« 裏岩手連峰縦走。 | トップページ | おかえりなさい。 »

2006.07.21

報告。

 この間のマッキンリー山行で僕らの設置した観測機器が、順調にデータを送ってきているよと、大蔵隊長からメールをいただいた。
 マッキンリーの、標高5610mほどの場所にあるウェザーステーションから送られてくる観測データは、以下のURLより、世界中のどこからでも誰でも随時見られます。
 http://www.iarc.uaf.edu/mt_mckinley/index.php
 この写真には、超音波風速計(Ultrasonic anemometer)てのが写っているけれど、こいつは風速と同時に風向も計測するやつなので、取り付ける時に方位磁針とにらめっこしながら固定したんだな。一応、隊長には、磁極偏差とかは考慮してあるんですか?って確認したんだけれど、そのままでいいぞってことだったから、磁石を見ながら、「この位置で決めちゃって下さい。」って指示したのは俺なんだ。今思うと、けっこう適当では済まされない、重要な役目だったかも。かも・・・。まぁ、真逆に取り付けちゃったってことはないとは思うけれど、グルングルンと変化する風向だし、世界中の皆さん、あんまり風向データは気にしないでね。

 ていうか、マッキンリー山頂付近の風速風向なんて、気にしている人はどれほどいるのかな・・・。って、それを言っちゃぁおしまいよ。
 「でも、大蔵さんってそもそもどうして、あんなところの風速を測るようになったの?」・・・って、カエちゃんからも、そんなことを訊かれちゃったっけ。
 ヒント・・・ジャパンタイムズの記事

 何年も続けて、データをとることが大切なんだって。誰もそんなことをしていないから、いつかきっと、役立つ情報となる時がある、と思う。・・・そう信じてるんだと、思うよ。

|

« 裏岩手連峰縦走。 | トップページ | おかえりなさい。 »

山登り・山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29037/11043370

この記事へのトラックバック一覧です: 報告。:

« 裏岩手連峰縦走。 | トップページ | おかえりなさい。 »