« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006.03.31

ブログを作る意味を考えてみた。

 ニフティさんでココログのメンテナンスがあって、ユーザーの間では喧々囂々たる意見が飛び交っているみたい。それに合わせてというわけではないのだけれど、自分もブログの模様替えを、ほぼ一日がかりでやってみた。(たいした変更はないんだけれどね。)新年度だしってことで。
 ところで最近、自分がHPやブログをやってる意味って何だろうと、真剣に考えるようになっていた。ほんの数年前は、そうつまり自分がHPを作り始めた頃には、自分のしてきた冒険や山行のことを報告する場としてのHPの意味ってのが、確かにあったように思うんだ。・・・ところが今や、パソコンを持っている人の誰もが簡単にブログを作れ、通信環境も発達したので誰もが手軽にHPを持てるご時世だ。有り余る情報に溢れ、楽しく丁寧に作られたブログでいっぱいのWebの世界の中にあっては、自分の発信する情報なんて、クズみたいなものだ。・・・これからも自分がブログを発信し続けるとしたら、それはただ単に自己満足を形にして垂れ流しているだけではないだろうか。
 HPを作り始めた頃、自分には、会えなくなってしまった大切な人に向けて、今の自分はこんなふうに生きてますよって訴えたいんだ!というモチベーションみたいなものがあったと思う。あるいは(邪な考え方かもしれないけれど)、まだ会えないでいる、きっとどこかにいるであろう未来の大切な人(?)に向けて、自分の存在をアピールしていたのかもしれない。・・・・。でも今は、「すべての高い山に登れ」の愛読者?だったカエちゃんが隣にいる。じゃぁ俺は、俺のことをいったい誰に向けて伝えようとしているんだろう・・・。HPの掲示板に書き込みがなかったりすると、二人で「誰も書き込んでくれないね」などと話題にしてしまったり・・・。あれれ、何かおかしくないか? それでHPの掲示板は、先日廃止してしまった。
 このブログ、実は有料のコースで利用しているから、そろそろ潮時かなとも思っていた。HPの方も、ちっとも更新が進まないし。・・・ただ、そういう波って時々来るんだよね。もう辞めちゃおうかなって、考える時が。そんな時は、誰のためなのか、自分のためなのか、何かのためなのか、ちょっぴり立ち止まって頭を冷やそう。そうすればやっぱり結論は、継続は力なりってことなんだろうな。色々なことを投げ出してしまってきた自分だからこそ、ひしひしとそう思えるよ。
 楽しかったことも、山行も、共有できて、真っ先に報告できる人が今そばにいる。それなのにまだ、つまらないブログやHPをダラダラと俺が続けていくとしたらそれは2番目か3番目に大切な、あなたが、いてくれるからです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.03.28

室内壁へ。

 地球冒険学校で知り合った、カモシカスポーツの佐藤さん親子と、クライミング・ジムへ行って来た。いずれ、冒険学校の企画として子供たちを連れて来られないかということで、その下見であったわけなのだけれど、久しぶりの室内壁に、ちょっと自分も夢中になっちゃいましたとさ。
 行って来たのは、長後にある「J−WALL」というクライミング・ジム。ちょ、長後って・・・。都内の人には、ちょっと遠いかな。それに、料金も高めかも。・・・でも、すいてるし、子供たちを相手にしてくれるということで、印象は好かったな。スタッフのお姉さんが、子供たちに優しかったのだ。
 それにしても、子供はスルスルと登ってしまうねぇ〜。身体の軽いことが、すっごく羨ましく感じられたのでしたぁ。
  Jwall05 Jwall07

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.03.26

魁皇の勝ち越しって。

 大関の魁皇が、千秋楽の白鵬戦に勝って勝ち越しを決めた。場所中、負け越して大関を陥落したら、引退すると言っていた(言われていた? )だけに、これでとりあえず、来場所も大関を勤めることになるのだろうかと思った。・・・。
 でもなぁ。白鵬に負けて引導を渡されたのなら、あるいはそれが、一番いい引き際ではなかったのだろうか。もしかしたら、来場所に、ズルズルと負けて土俵を去る魁皇を見ることになるのだろうか・・・?
 魁皇は、一番好きなお相撲さんだった。腕力だけで、勝負に勝つような。でも、メチャクチャ気持ちは弱くて(?)、横綱獲りにはいつも失敗して・・・。(ジャイアンツの、原みたいな人だよねぇ。ここぞって時には、期待を裏切るような。それでも、応援せずにはいられなかった。)
 魁皇、来場所はどうするの? ファンの一人として、応援もしてるし、注目もしています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

感謝の一日。

 だったかな。・・・・。
 久しぶりに会った友人に、感謝。カエの大切な友人達とご家族に、感謝。それから、ルーデンス立川ウエディングビレッジのスタッフの皆様に、感謝。(本当に、色々と我が儘を聞いていただいてありがとうございました。)それからそれから、お花を用意してくださった第一園芸さんに、感謝。
 帰って、一人になって、これでよかったのかなと思ったり・・・。一つ言えることは、全てこれからだね、ってことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.19

秒読み。

 まずは、WBC、日本決勝進出おめでとう。強敵キューバが相手だけれど、臆することなく、これまで通りの野球で戦ってください。
 さて、今日はあたたかかったけれど、風が強かったね。家の裏の公園では、桜並木の桜のつぼみが、もうあと一息でほころびそう。(写真は、カエちゃんが携帯で撮ってきたものなので、なんだか微妙〜。)
 spring
 東京の開花予想は、22日だとか。来週の日曜日には、パッと咲いているといいなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.03.17

ベスト4だよ!

 WBCでの日本代表の試合を、この数日とても真剣に観戦した。昨日、韓国戦に負けてしまったのはとっても残念だったけれど、連日いい試合を見せてもらったように思う。・・・うん。だから、残念で悔しいよ。
 韓国にあって、日本に足りなかったものは何だったのだろう。イチローが、それはよくわからないって言っていたように思うけれど、何しろ、韓国は強かったぁって感じたな。日本チームに足りなかったのは、例えばハングリー精神だって言う人がいるかもしれない。確かに、ベスト4に進出すれば徴兵を免除されるかもしれないというのであれば、その韓国代表のモチベーションの高さは、日本代表の比じゃぁないよね。
 負けてあんなに悔しがるイチローを見たことがないという人がいる。他の選手も、もっと悔しがらなくちゃダメだとかね。あるいはもしかしたら、フモフモ編集長の言うように、「韓国になくて、日本にあったものが”驕り”だったということ」とも言えるのかもしれない。・・・。ただやっぱり、韓国の野球はそつがなく強かった。そう思う。
 WBCはおもしろかった。(あ、まだ終わっていないけれどね。)でも、野球って、国別で競い合って順位をつけることには向いていないんじゃないかなぁとも思ったかな。(と、負けて今さら言うなとの意見も多々あるけれど。)野球って、代打の切り札とか助っ人外国人とかの強烈なキャラクターの登場人物がいたり、そうしたヒーロー達の一挙手一投足を固唾を呑んで見守る瞬間とかがあったりしてこそ面白いと、俺は思うんだ。(だから、日本のプロ野球の応援はあんまり好きじゃぁない。そして、今回のWBCでスタジアム全体が「USA! USA!」の大合唱に包まれてしまった時は、なんだか異様にも感じられたんだけれど。)・・・あぁ俺はたぶん、野球を純粋なスポーツとして見ているんじゃぁないんだな。(実際、野球はオリンピック種目から外されちゃったしね。だからこその、WBCであるわけなんだけれど。)それでも、WBCはおもしろかった。アメリカで行われるのは仕方ないことなのかもしれないけれど、せめて審判のこととか、もう少し整備するべきことはして、また次も、あるといいなと思った。

と、ここまで書いてて、速報!! メキシコが勝っちゃったよ! ビックリ仰天。アメリカは、ベスト4に残れないわ、キューバが乗り込んで来ちゃうわ、誤審騒ぎもあったりで、踏んだり蹴ったりだね。
とにかく、日本頑張れ!! こうなったら、世界一へ!(俺って、調子いい?)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006.03.13

連絡待つ。

 先日、病院へ行った時のこと。精算を済ませて病院を後にしようとした時に、「平井先生」と呼び止められた。え?っと思うと、そこには以前の教え子のガビちゃんが。彼女が近所に住んでいるのは知っているし、この間車で街を走っている時にも見かけたことはあったんだよ。でも、その時は声をかけられなかったんだ。
 あぁ、久しぶり! いくつになったんだっけ? などと他愛もない会話を交わす。でもなんだか、またすぐ会えそうな気がしたので、さらっと別れちゃったよ。
 ガビちゃん、はっち達と会うって言っていたっけ? 俺の結婚祝い受付中なので、連絡よこしなさい。

 ところで今日は、夕方、ちらほらと雪が舞ってたよ。庭の花壇ではチューリップの芽が伸びてきているっていうのに。こうして一日一日、春になるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.07

なんだか忙しい・・・。

そろそろ春かぁ。関東地方に6日、春一番が吹いたとか。暖かかったよね。
そんな日和に流されてのんびりしていたいところなのだけれど、なんだか尻に火がついたようにしなくてはいけないことが山積みで、大変なことになっている。どうもこういうのは、性に合わないなぁ。・・・。
でも、自分がやろうと思ったことだから、とりあえずはケジメをつけなくちゃね。
気合いを入れていこう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.01

「氷壁」評。

 NHKの土曜ドラマ「氷壁」がこの間の回で終わったので、あちこちでその評判を見て回ってみると、・・・ふむふむ、あれはどうもよろしくないよ、という意見もボチボチあるね。
 まず、井上靖の原作と、まったく違うじゃないか! という指摘が多いのかな。実は俺は井上靖の本を読んでないからね、何も語れないし、(かつての、前穂でのザイル切断事件のことは聞いて知ってるけれど。)だから単純にNHKドラマを楽しめた口です。井上靖のファンにしてみれば、思い入れのあるタイトルだろうから、あまりいじられたくはなかったのかもね。
 以前、TBSのドラマで「人間失格」というのがあって、そのタイトルが、太宰治の遺族からの抗議で「人間・失格」になり副題も付いたってことがあったっけ。でもあのドラマは、原作とか原案に太宰の作品を借りたのではなく、内容がまったく違うものだった。それ故の抗議だった。ところで、そもそも本や雑誌なんかのタイトルには、法律上の著作権はないのだとか。ふ〜ん。「原案、井上靖『氷壁』」と表示したNHKは、むしろ親切と言うことか。(もちろん、原作を利用して視聴者の興味関心を惹き付けたわけではあるけれど。)
 もうひとつ意見が多かったのが、男にだらしない(?)美那子(鶴田真由)って、何なんだぁ〜というものだったかな。ふ〜ん。・・・これまた、毎回欠かさずしっかり見ていたわけではないから何とも言えないのだけれど、最終回だけを見る限りでは、美那子の生き方はあれしかなかったのでは?って思うんだ。 街の中で、車道を挟んで棒振りのアルバイトをしている奥寺(玉木宏)を見てしまった美那子のシーンになった時に、あぁ、かの女は別れを決意するんだなって俺は思ったよ。愛しているからこそ、そばにはいられないってことも、時にはあるのでは?・・・よくわかんないけど。奥寺は、逆に「山男が本気で人を愛したら、山をやめる。」というようなことも言っていたけれど。でも、美那子は、山を愛している山男を、愛してたんだよね。・・・。というような議論を、家ではしました。はい。
 結局、NHKさんとしては、ドラマの中では「ただの悪人は誰一人として描かなかった」とか。ふ〜ん、なるほどね。でも、一番大人だったのが、若い男に走った妻のことを、玄関に鍵もかけずにただ黙ってひたすら待ち続けていた八代(石坂浩二)だったよね。奥寺役の玉木宏と北沢役の山本太郎とは、最近頻繁にNECのコマーシャルで一緒に見かけるもんだから、あれれ?って思ってしまうね。はは。大人げないのは、NEC? NHK? それとも俺か。

あぁ、そうだ。今日は映画の日で、久しぶりに映画「博士の愛した数式」を見てきたよ。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »