« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008.02.26

クロッカス。

 毎日、嵐のように風が吹くね。春はまだ、先か・・・。
Crocus2008  と思っていたら、気が付くと庭のクロッカスが咲いていたとか。そうそう、去年植えた球根だ。今年も忘れずに咲いてくれた。

 関係ないけれど、ルーちゃん3ヶ月になりました。
 すくすく育ってます。
 
 2008226

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.02.21

ポラロイド・カメラ。

 ポラロイド社が、「インスタントフィルムの生産を2008年夏までに終了する」と発表した。(2月21日付、ポラロイドから大切なお知らせ
 インスタントカメラの代名詞と言えば「ポラロイド」だよね。その、ポラロイドカメラがなくなるんだ・・・。ポラロイドカメラで思い出すのは、モンゴルを旅した時のこと。モンゴルの人(遊牧民)は皆、写真が大好きで、ゲル(遊牧民の移動性住居)の中にはペタペタとたくさんの写真が貼ってあったりした。そしてその多くは、外国人旅行者が残していったポラロイド写真だった。(雑誌の切り抜きや、古いフイルム写真なんかもあったかもしれないけれど。)モンゴルの大草原にいては、ちょっとフィルムを現像してくるなんてことはできないし、観光客が自分の写真を撮ってくれても送ってもらえることは稀だとわかっているから、遊牧民は旅行者のポラロイド写真を歓迎した。つまりはその場で貰えるから。一緒に旅をした人の中でも、ポラロイドカメラを持っていた人は大人気だった。自分も、今度モンゴルを旅する時にはポラロイドカメラを持って行こうって、思っていた・・・。
 ポラロイドがインスタントフィルムから撤退するのは、カメラのデジタル化が急速に進んでフィルムの需要が減少したことが最たる要因だろう。・・・そこで思い出したのは、ニコンがフィルムカメラ部門を大幅に縮小するとした2006年のニュースだった。自分はニコンのフィルムカメラF80を山でなくしてしまっていて(!)、やっぱりもう一度手に入れたいな・・・と思った時には、製産は既に中止されていたというわけだった。(もっとも、デジカメに買い換えるために家にあるフィルムカメラを手放す人も多いらしく、オークションなどの中古市場ではわりと出回ってはいるらしいけど。)
 幸か不幸か自分は、ポラロイドカメラは持っていない。いずれ使えなくなってしまうであろうそれは、歴史の遺物となるのか、あるいは希少なお宝となるのか・・・。でも考えてみたら、その場で現像した写真を手にできるカメラって、やっぱり貴重だったかも。だって、デジカメやプリンターがどんなに進化しても、移動先の屋外では、写真へプリントアウトは出来ないもの・・・。

 と思っていたら、ポラロイドから、インクをまったく必要としない「デジタルインスタントプリンター/カメラ」が、発売されることになるのだとか! これはなかなか凄いかも。米ポラロイド社の創業者で、インスタントカメラを発明した故エドウィン・H・ランド博士は、「将来は、デジタル化も視野に入れたインスタントカメラを開発したい」と語っていたのだとか。新製品は、今までのポラロイドカメラと違ってカメラと現像機器が一体化しているものではないようだけれど、デジカメと一緒に、携帯できるプリンターが開発されたということのようだ。しかも、インクなし!・・・。って、その秘密は、どんな紙にもプリントできるのではなく、つまりは印画紙に仕掛けがあるそうだ。そこは、これまでのポラロイド写真と同じ。てことは、印画紙の値段がけっこう高くなるのかな。
 でも、モンゴルへ旅行する時には便利そう! 2008年中には発売になるとか。ちょっと手に取ってみるかも、かも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.02.18

ひな人形。

 

シャインさんのブログに雛人形が登場したので、うちで先日買ったものもお披露目です。
March3  こちらもやはり、掌に乗るくらい小さな物で、百貨店で買ったお手頃価格の物です。
 孫が生まれて、どちらの家からも「雛人形買ってやるぞ」との申し入れがあったものの、どちらも断って、とりあえず今年はまだ小さい物で済ませておこうと・・・。人形の価値がわかるようになったら、そしたら改めて祖父ちゃん祖母ちゃんに買って貰おうか。(え、自分で買ってやれって?)

 追記
 えびちゃんとこの雛人形もかわいいよぉ〜。なんと、ミニ段飾り!

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2008.02.17

東京マラソン。

 友達が出場していたので、東京マラソンのTV中継を観戦しながら、ダラダラとした一日を過ごした。世の中便利になったもので、出場選手のゼッケン(もしくは姓名)をパソコンに打ち込めば、その選手の5kmごとの通過タイムなどが、サクサクと表示される仕組みになっているのだ。凄いね、これ。
 ・・・というわけで、走っている選手達には申し訳ないけれど、コタツに入りながら声援を送らせていただきました。(ゴディーちゃん、目標の4時間半は切れなかったようだけれど、お疲れさまでした。ラップタイムが後半、ガクンと落ちたのがわかりました。でも、頑張ったね。)
 ところで、これは日テレの策略にはまったのか、マラソンってなんだか(人生の縮図のようで?)悲喜こもごもありながらも、完走できればやっぱり凄く達成感があるんだろうなぁ・・・って思えてきたよ。足の骨折以来、走るのを止めてしまった自分だけれど、走るのって(辛いだろうけれど)楽しいかも?!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.02.11

祝日。

 気持ちのいい天気でした。(少し風はあったけどね。)
 また、花を買いに。Anemone

  アネモネ。ちょっと、鮮やか過ぎる(派手な?)花だよね。カエはこういうのが好きなんだって。ポピーにしようかなと、迷っていた。
 ところでポピーを毒々しいと感じてしまうのは、ケシの花を連想するから。ポピーはケシ科だけど、アネモネはキンポウゲ科。もちろんどちらも、毒はありません。
(アネモネ、と聞くと俺は、村上龍の傑作『コインロッカー・ベイビーズ』を思い出して、若い頃のほろ苦い記憶も、思い浮かんでくるんだな・・・。)

Kumomagusa01Kumomagusa02  それから、雲間草。俺はこういう楚々とした花が好き。
 ところで花屋に並んでいるこれらの雲間草は、実は北欧原産のセイヨウクモマグサであって、日本の高山に咲く雲間草とは違う花だとか。
(どちらも、同じキンポウゲ科だけれどね。)

 三連休は、ほとんど家でゴロゴロして過ごしたよ。ちょっと遠出をしたいという気持ちがある一方で、やっぱり家でのんびり過ごすのも、今は幸せだぁ。
 市内で評判のケーキ屋さん(Cake Factry Whip)に行ってみた。ケーキも美味しかったけれど、カリカリシューのシュークリームが、うまい!
Choucreme

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.02.10

休日。

Musukari 久しぶりに、花を買ってきたよ。・・・ムスカリ。青いのもあるらしいけれど、この、白いのが可愛かったので、つい買ってしまった。冬の花壇は殺風景で、ちょっと華やかにしたかったし。寒さにも強いんだって。ただ、とりあえずは鉢に植えておこう。雪降ったしね。まだ寒い日は続くのかな・・・。

 ところで今日は、ルーと多摩川の土手に出て、凧揚げをしたよ。凧は、学校で作ったグニャグニャ凧。(一応、図工担当なので見本として作ったの。凧になんて書いてあるのかは、子ども達にはわからなかっただろうけれど、さすがにバカ親丸出しだ。)
Kite 風が強くて凧はよく揚がった。けれど、寒くてあんまり外に出ていられなかったんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.09

 雪

 太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。

 次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪ふりつむ。


               三好達治

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.02.05

Across the Universe

 米航空宇宙局(NASA)は午後7時(日本時間5日午前9時)、北極星に向けてビートルズの曲「アクロス・ザ・ユニバース」を無線で発信する。 ワシントン(AP)

 これは、NASAの遠距離宇宙通信網の誕生から45年、NASA設立から 50年、そして「アクロス・ザ・ユニバース」の発売から40年を記念して行われる試みだとか。(北極星が選ばれたのは、やっぱり、位置を変えないからということかな。ちなみに、デジタル送信される信号が北極星に届くのは、431年後だとか。さらについでに、信号を曲に戻すのには、デジタル信号を音楽に変換する受信機と、もちろん受信用アンテナとが必要とか。)
 まぁ、夢のある話、ということで。

 Limitless undying love which shines around me like a million suns
 It calls me on and on across the universe

 Nothing's gonna change my world.

 この曲を書いた時にジョン・レノンは、どんな宇宙にいて、どんな世界を見ていたのだろうか。(NASAからこのニュースを受けたポール・マッカートニーは、「宇宙人によろしく!」と語ったそうだけれど、よろしく、と挨拶するには、ジョンの我というかエゴというか、強靱なアイデンティティが歌われている詞だよねぇ・・・。)

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.02.03

雪の節分。

 節分の日というのは、冬と春の季節の分かれ目という意味で、だからこの日を過ぎれば春なんだよ。・・・と、つい先日学校で子ども達に話をしたばかりなのに、本当に明日から春は来るの?と思いたくなる勢いで、東京は雪に見舞われた。雪の節分。
 青梅マラソンは中止になった。東京競馬場のレースも延期。大國玉神社の豆まきでも見に行こうかと思っていたのだけれど、雪道が怖いので諦めた。(雪の中でも、豆まきは行われたのかなぁ・・・。)松本へ出かけた人達は、雪の中を無事に帰ってこられたろうか。(中央道は、一時通行止めになっていたし。)東京では53人が怪我をし、大怪我の人もいるとか。
 東京は、雪に弱いよね。ついこの間、やっぱり雪が降らないと・・・なんて言っておいて、今日は、たくさん降り過ぎるのもなぁ〜なんて思うのは、まったくもって自己中心的だ。小さいなぁ〜、自分。
 さて、明日は立春。・・・春が、はじまるよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »