« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006.07.30

鳳凰の花。

 土日はまた、小屋のバイトをしてきたよ。て言うか、小屋の親爺さんにマッキンリーのお土産を渡すために登ったんだけれど、・・・・「29,30の土日においでよ。」と言われた意味が、よくわかりました。
 土曜日はまだ梅雨明けしてはいなかったものの、秒読み段階ということで、小屋は予約でいっぱいだったのだ。(それでも、来るはずだったグループのお客さんが現れなかったり、雨が続いた先週までは予約のキャンセルが相次いだということだから、小屋の営業もたいへんだなぁと思う。・・・)結局、120名くらいのお客さんだったのかな、夕食は三回戦となったよ。7月から入っているバイトは女の子一人きりなので、スタッフもてんてこ舞いだった。
 日曜日、夜中に降っていた雨も日が昇る頃には上がって、青空が広がった。俺は稜線へ登ることもせずに下ってしまうのだけれど、考えてみたら、夏の鳳凰は久しぶりかもしれない。ただ今、鳳凰は花盛りなのだった。

  Hououhana01  Hououhana02  Hououhana03  Hououhana04

 一番左の花が、タカネビランジ。小屋の周りに咲いています。
 もっと、花のことを調べたい人は、鳳凰小屋の花図鑑へ、レッツゴー!

 さてさて、関東地方もやっと梅雨が明けたねぇ。今度の週末も、小屋は混むのかなぁ。
 この土日に、鳳凰小屋に泊まってくださった方はいらっしゃいますか? 小屋は狭いし混雑するし、不愉快なこといっぱいあったんじゃないかなぁ・・・と、少々、心配です。・・・でも、山は楽しんでもらえたのかなぁ・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.07.26

ハチミツとクローバー

Hachikuro

 スピッツの主題歌と、何人かの若手俳優(女優)さんに惹かれて、見に行ってみる。原作コミックが売れていることも、深夜ではアニメ放映中ということも、知らなかった。ただちょっと、胸のキュンとするような思いが、したかったのかも。・・・・
 高田雅博監督作品。監督は、これまでCMやPVを数多く手掛けてきたクリエーターということらしい。(なるほど映像は丁寧で綺麗。ただ悪く言えば、短い作品を上手につなぎ合わせた印象もあったかな。)原作本に思い入れのある人は、映画をどんなふうに見たのかな。
 純粋で真っ直ぐな心が痛いほどの竹本やはぐみ、片想いが諦めきれない真山に山田、そして天才森田。個性的な登場人物それぞれ皆、輝いているように俺には見えた。なのでわりと、映画は楽しめました。今さら、海に向かって「青春万歳!」とは叫べないかもしれないけれど、ひたむきに自転車をこいでいる青年に、「おう、自分探しの旅か?」って、からかいながらもペットボトルの水を差し出すくらいはしたいなぁって思ったな。いやいや、まだまだ自分で自転車をこいで海に行きたいのかもしれないなぁ・・・・なんてことを、思って見てたのかな・・・。
 青春という言葉の嫌いな人には、お薦めできません。
 仲のいい女の子の友達二人と一緒に、行ってみて。片想い中の人にもお薦め。昔の片想いの思い出を懐かしく振り返られる人にも、お薦めです。

 ところで、映画の終わりの方の、そのペットボトルのシーン。(自転車で旅する竹本くんを励ます宮大工を、中村師童が演じていた。)あれは、原作の漫画ではどう描かれているのかなぁと、ふと思った。つまりは、竹本くんの自転車の旅、自分探しの旅の行く末が気になって、その結末がわかるという「ハチミツとクローバー」第7巻を、買ってきて読んだんだ。
 7巻だけ読むってのは、たぶん反則なんだろうけれど、この7巻を読んでみれば、やっぱり漫画の方がずっと面白いってのがわかったよ。漫画ハチクロの読者世代が、ゴダイゴのガンダーラなんて歌を知らなくたって、面白いものは面白いのだ。以下、ネタバレありだけれど、その7巻の感想。

続きを読む "ハチミツとクローバー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.23

牛の日。

 日曜日の今日は、安藤塾長と久しぶりにお会いして、錦糸町のクライミング・ジム「Tウォール」にて直々にクライミングのご指導をいただいてきた。んが、予想通りTウォールは早い時間から激混みで、「こんなの練習する環境じゃぁないですねぇ」ということで意見は一致し、トレーニングはそうそうに打ち切ることに。・・・ていうか、今回塾長とお会いしたのは、ずいぶん長い間懸案事項となっていた「壁とビールと牛(とあなた)」企画を実現させるためであって、まぁ本題は「壁」よりも、「ビールと牛」の方にあるのであった。
 てなわけで、今日は土用の丑の日ではあるけれど、僕らにとっては「牛」の日。で、そういうことならと、「壁」はパスしたけれども「ビールと牛」には参加の、えびっちとカバさんも加わって、四人で、錦糸町の「牛角」で焼き肉を堪能してきたのでした。
 「牛角」で飲み足りなかった僕らは二軒目に移動し、そこで、えびちゃんのリハビリ山行計画を練り、(しかし酔っていたので、概ね忘れました。)とりあえず丑の日だからということで(ささやかながらの)鰻串も食べた、その記念に、パチリ。
Unaえびちゃん、体がはやく良くなりますように。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2006.07.22

おかえりなさい。

 約半年にも及ぶ東南アジア一人旅から、こもねっこ、satokoちんが帰ってきた。satoちん、お帰りなさい!
 たくさんの素敵な経験をしてきたようで、また一回り素敵な人になったみたいだ。とりあえず、はやく話が聞きたいと思っていたのだけれど、お互い?なかなか時間がとれなくて、土曜日のこの日、俺が養護学校の夏祭りに出かける予定があったので、そのお祭りに誘ってみた。
 お昼過ぎに、日野駅で待ち合わせ。・・・あ、いたいた。やっぱ、真っ黒だねぇ。もとい、小麦色で、夏娘って感じでいいよ。夏祭りでは、「地球冒険学校」の出店として、焼き鳥を焼くことになっていた。2時過ぎくらいから、ボチボチ準備をして、焼き始める。で、3時過ぎると、僕らの焼き鳥は大好評の行列ができてしまった。もう少しゆっくりお話しできるかと思ってたけれど、すっかり忙しくて手伝わせてしまってごめんなさい。これに懲りずに、また一緒に遊んで下さい。
 帰り際、satoちんから、バリのお土産をいくつか貰った。それはなんとなく、南の島への夢を爽やかに運んでくれるような小物だった。
 Omiyage

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.21

報告。

 この間のマッキンリー山行で僕らの設置した観測機器が、順調にデータを送ってきているよと、大蔵隊長からメールをいただいた。
 マッキンリーの、標高5610mほどの場所にあるウェザーステーションから送られてくる観測データは、以下のURLより、世界中のどこからでも誰でも随時見られます。
 http://www.iarc.uaf.edu/mt_mckinley/index.php
 この写真には、超音波風速計(Ultrasonic anemometer)てのが写っているけれど、こいつは風速と同時に風向も計測するやつなので、取り付ける時に方位磁針とにらめっこしながら固定したんだな。一応、隊長には、磁極偏差とかは考慮してあるんですか?って確認したんだけれど、そのままでいいぞってことだったから、磁石を見ながら、「この位置で決めちゃって下さい。」って指示したのは俺なんだ。今思うと、けっこう適当では済まされない、重要な役目だったかも。かも・・・。まぁ、真逆に取り付けちゃったってことはないとは思うけれど、グルングルンと変化する風向だし、世界中の皆さん、あんまり風向データは気にしないでね。

 ていうか、マッキンリー山頂付近の風速風向なんて、気にしている人はどれほどいるのかな・・・。って、それを言っちゃぁおしまいよ。
 「でも、大蔵さんってそもそもどうして、あんなところの風速を測るようになったの?」・・・って、カエちゃんからも、そんなことを訊かれちゃったっけ。
 ヒント・・・ジャパンタイムズの記事

 何年も続けて、データをとることが大切なんだって。誰もそんなことをしていないから、いつかきっと、役立つ情報となる時がある、と思う。・・・そう信じてるんだと、思うよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.17

裏岩手連峰縦走。

 さて今日は、福島あたりまで下って猪苗代の湖畔でキャンプでも張り、磐梯山へでも登りに行こうかと考えていた。のだけれど、梅雨前線が南下しており、どうも岩手にとどまっていた方が天気は良さそうだ。・・・てなわけで、急遽、朝から八幡平を歩くことにする。
 八幡平と言っても、アスピーテラインを車でドライブするのではなく、今回は、松川温泉から藤七温泉へ抜ける、いわゆる裏岩手連峰縦走コースの一部を歩いてみよう。
Uraiwate04Uraiwate03 9時前出発。・・・はじめの間は、ボチボチまともに歩けたんだよ。ブナ林の中の木道を歩いたり、ジョン・ミューア・トレイルを思い出させるような?橋を渡ったりと、天気はイマイチだったけれど快適だった。源太ガ岳、大深岳にはあえて登らず、お花畑を経由する巻き道ルートをとる。
Uraiwate06 ・・・足元はぬかるんでいるけれど、なるほど、お花畑かぁ。普段は花には興味のない俺らだけれど(ん?俺だけか?)、最近、ロビンさんや木曽駒さんの影響で、山に出かけて、これは何ていう名前の花かなぁ〜・・・なんて、思ったりするのでありました。(「私は、図鑑くらいは買って、少しは勉強しました・・・。」カエ。「・・・でも、覚えられずに諦めちゃったんでしょ。」俺。)
 こんな花に、出逢いました。

 Hana02_1 Hana05 Hana06 Hana07 Hana08 Hana15 Hana16

 ところで、このお花畑を抜ける辺りから、熊笹がまったく道を(てか視界を)ふさぐようになった。まさに、激ヤブ漕ぎなのである。ぐはぁ〜、と思って懸命に歩くと、しばらくして大深山荘(避難小屋)に辿り着く。いつも思うのだけれど、避難小屋はどこももの凄く、立派なのである。ちょっと休憩して、まだ行程の三分の一くらいしか来ていないと思って、出発する。
 ここから先は、(つまり、大深山荘から嶮岨森〜諸桧岳あたりかな。)足元グチョグチョに加えて、両脇から灌木が迫ってくるヤブ漕ぎ状態の悪路で、せめてもう少し展望でも良かったらなぁ・・・と思いながら、泣く泣く歩いていた気がする。しかし、そんな時間もいつの間にか過ぎ、畚岳(もっこだけ)を左に見て歩けば、藤七温泉へと続く樹海ラインにぴょこんと出た。そこから、八幡平・見返峠のバス停まで歩くと、だいたい午後3時前であった。
 ちょうど、3時15分発のバスがあって、それに乗ることができた。いやぁ〜、疲れたよ。・・・でもやっぱり、面白かったかも。

Uraiwate09

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.07.16

姫神山。それから・・・

 日曜日は、姫神山へ登りに行って来ました。標高は千メートルちょっとで、ハイキングにちょうどいい山だよ。
Himekami04 一本杉登山口から、登山開始。しばらく登ると、杉林の中に、樹齢二百数十年といわれる杉の古木が現れる。(そこには水場もあるのだけれど、「飲めません」という表示が。・・・・。沸かして飲め、てこと。登山客が多くなって、水源が汚染されてきているのかなぁ。)
Himekami07 道は、岩手の山にしては楽? 階段状に、整備されている部分も多いし。・・・てか、階段が苦手な人は、ダメか。山頂近くになると、岩のゴロゴロした場所になるけれど、そこを過ぎればすぐに山頂だった。
Himekami12 今日はガスっていて、残念ながら展望はありません。本当なら、素晴らしい眺望ということなのだけれど。・・・晴れた日に、また登りに来よう。・・・てなわけで、山頂でコーヒーを沸かして飲んだ後、俺らはサッサと下山。あ、そうそう、こんな花が咲いてました。

Himekami14 Himekami15 Himekami16 Himekami17

 さて、予定通り昼前に下山してきたので、もう少し足を伸ばしてドライブを続けよう。
 ワインで有名な葛巻方面に、おいしい蕎麦屋があるというので行ってみることに。途中、道の駅「石神の丘」ってところに野外彫刻美術館があって、そこで花盛りのラベンダーを見る。ついでに、ブルーベリー入りのカレーを食う。(蕎麦の前に、カレーかよっ! ・・・だって、お腹すいたんだもん。)

 蕎麦屋の名前は、「森のそば屋」。ね、名前だけ聞いて、行ってみたくなるでしょ。そのお話は、こちらへ・・・。

Hiraniwakogen 午後までドライブは続けて、国内最大級30万本の白樺林があるという平庭高原まで行ったのだけれど、雨が降って来ちゃってゆっくりできなかったし、イマイチどこをどう散策していいのかわからなかったなぁ。・・・・。(コンパクトにまとまっているという点で、俺は安比高原のブナ林の方がお薦め。)

 ま、そういう一日だった。楽しかったよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森の蕎麦屋

 お目当ての蕎麦屋は、葛巻町・江刈川という所にあって、その辺りは水車の里として町興しをしている地区のようだった。Morinosobaya02 お店は、お昼の時間からは少し遅いというものの、混んでいてすぐには席に着けなかった。店の裏に回って水車を見たり(実際に稼働中。)、2階でおばあちゃん達が蕎麦を打っているのを見学したりしてると、呼ばれる。座敷の囲炉裏では魚を焼いていたので、焼き魚も注文したよ。・・・・で、蕎麦の味はと言いますと、・・・今までに食べた中で一番美味かった、と言うほどのものでは決してありません。ただ、あれ?なんだか食べたことがあるなぁ、て感じの優しい味のする、美味しい蕎麦でした。うん。また来たいね。ご馳走様でした。

Morinosobaya05 Morinosobaya04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.15

小岩井農場にて。

 連休初日の土曜日、俺らは東八幡平にある秘密基地へとやって来ていた。(去年の秋に、鳥の巣箱をかけに来て以来だから、久しぶり。)当初は、近場の低山を、サクサクと登りに出かけるつもりでいたんだけれど、天気悪いし、なにより寝坊したしなぁ・・・。
 というわけで、昼飯にジンギスカンを食べに、小岩井農場へ行くことに。車で出かけたのだけれど、ちょうど園内で、「第3回東北地ビール祭り」なるものをやってたよ。ぐはぁ〜。これだけ美味そうなビールを目の前にしながら、(車で来ちゃったから)試飲もできないなんて! 目に毒だから、ここからは離れておこっ。
 ジンギスカンの食べられるレストランは、団体さんが去っていった後って雰囲気だった。いい感じで時間を外したからね。都会でも流行っているらしいジンギスカン。久々に食べたよ。けっこう、お腹いっぱいになりました。
Koiwai200602 それから羊舎の方へ行って、可愛い羊たちとご対面。しかしよくよく考えると、俺らはこの子達を食べたってことなのか??? その後、ドッグ&シープ・ショーってのを見学。ここで、牧羊犬(ボーダー・コリー)の活躍ぶりを見せてもらった。羊も可愛いけれど、ボーダー・コリーってのは頭も良くて、メチャ可愛いねぇ。(えびっちが、モリーに萌え〜なの、頷けます。)んで、写真はないのかって?・・・・う〜ん、じゃ、こんなのはどう?
 ところで、小岩井農場の芝生広場では、「全日本フリスビードッグ公式シリーズ選手権」てのもやってたよ。ここでも、ボーダー・コリーが大活躍してた。(出場している犬のほとんどが、ボーダー・コリー。)なかなか面白そうな競技だったので、ボーダー・コリーを飼って、一緒に挑戦してみようかななんて気も・・・ほんの少し起きたのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.12

次なる目標。

 マッキンリー登山で知り合った伊藤くんは、渋谷のpatagoniaに勤めている。
 その伊藤くんから、職場で加藤則芳さんのスライドトークショーをするから、遊びに来てくださいとのメールが来た。実は伊藤くんも、数年前にジョン・ミューア・トレイルを踏破しているのだが、その時に偶然、トレイル上で加藤さんとばったり会い、以来、親しくお付き合いをさせて貰っているのだとか。この日の催しももちろん伊藤君の企画で、彼に言わせれば加藤さんは「師匠であり友人」なのだとか。
 さっそく、カエちゃんと二人で、渋谷のpatagoniaまで行って来たよ。
 「On the Trail」と題されたこの日の加藤さんのお話は、昨年、加藤さんが無事成し遂げた「アパラチアン・トレイル」踏破の報告会という形になった。とても楽しく、興味深いお話が聞けて、1時間半余りの時間が、あっと言う間に過ぎてしまった。加藤さんは、なんと明日からまた、ジョン・ミューア・トレイルを歩きに出かけていくと言うから、そのバイタリティーには驚きだ。
 そういうわけでお忙しそうでもあり、今日は少しだけしかお話はできなかったけれど、きっとまたいつか、加藤さんとゆっくりお話しできる時もあるんじゃないかなぁと思う。(伊藤くんのおかげ。感謝、感謝。)そしていつか、どこかのトレイルでお会いすることがあればなぁ・・・なんて思ったりしたのだった。

 加藤さんのお話を聞いて、アパラチアン・トレイルのことが頭から離れない・・・。決して高い山々を結んだルートではないのだけれど、アメリカの、歴史と生活を十二分に感じることのできる壮大な、3500kmにも及ぶトレイル・・・・。歩き通すのに、六ヶ月だって。・・・・。
 カエちゃん、六ヶ月、なんだけどさ、・・・・。(さすがに、もう少し仕事して、お金貯まってからなら、・・・言い出してもいい?)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006.07.10

宴の終わり。

 サッカーのお祭りが、終わったね。・・・・。日本代表の試合を、中継の映像で観戦することはできなかったけれど、僕らは遠く離れたアラスカの氷河の上にいて、日本から届く弱々しいラジオの電波に耳を傾けて、彼らの戦いぶりを知ったのだった。はぁ〜・・・・。
 帰国しても、W杯はまだ続いていた。特に準決勝の2試合(ドイツvsフランス、ポルトガルvsイタリア)や、3位決定戦(ドイツvsポルトガル)などは、これが世界のレベルなんだとハッとさせられるような素晴らしい試合だったと思う。
 そうした中で届いた、中田英寿選手の引退というニュース。・・・いろんな人がいろんなことを、ブログの世界でも語っていて、中には、「30で自分探しなんて」と、ずいぶん批判的なことを言っている人もいたっけなぁ。(そんな人はたぶん、今まできちんと上手に生きてこられた人か、まったく旅をしたことのない人なのかなぁ・・・なんて思ったり。)中田の引退は残念ではあるけれど、彼が決めたことなのだからって、俺はそう思う。
 と同時に、自分の同世代にはまだ、格好悪くなってもサッカーから離れないでいる「カズ」のいることを、誇りに思う。そんなカズの方が、やっぱり格好いいようにも思う。
 追記。12日。最新のFIFA世界ランキングによると、日本は18位から48位へと、順位を大幅に下げたそうだ。でも、それくらいが本当の日本の実力なんじゃないだろうか。その辺りから、やり直そうよ。
 2006年、サッカーワールドカップのあった年に、覚え書きとして、記す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.07

星に願いを・・・。

「三枚目の短冊には、どんな願いごとを書きますか?」

 今日は七夕。ラジオを聞きながら車を走らせていると、そんなことを話題にしていた。「・・・三枚目の短冊、かぁ・・・。」
 一つは真剣に自分の願いごとを、次は家族のこととかで、三枚目ってのは、「どうかスカッと晴れて、洗濯物が干せますように」とか、「なんとか、レポートの提出枚数をごまかせますように」とか、いわゆるウケ狙いってやつなのかな。

 また素敵な旅が出来て、素敵な人たちと出会えますように。
 世界が平和で、子供たちが安全で幸せに暮らせますように。
 ・・・・。(内緒。)

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.07.04

トマト。

Tomato01 久しぶりに帰った我が家の庭では、トマトが立派に生長していた。
 カエちゃんの話では、雨ばかりだったと言うことだから、実が赤くなるのはもう少し先なのかな。けど、楽しみ楽しみ。玄関先が青臭い香りプンプンだけれど、それがまた、味わい深くていいよね。
 ところでカエちゃん、向日葵はどこに行っちゃったの・・・・?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.02

ただいま!

帰りました。
心配してくれた皆さん、ありがとう。
カエちゃん、ありがとう。
そして楽しい旅を共に過ごせた登山隊の皆さん、(見ててくれてるかな?)本当に色々ありがとうございました。

Mckinley

山頂の動画です。(重いです。952kb)

| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »