« さて、フィギュア・スケート! | トップページ | 「氷壁」評。 »

2006.02.26

4位。

トリノ・オリンピックが終わる。開幕前の評判につられて抱いたワクワク感とは、ちょっと違った印象を持ち始めた前半戦もそれなりに楽しみ、そして終盤になって荒川選手が待ちに待った金メダルをもたらしてくれた。
あらためて荒川選手、金メダルおめでとう。思えば中野や恩田らと、あの熾烈な全日本選手権を争い代表を勝ち獲ったが故の金メダルだ。そういう意味では入賞を逃した安藤選手も含めて、お互いを刺激しあって掴んだ日本の金メダルと言えるだろうか。
とは言え、メダルを手にした人とそれを逃した人とでは、やはり何か大きな差があるのかもしれない。五輪のメダルは3位までとしたシステムには、思わず、う〜むと唸ってしまう。
女子フィギュアスケートで4位となった村主章枝選手。自分には、彼女の演技は本当に美しく確実にも見えたのだが、採点競技のプログラムとしては、不十分な点があったのか・・・。いつも、「見ている人のために」などと優等生的なコメントを出す彼女だけれど、演じ終わった後に彼女が堪えていた涙は、確かにアスリートとしての悔し涙だったように思う。
涙と言えば、スピードスケート男子500mで4位になった及川佑選手の涙も印象的だった。まったく日の当たらなかった男の快挙、として取り上げられたけれど、世界の第4位に入るには、本当に自己を律する厳しい練習の日々があったに違いない。
4位と言えば岡崎朋美選手も、3位にあと少し(100分の5秒差!)の4位だったけれど、アルペンスキー男子回転の皆川賢太郎選手は、3位に100分の3秒差の4位だった! 本当に、あと少し、もうちょっとでメダルに手が届いたというのに・・・。頑張ったからこそ、本当に悔しいだろうなぁ。でも、その悔しさが次へのエネルギーになるのだと思う。本当の頂点に立つには、もう少し! 今は、その悔しい思いで胸を焦がしていてください。
とりあえず、トリノ・オリンピックで感動を与えてくれた世界中のアスリートの皆さん、お疲れさまでした!

|

« さて、フィギュア・スケート! | トップページ | 「氷壁」評。 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29037/8853248

この記事へのトラックバック一覧です: 4位。:

« さて、フィギュア・スケート! | トップページ | 「氷壁」評。 »