして、注文完了。

Peru03_2

 まずは、「アンティクーチョ Anticucho」という、牛ハツの串焼きをいただく。ボリュームあるね。ペルーでは屋台で売られている、ポピュラーなファストフード?だとか。

Peru02 おっと、おばさん、俺らのビール忘れてるよ、ビール。(ところで、ペルーの公用語って何だっけ? スペイン語、でいいの?・・・後で調べたんだけれど、インカ帝国の言語、ケチュア語というのも公用語の一つらしい。「Inti Raimi」とはケチュア語で、「太陽の祭典」のことだとか。)
 ビールは、ペルーのビールで、乾杯!

Peru04  ところでえびちゃん、最近はどうしてるの?・・・ムニュムニュムニュって、なんだかはぐらかされてるうちに、次の料理が来たよ。こちらは、「パパ アラ ウアンカイナ Papa a la Huancaina」茹でじゃがいものピリ辛チーズソース。温かいものかと思ったら、冷たいものでした。オードブルってことだよね。ちょっとした辛みが、ビールに合うね。じゃがいもと言えば、ペルーが原産地だ。現地には、いろいろな品種があるらしい。

Peru05 さらに前菜風なもうひと品。「セビッチェ ミクスト Ceviche Mixto」魚介類のライム風味、さつまいも・じゃがいも・コーン添え。・・・ん? 薩摩芋って・・・。(サツマイモも原産は中米で、それから東南アジア〜中国へと渡って、唐芋として日本に伝来したものなのだとか。)
 コーンは、違う種類のものがいくつか入っていて、こういうものを主食にしているんだろうなぁ〜とか、勝手な想像をしてみる。魚介類は、タコに、イカに、この白身の魚は、え〜と、・・・何だろね。・・・→えびちゃんが、聞いてくれた。シイラだって。・・・シイラって、俺にはピンと来ませんが、えびちゃんは、あ〜はいはいって頷いてた。
 ライムと香草が、いい感じで味にアクセントを付けていて、おいしい料理だった。魚介類が美味しいってことで、俺はちょっぴり、チリのレストランを思い出したりしてたんだ。

 食が進んで、俺はビールからピスコにお酒をかえた。(ピスコは、マスカットの蒸留酒。言ってみればブランデーだから、度数高いよ。チリを旅したときの、お土産で買ってきた酒だ。)

Peru06 それでは、本日のメイン料理「タクタクとステーキのパン粉焼き TacuTacu con Asado de Res」をどうぞ。タクタクというのは「ペルー風の豆ご飯」なんだけれど、リゾットのようなおいしさの料理だった。それに、ステーキが付いているというボリュームだ。肉は、・・・羊だね、ということで二人の意見は一致。パン粉焼きかどうかも怪しいところだけれど、文句はありません。美味しかった。

Peru07 食後にはコーヒーと、それからデザートに、ペルーのおやつという「ピカロネス Picarones」カボチャとサツマイモのホットドーナツってのを注文した。これも、何というか南米の味?のする、美味しいおやつだった。温かく、ニッキのような風味のシロップがひと癖あり。
 ご馳走さまでした。

 ペルーへは、いつか本当に行ってみたいと思っている。えびちゃんもきっと、そうだよね。
 行ってみたいと思うところは、まだまだいっぱいあるんだなぁ〜・・・。インチキな夢も、見続けていればきっと叶う、だろうか・・・。
 食事につき合ってくれて、えびちゃん、ありがとう。ペルー料理、おいしかったね。この店、俺はたぶん、またいつか行ってみるよ。
 

 Peru08

 

 

ペルー料理レストラン「Inti Raimi」

川崎市幸区大宮町15 三巧ビル1F
電話 044-511-4225

|

« ビールと映画。 | トップページ | 野反湖一周トレッキング。 »

世界を食べに行こう」カテゴリの記事

コメント

随分前のブログだけど、懐かしくてコメント書いちゃいます。
このレストランよく好きで通いましたー!南米のコロンビアにいた頃を思い出して・・・。セビッチェとパパ・アラ・ワンカイナ、大好き。今後行ったら「チーチャモラーダ」という紫トウモロコシのジュースを飲んでみて下さい♪メニューになくても言うと出してくれます(10年ちょっと前は/笑)。また、ここ行きたいなぁ。

投稿: マロン | 2017.04.25 20:13

>マロンさん

良くこんな記事見つけてきたね。でも、いろいろ遡って読んでもらえると嬉しいです。一緒に自分も、昔のことを思い出したり、以前書いたことを読み返したりしてしまうから。
このレストランは、まだあるのかなぁ。いろいろなことが、懐かしい・・・。

チーチャモラーダ、覚えておこう。

投稿: 山ヤ | 2017.04.26 21:45

本厚木にもペルー人しかいない怪しいペルーレストランがあって通っていたのに、今はもうつぶれちゃったみたい。先生の昔のブログ、なんか心に響いたからさかのぼって読んだよ。

投稿: マロン | 2017.04.26 22:22

ありがとう。昔のこと、いろいろ懐かしいね。

投稿: 山ヤ | 2017.04.29 22:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29037/53913388

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎 「Inti Raimi」 (ペルー料理):

« ビールと映画。 | トップページ | 野反湖一周トレッキング。 »