« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008.06.29

ささやかな日々の一コマ。

 雨の一日。月曜日以降も、梅雨空が続くのかな。

 今日の出来事、ではないけれど、最近の出来事。

Dsc_0060  サボテンに、花が咲いた。前回は一輪だったのに、今回はなぜか一気に四つも花が。
 これは、いいことの前兆か?
 ・・・・いいことが、たくさんありますように。

Dsc_0057 庭のモクレンの木に掛けておいた巣箱に、鳥(シジュウカラ?)が巣を作ったようで、ひっきりなしに出入りしているのに気が付いた。虫を運んでいるので、どうやら雛が生まれたみたい。
 元気に、育ってね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.28

あじさいまつり。

 もうあと少しで7月というところですが、自分も遅ればせながら紫陽花を見に出かけてきました。子連れなので、なるべく近場で・・・と探してみたら、府中市郷土の森で、「あじさいまつり」をしているじゃぁありませんか。
 てなわけで、梅雨の晴れ間の土曜日に、郷土の森へ、レッツゴー!

 実は、初めて行きました、郷土の森。(200円、払うのかよ。・・・けど、駐車場は無料なので、昭和記念公園よりはいいかな。)
 園内はプチ明治村って感じで、明治大正時代の建物・民家などが多数移設されていて、散歩して楽しいところだった。

Kyoudonomori01Kyoudonomori02Kyoudonomori03

 

 

Kyoudonomori05Kyoudonomori04

 

 

 

 

 

Kyoudonomori06

 芝生広場まで来て、持ってきたおにぎりを食べる。(美味そうなたこ焼きを屋台で売っていたので、そいつをおかずに。)
 目の前には水遊びの池があって、子供たちが元気に遊んでいた。ルーもそちらに興味津々だったけど、もう少し大きくなったら、また遊びに来ようね。

 おっと、肝心な紫陽花の写真を忘れるところだった。あじさいまつり、と言うけれど、時期がもう遅いからなのか、そもそもあまりパッとしないのか、これくらいならうちの近所にも咲いてるよ・・・という感じの花々だったけれど。

Ajisaimatsuri01Ajisaimatsuri02Ajisaimatsuri03

 

 

Ajisaimatsuri04

Ajisaimatsuri05

Ajisaimatsuri06_2

 

 

 

Ajisaimatsuri07

Ajisaimatsuri08

Ajisaimatsuri09

 

 

Ajisaimatsuri10 Ajisaimatsuri11 Ajisaimatsuri12

 

 

Ajisaimatsuri13 Ajisaimatsuri14 Ajisaimatsuri15

 

 

 

 

 

 

 

 

 ついでにおまけ。ルーより、団子。

Kyoudonomori09

Kyoudonomori07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.22

歯。

 

 ルーちゃん、下の歯が出てきました。
 20080622 (赤く囲んであるところです。)

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.06.21

Field of Dreams

 来週月曜から学校でプール指導が始まるので、ゴーグルやら綿帽子やらを買いに、車を走らせて郊外の大型スポーツ店へと行ってきたよ。
 欲しい物はとりあえず揃えて、ついでに、買ってきたのがこれ。
 グローブだ。Globe
 一つじゃぁ、キャッチボールができないので、カエのぶんも買ってきた。(おまけに硬式ボールも。この方がちょっとオシャレでしょ。)ちなみに、黒い方が俺のグローブ。お店に並んでいるのは、黒いグローブが多かった。松坂とかが使ってる?
 グローブを買って何をするのかと言えば、もちろんキャッチボールだよ。ルーは、・・・できるようになるのはもうちょっと先のことだから、悪いけどそばで見ていてね。

 先日、職場の同僚と草野球をする機会があって、その時はあまりにへなちょこな自分だったので、密かに練習して上手くなってやろうと思ったことや(また野球に誘われるかは、微妙だけれど・・・。)「最近忙しそうにして会話もないよね」なんて言われてしまったことや(だったらこんなふうにパソコンに向かってないで、会話しろって話しだけれど。)まぁ、いろいろな思いがあっての、グローブだったりする。

 最近、訳あって学校の放課後に機会があって、時々しているんだ、キャッチボールを。
 マイ・グラブ、学校でも使おうかな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.06.14

運動会。

 みんなの学校には、運動会はありますか?
 最近の養護学校(特別支援学校)には、運動会をやらない学校が多い。(児童生徒の安全対策なのか、保護者からのクレーム対策なのか。クルクル変わる教育課程の中に面倒な行事は入らなくなった。)普通の小・中学校でも、生徒数の減少などのために種目が減ったり、セキュリティーの面から平日の屋内で非公開で行われたりと、昔懐かしいあの運動会が、変わりつつあるようなのだ。
 運動会をやらないのなら、僕らが運動会を企画しよう! というのが冒険学校だ。(まだ学校でもないのにね。学校でもないのに、この日のために校歌まで作っちゃったよ。)わりとまじめに、みんなが楽しめるようにと種目を考え、打ち合わせを重ね、さていったいどれくらいの人が参加してくれるだろうか・・・と、一抹の不安を抱きつつも、今日の運動会当日を迎えた。
 ふたを開けてみれば、80名を超える人が参加してくださり、ボラさん15名を頼んだ甲斐もありって感じで、なかなか盛況な運動会を、のんびり楽しく行うことができた。(実のところ自分はあんまりお手伝いしていなかったような・・・。バンダナ先生以下スタッフの皆さん、お疲れさまでした。ボランティアに来てくれた学生さん、ありがとう。)
 記念すべきは、ルーが冒険学校にデビューしたこと。(母さんのお腹の中にいるときに、一緒に高尾山に登っているけどね。)皆にちやほやされ、ルー的にはご機嫌だった。楽しかったね!

 Undoukai200802 Undoukai200801

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.07

野反湖一周トレッキング。

 6月末に行われる「志賀野反トレイルレース」というトレランレースに出場するゴディーちゃんから、コースの下見をしたいから野反湖を周回する山登りをしませんかとのお誘いが。(いや、どこか山登りにって誘ったのは俺で、こういう山だったら行きたいですって返事が返ってきたのだっけか・・・。ま、いいや。)もちろん、お供しますよ。
 ・・・で、野反湖って、どこ?(野尻湖じゃないのか??)

 野反湖は、群馬県六合(くに)村という所にありました。「北欧の湖を想わせる神秘的な湖」と、六合村のHPには書かれてある野反湖。早起きして、行ってきました!
  087608
(野反湖全景。野反峠から。)

 志賀野反トレイルレースでは、スタートの志賀高原から25kmを走ったところで野反湖ロッジのチェックポイントを通過し、さらに15kmの野反湖 周回コースを走る(登る?歩く??)のだとか。全40kmの長丁場だ。(ひえ〜。俺には無理だね。)ゴディーちゃんとしては今日の下見を踏まえて、25km 関門まで来た時点で、さらに走り続けるか棄権するかを判断したいとのことだった。

087601  野反湖ロッジ前の駐車場に車を停めて歩き始めると(基本的に自分は大会に出場するわけではないので、コースを試走する必要もない。・・・あれ?ゴディー ちゃんは走らないの? 今回は、走る練習ではなくコースの下見だから、歩いてもいいのか?)しばらくは気持ちのいいトレッキング・コースが続く。(なるほ ど北欧かぁ〜・・・って、行ったこと、ありませんから。)

087604  湖の眺めの良いトレイルから離れると、道は次第に上り坂に。そして上り下りを経て、ちょっとしたピーク、弁天山(1653m)に到着。なるほど、弁天様がいらっしゃるよ。
 小休止してから、一度、がぁ〜っと下る。そこが、野反峠だ。駐車場もあって、わりと人が来ている。近くにはシラネアオイの群生地があるようで、八間山へと登る途中から左に分かれて登山道が続いている。カメラを手にした人もたくさん来ていた。
 けれど俺らは黙々とレースのコースを辿って、八間山山頂を目指した。

 せっかくなので、道々の花の写真を。
 キジムシロのような黄色い花。イワカガミと、(たぶん)ショウジョウバカマ。(ゴディーちゃんは、どっちがどっちだかわからないと言っていたが、それはないでしょ。)そして、ムシカリ(オオカメノキ)。
087606 087603 087609 087610

 

 


 さて、せっせと歩いていればやがて八間山(1934m)の山頂に。なんだか少し、天気は悪くなってしまったよ。ついでに二百名山だという白砂山まで目指そうかとも思っていたが(本当か?!)展望もなさそうなので、ここはやはりレース・ルートどおり堂岩山の稜線から登山口へ下ることに。
 八間山の付近にも、いくつか花が咲いていた。シラネアオイはここでたくさん見られたので、わざわざ寄り道しなくて良かった。シャクナゲは、アズマシャクナゲ、かな。再びショウジョウバカマ。それと、このピンクの花は、ウラジロヨウラク?。
087612 087613 087614 087615

 

 


 堂岩山からは下りとなるが、日影の斜面には、なんと長〜い雪渓(その1その2)が残っていて、こりゃレース当日までに融けるのかなと、心配された。

 そうしてダラダラと下っていけば、わりと早い時間に、野反湖ロッジの駐車場に戻ってきたよ。これなら、一周走り抜けられるかもね。(って、それは野反湖周回の前に、25kmを走っていない人のセリフであった。)
 ゴディーちゃん、当日頑張ってちょうだいね!!

 

 速報

 29日、レースを終えたゴディーちゃんから、メールで連絡が入りました。
 なんと、天候悪くて、後半の野反湖一周15kmは、なくなってしまったということでした。(残念、なのかどうなのか・・・。)悪天候で、トレイルもぐしゃぐしゃで、散々だったとか。でも、なんとか志賀高原→野反湖の25kmは完走とのこと。
 お疲れさまでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.04

川崎 「Inti Raimi」 (ペルー料理)

 カエが里帰りしてる間の、俺の「遊んでください!」に応えてくれた、えびちゃんとデート。うしし。
 ギアナ高地に行ってみたいと前々から言っているえびちゃんを誘って出かけたのは、ベネズエラ料理(そんなのあるのか?)ではなくして、ペルー料理。同じ南米でなんとなく似てるだろうし(似てるのか?)、マチュピチュやアスカの地上絵には、えびちゃんも俺も関心大ってことで、南米料理なのだ。

Peru01_2

 川崎にある、「Inti Raimi」というお店へ行ってきた。川崎駅の西口から、徒歩5分くらいかな。大通り沿いにあるし看板も出てるから、すぐに見つけられた。(川崎駅の西口へは、俺は初めて降りたかも。えびちゃんは学生時代に、西口から出るバスをしばしば利用したのだとか。・・・昔はこんな感じじゃなかったよぉ〜と、遠い?思い出に耽るえびちゃん。)

 お店は大衆食堂のような雰囲気で、(たぶんペルー人の)おばさんが持ってきたメニューも大衆食堂風に雑多で、料理の写真も色褪せていた。
 えっとぉ〜、(代表的な)ペルー料理はどれですか?・・・というつもりで俺は聞いたのだけれど、おばさんには「全部ペルー料理です」と返された。ふがっ・・・。一応、事前に評判の料理は調べていたので、それらをいくつかピックアップし、それとおばさんが、これとこれもおいしいですよとアドバイスしてくれたものを参考にして、注文完了。

Peru03_2

 まずは、「アンティクーチョ Anticucho」という、牛ハツの串焼きをいただく。ボリュームあるね。ペルーでは屋台で売られている、ポピュラーなファストフード?だとか。

Peru02 おっと、おばさん、俺らのビール忘れてるよ、ビール。(ところで、ペルーの公用語って何だっけ? スペイン語、でいいの?・・・後で調べたんだけれど、インカ帝国の言語、ケチュア語というのも公用語の一つらしい。「Inti Raimi」とはケチュア語で、「太陽の祭典」のことだとか。)
 ビールは、ペルーのビールで、乾杯!

Peru04  ところでえびちゃん、最近はどうしてるの?・・・ムニュムニュムニュって、なんだかはぐらかされてるうちに、次の料理が来たよ。こちらは、「パパ アラ ウアンカイナ Papa a la Huancaina」茹でじゃがいものピリ辛チーズソース。温かいものかと思ったら、冷たいものでした。オードブルってことだよね。ちょっとした辛みが、ビールに合うね。じゃがいもと言えば、ペルーが原産地だ。現地には、いろいろな品種があるらしい。

Peru05 さらに前菜風なもうひと品。「セビッチェ ミクスト Ceviche Mixto」魚介類のライム風味、さつまいも・じゃがいも・コーン添え。・・・ん? 薩摩芋って・・・。(サツマイモも原産は中米で、それから東南アジア〜中国へと渡って、唐芋として日本に伝来したものなのだとか。)
 コーンは、違う種類のものがいくつか入っていて、こういうものを主食にしているんだろうなぁ〜とか、勝手な想像をしてみる。魚介類は、タコに、イカに、この白身の魚は、え〜と、・・・何だろね。・・・→えびちゃんが、聞いてくれた。シイラだって。・・・シイラって、俺にはピンと来ませんが、えびちゃんは、あ〜はいはいって頷いてた。
 ライムと香草が、いい感じで味にアクセントを付けていて、おいしい料理だった。魚介類が美味しいってことで、俺はちょっぴり、チリのレストランを思い出したりしてたんだ。

 食が進んで、俺はビールからピスコにお酒をかえた。(ピスコは、マスカットの蒸留酒。言ってみればブランデーだから、度数高いよ。チリを旅したときの、お土産で買ってきた酒だ。)

Peru06 それでは、本日のメイン料理「タクタクとステーキのパン粉焼き TacuTacu con Asado de Res」をどうぞ。タクタクというのは「ペルー風の豆ご飯」なんだけれど、リゾットのようなおいしさの料理だった。それに、ステーキが付いているというボリュームだ。肉は、・・・羊だね、ということで二人の意見は一致。パン粉焼きかどうかも怪しいところだけれど、文句はありません。美味しかった。

Peru07 食後にはコーヒーと、それからデザートに、ペルーのおやつという「ピカロネス Picarones」カボチャとサツマイモのホットドーナツってのを注文した。これも、何というか南米の味?のする、美味しいおやつだった。温かく、ニッキのような風味のシロップがひと癖あり。
 ご馳走さまでした。

 ペルーへは、いつか本当に行ってみたいと思っている。えびちゃんもきっと、そうだよね。
 行ってみたいと思うところは、まだまだいっぱいあるんだなぁ〜・・・。インチキな夢も、見続けていればきっと叶う、だろうか・・・。
 食事につき合ってくれて、えびちゃん、ありがとう。ペルー料理、おいしかったね。この店、俺はたぶん、またいつか行ってみるよ。
 

 Peru08

 

 

ペルー料理レストラン「Inti Raimi」

川崎市幸区大宮町15 三巧ビル1F
電話 044-511-4225

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.06.01

ビールと映画。

「誰か遊んでください」に応えてくれたsatoちんと、六本木でデート。映画「砂時計」を見てきたよ。
 たぶんそろそろ公開の終わる映画だろうし、実は評判もパッとしていないところもあるし、小さな映画館でやるし人も来ないんだろうなと思っていたら、さすがに映画の日ってことで、11:00からの初回は既にチケットを求める人の列ができていて、僕らは並んで、次の上映回のチケットを取ることしかできなかった。ちと計画が狂ったな・・・。ま、いいや、映画見てからお昼と思っていたけれど、先に食べに行きましょう。
 で、お目当てのお店を探して歩いて、行ってみたけれどなんと日曜日はお休みだった。(ぐはっ。それくらい調べてこいよって感じ。satoちん、ごめんなさい。)なので、「ヒルズでビア・フェスタってのやってるよ」というsatoちん情報により、そちらへ方向転換。(途中、satoちんの希望により、ハイアットに忍び込んだりしてみました。ひえ〜、ドキドキしたよ。セレブなトイレも拝借したのでありました。一生縁がないかもなぁ〜とか、思いながら。)
200861
 さてさて、やってましたね、「ビアフェス2008」。昼から屋外で生ビール飲んだけれど、休日だし、青空だし、こういうのもありだよね。イベントのバンドがうるさくなってきた頃に、僕らは退散。再び、映画館へ。

「砂時計」観てきました。思っていたより、ちょっと重たい、映画だった。そういう点が、口コミでのマイナスポイントなんだろなと、納得した。ただやっぱり、島根でのシーンは、美しくもあり、どこか懐かしくもあって、良かったなぁ。(そうそう、徳島の映画「眉山」を思い出したりもしたよ。)そして何より、夏穂がいいね。satoちんは相手役の男の子がお気に入りのようだったけれど、うん、俺にも好印象だった。若い役者さんが輝いてるのは、良かったね。(でも、一番のシーンは、おばぁちゃん役の藤村志保のあるシーンで、そこは泣けた。)
 ちょっと恋愛の勉強をしましたねと話してから、satoちんと別れた。今日はつき合ってくれて、どうもありがとう。プロポーズの言葉なんかも勉強しちゃったけれど、いつかはsatoちんにも、あんな言葉を言ってもらえる(言える?)時が来ますように!

 Sunadokei

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »