« 小さな秋。 | トップページ | ピカソとモディリアーニの時代 »

2006.10.21

シュガー&スパイス、涙そうそう

Sugarandspice

Nadasousou

 まさに今が旬と言うべき「若い」女優さんの主演作を二つ、見てきたよ。
 一つ目は、主人公(柳楽優弥)の恋の相手役となる女子大生を、沢尻エリカが演じた、「シュガー&スパイス」。山田詠美の原作ということでも興味があった。基本的に話は少年の成長譚で、沢尻エリカの演技がどうのこうのということもなく、重きを置かれてもいなかったと思うんだけれど、とにかく少年の、柳楽くんの、少年っぽさと言いますか、垢抜けないところ、もっと悪く言うとやっぱり下手な演技が、かえって良かったのか悪かったのか、不思議な印象の映画なのでした。一つ思ったのは、沢尻エリカの良さはこういう、どこかに潜んだ悪女っぽさでもあるのかなということだった。いずれ、ソフィー・マルソーみたいな女優に化けるのかな。(・・・と、フランス繋がりで考えてみました。)中江功監督作品。
 二つ目は、名曲「涙そうそう」をモチーフとして、それを血の繋がりのない二人の兄妹の物語として描いた「涙そうそう」(「いま、会いにゆきます」の土井裕泰監督作品)。もちろん、妹役が長澤まさみで、兄役には妻夫木聡。こちらは、最初から話の展開が手に取るように見えていて、あるいはコテコテの無理矢理な設定なんかもあって、う〜むなんじゃこりゃと思わせながらも、これまた不思議に、てかまんまと、最後には大泣きさせられていたのでありました。こちらの方が、人と人との微妙な感情の綾みたいなものが描かれていたようで、(いやもう一歩のところで描き切れていなかったような?・・・。)途中からの予想をいい意味で裏切られてわりと充分に楽しめたのでした。
 二つの映画に共通していたことがあって、それは、道を見失いそうになった若者に力強く、あるいは優しく、声をかけてくれる老人(お婆さん)がいるってことだった。「シュガー&スパイス」ではグラン・マ役として夏木マリが、「涙そうそう」ではおばぁ役としておなじみの平良とみが、ともにいい味を出していたよ。(個人的には、優しい「おばぁ」の方が好きなタイプだな。)
 青春とは、時に辛い時季ではあるけれど、前を向いて歩いていこうよ・・・なんちって。と、言いたくなった時の2本立て、として見るには、価値あり、かな。

|

« 小さな秋。 | トップページ | ピカソとモディリアーニの時代 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29037/61785173

この記事へのトラックバック一覧です: シュガー&スパイス、涙そうそう:

« 小さな秋。 | トップページ | ピカソとモディリアーニの時代 »