« 北東北の旅。 | トップページ | 邂逅の森 »

2007.05.13

新緑の、御岳・大岳山。

 新緑を浴びに、というつもりではなかったんだけれど、御岳山へ登りに行ったらあまりに新緑が気持ち良くて、すっかり心が癒されちゃったよ。
 Mitake12 Mitake13 Oodake02 Mitake14_1
 気持ちのいい、季節だねぇ〜。

 出会った花達。
 Mitake03 Mitake09 Mitake11 Mitake18 Mitake23
 Oodake01 Oodake03_1

|

« 北東北の旅。 | トップページ | 邂逅の森 »

山登り・山歩き」カテゴリの記事

コメント

あー、新緑浴させてもらった。
やっぱ緑はカラダとココロにいいね。

岩の写真は御岳のロックガーデンのあたり?
もう何年も行ってないなぁ。
奥多摩の渓谷は綺麗だった?
あー、行きたくなってきた。

投稿: えび | 2007.05.15 12:19

一日違いでしたが、それぞれこの新緑には癒されましたね。
今度は御岳山にぜひとも・・・

投稿: シャイン | 2007.05.15 12:41

>えびっち。
ども! そうそう、岩の所は、ロックガーデンです。初めて行ったけど、あまり人も来なくて、静かで涼しくて良い所でした。七代の滝も綾広の滝も、なかなか渋くて良かったです。ただ、はじめどんどん下っちゃうんで、ぐはぁ〜って思ったりしたよ。
新緑見頃です! 

>シャインさん。
一日違いだったんですねぇ。シャインさんも、わりとあちこちお出かけなんですね。
ぜひぜひ、花巡りの山登り、一緒に行きましょう!

投稿: 山ヤ | 2007.05.15 21:18

陽光に透ける緑 気持ち良いですよね

土曜に浅間尾根経由で鷹ノ巣へ登ってきました
登りはじめは鮮やかだった緑の葉が
高度をかせぐにつれショボクなり
山頂近くでは葉さえもなくなりました

山も新緑のグラデーションですね

投稿: RUI | 2007.05.15 22:11

はぁ~ 
めんたまや体や息までも緑に染まるくらい
森林浴(新緑浴)したぁい~

御岳・大岳山はどんなコースでいったん?

投稿: ロビン | 2007.05.16 12:50

>RUIさん。
こんばんは。鷹ノ巣山へ行かれたんですか。なかなか渋いですね。
そう言えば、大岳の山頂付近も、まだ緑は濃くなかったような・・・。でも本当に、これからが新緑本番ですね。

>ロビンさん。
ども! 新緑の中に体を置くと、若返るような気分になりますね。
コースは、ケーブルを使って登って、まず、七代の滝を目指してどんどん下っていきました。それからロックガーデンを経由して、大岳を登り、山頂でお昼を食べた後、花を探して少し馬頭刈尾根へと歩いたんですが、探していた花(イワウチワ)は見あたらず、引き返して、帰りは奥の院経由で、またケーブル駅に戻りました。奥の院辺りも、わりと花多かったですよ。

投稿: 山ヤ | 2007.05.17 01:45

新緑と花と、この季節は気持ちよく歩けますね。
同じようなコースを以前歩きましたが、滝からロックガーデンのほうは人も少なかったような気がします。
久しぶりに行ってみたくなりました。
ところで、先日ご紹介されていた「邂逅の森」、早速読んでみましたがとても良かったです。
マタギという存在は知っていましたが、名前以上のことはまったく知りませんでした。
ワクワクすると同時に、うまく言えませんが心に響くものを感じました。


投稿: 副長 | 2007.05.18 06:42

>副長さん。
こんばんは。御岳のロックガーデンは、静かで良い所ですね。夏の暑い時には、一日のんびり過ごしてみたいとも思いました。
ところで、「邂逅の森」お読みになりましたか。せっかくなので自分の感想文もUPしてみました。
http://yamaya.cocolog-nifty.com/won/2007/05/post_0a8f.html
この本は、マッキンリーに一緒に登った、穂高岳山荘支配人、宮田八郎さんに薦められた本なんですよ。

投稿: 山ヤ | 2007.05.18 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29037/15067541

この記事へのトラックバック一覧です: 新緑の、御岳・大岳山。:

» ふれあいの道 [ぽっかぽか山へ]
      [画像] 昨日、日の出山へ。今回は武蔵五日市駅〜上養沢、関東ふれあいの道を経 三ツ沢へ下り、麓の「生涯青春の湯」つるつる温泉に浸かって帰って来た   [画像] [画像] [画像] 以前バスで隣り合わせた方から、ここから登るルートは土日も静かで、 清流のせせらぎを聞きながら花と新緑がそれは素晴らしいと伺ってた。 前回三ツ沢へ下る途中、思わず息を呑んだあの景色にも会いたくて・・・  [画像] [画像] [画像]      チゴユリ                   キジムシロ  [... [続きを読む]

受信: 2007.05.15 12:31

« 北東北の旅。 | トップページ | 邂逅の森 »