« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006.02.26

4位。

トリノ・オリンピックが終わる。開幕前の評判につられて抱いたワクワク感とは、ちょっと違った印象を持ち始めた前半戦もそれなりに楽しみ、そして終盤になって荒川選手が待ちに待った金メダルをもたらしてくれた。
あらためて荒川選手、金メダルおめでとう。思えば中野や恩田らと、あの熾烈な全日本選手権を争い代表を勝ち獲ったが故の金メダルだ。そういう意味では入賞を逃した安藤選手も含めて、お互いを刺激しあって掴んだ日本の金メダルと言えるだろうか。
とは言え、メダルを手にした人とそれを逃した人とでは、やはり何か大きな差があるのかもしれない。五輪のメダルは3位までとしたシステムには、思わず、う〜むと唸ってしまう。
女子フィギュアスケートで4位となった村主章枝選手。自分には、彼女の演技は本当に美しく確実にも見えたのだが、採点競技のプログラムとしては、不十分な点があったのか・・・。いつも、「見ている人のために」などと優等生的なコメントを出す彼女だけれど、演じ終わった後に彼女が堪えていた涙は、確かにアスリートとしての悔し涙だったように思う。
涙と言えば、スピードスケート男子500mで4位になった及川佑選手の涙も印象的だった。まったく日の当たらなかった男の快挙、として取り上げられたけれど、世界の第4位に入るには、本当に自己を律する厳しい練習の日々があったに違いない。
4位と言えば岡崎朋美選手も、3位にあと少し(100分の5秒差!)の4位だったけれど、アルペンスキー男子回転の皆川賢太郎選手は、3位に100分の3秒差の4位だった! 本当に、あと少し、もうちょっとでメダルに手が届いたというのに・・・。頑張ったからこそ、本当に悔しいだろうなぁ。でも、その悔しさが次へのエネルギーになるのだと思う。本当の頂点に立つには、もう少し! 今は、その悔しい思いで胸を焦がしていてください。
とりあえず、トリノ・オリンピックで感動を与えてくれた世界中のアスリートの皆さん、お疲れさまでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.21

さて、フィギュア・スケート!

トリノ・オリンピックも、いよいよ終盤だ。期待はずれだったなんて思わない。(昨日のカーリング女子チームの試合は、すっごく楽しめた!)ただ、メダルの獲得数については、外国のメディアの冷静な予想が当たっていたね。けれどやっぱり、メダルが欲しいかなぁって思っていたかも。かも。。。
そして、いよいよ、女子フィギュア・スケートが始まるよ。期待していません、・・・というのは、嘘になるな。めいっぱい、期待も応援もしていよう。だから、自分自身のために頑張って、日本の三人娘達!(個人的には、村主章枝さんを熱烈応援!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.02.19

上州武尊。

上州の隠れた名峰(?)、武尊山に、久しぶりのケイさんと出かけてきた。
土曜日曜とも天気に恵まれ、とても気持ち良い山行になった。誘ってくれたケイさんに感謝! 後でゆっくり、レポをまとめます。
とりあえず、山頂での記念写真を。(ケイさんと並ぶと、顔がでかく写って嫌だな・・・。)

josyuhotaka32

そしてこの、山頂からの絶景をどうぞ!
(あ、写真は、私がカメラを忘れてしまったので、全てケイさんが撮影したものです。)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.02.17

キリ番プレゼント。

自分のHP「すべての高い山に登れZ」のカウンターが、10万を超えた。10万名様。いやぁ〜、なかなか凄い数だなぁ。(もちろん、毎日同じ人がクリックしてくれたりもする訳だから、これまでのお客さんの本当の数は、たぶん凄く少ないだろうけれど・・・。)
普段はキリ番を踏んでもらっても何もしない俺だけれど、今回だけは感謝の気持ちを込めて、プレゼント企画を行った。
99999〜100001のキリ番を踏んだ三名様に、山の写真を贈ることにしたのだ。写真は、アコンカグア山行のものが出来上がってきたので、そこから俺が数枚ピックアップして、サンプル画像を送ってそれぞれの方に選んでいただくことに。でもやっぱり、皆さん選んだのは下の写真「山頂から見たアコンカグア南壁」だった。
三名様には、2L版くらいに大きくプリントしたものを贈らせていただきます
今後も、「すべての高い山に登れZ」「前略 なめとこ山にて。」ともども、よろしくお願いします。次回のキリ番は、そうだなぁ〜、20万かな。(まだまだ数年先か?)

aco

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.02.15

寝不足です。

今朝は、明るくなってきたので起きたのではなく、カエちゃんに叱られて起こされた。部屋の電気、テレビをつけっぱなしで、コタツで寝ていたところを、6時になって起きてきた彼女に見つかったのだった。
げげげっ。岡崎朋美は? ・・・俺ってば、彼女の1回目の走りを見てメダルの期待を胸に応援態勢万全のはずだったのに、いつの間にか寝てしまったんだ。でも結果は、すぐに朝のニュースで知ることとなる。
残念だったね。あと少しだったのに。・・・これが、勝負の世界というものか。1000mもあるというから、そちらでも悔いの残らないよう、頑張ってください。(次こそ、寝ないでしっかり応援しないとね。)
それにしても、日本人選手にとって、メダルは遠いねぇ〜。なにげに、スピードスケートのショートトラックや、カーリングとか、スケルトンなんかで、ひょっこりメダルを獲るかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.14

バレンタイン・デー。

今日はバレンタイン・デー。けど、基本的に人と接する機会がない俺には、まぁ関係のない日かな。カエちゃんには、「チョコはあげないからね。」って言われていたし。(って、え? 俺がいらないよなんて言ったっけ!?)

・・・夕方、カエちゃんが、「これはリサオから。」って、チョコをくれた。それは、彼女の同僚のリサオ(と言っても、可愛い女の子。高尾山に一緒に登ったことがあるよ。)からの手作りチョコだった。あ、ありがとう・・・。
会社に行ってる人なんかは、やっぱり幾つもチョコを貰ってきたりするのかなぁ・・・。
チョコは一つかな、と思っていたら、その後やっぱり、カエちゃんからもいただきました。ありがとう。大事に食べよっと。(ちなみに、去年のバレンタイン・デーって俺は何をしていたかというと、アルゼンチンにいたんだなぁ。)

valentine

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006.02.13

現実は、厳すぃ〜〜!(のか?)

オリンピックだよ、五輪ピック!! まだ始まったばかりとは言え、なんだかどうも、日本人はメダルに手が届きそうでいて、やはりなかなか難しいことなんだなぁって実感した。つぬぅ〜〜・・・。
今晩は日本の切り札、大本命とも言える、加藤君が登場するから、テレビの前で正座して応援しよう。
何色でもいいから、(って、やっぱり金メダルであって欲しぃ〜けど。)メダル獲得の明るい話題をぜひ! あ、でも、日本チームの旗手だったからって、日本のために頑張ると言うよりは、自分の力を思う存分発揮できますように!
ついでになっちゃうけれどベテラン清水選手は、なにげに友人K澤君に似ているので、清水もがんばれぇ〜!!

ところで全然関係ない話題だけれど、 15日発売の「山と渓谷」には山野井さんの特集記事があるとか。「山野井通信」に、山野井さん自身も文章を書いたし写真も何点も提供したと書いてあったよ。久しぶりにヤマケイ、買ってみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.11

冬季オリンピック。

オリンピックが始まったよぉ〜! 冬のオリンピックにはまたそれなりのドラマがあって、なんだかワクワクするなぁ。
開会式は、なんだか知らない国っていっぱいあるんだなぁと思いながら眺めていた。(国と地域、だからかな。)
ところで、様々なメディアで各国のメダル数が予想されているけれど、アメリカの専門誌「スポーツ・イラストレーテッド」では、日本のメダルは荒川静香と(スピードスケートの)加藤条治がそれぞれ「銅」を獲るだけと予想。AP通信はさらに厳しくて、荒川のメダルだけだとか。・・・・
ぐぬぅ〜、マジですか。自分としては、色はともかく、メダルの数は二桁に届くような雰囲気さえ感じられるんですけど!
とにかく、初っぱなのモーグルが鍵だよね。頑張れ、里谷! GOGO、上村!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.02.08

燃え尽き症候群か。

はぁ〜。なんだか毎日、眠くてしょうがない。時差ボケが抜けきらない? ・・・・いやいや、なんだか頭の右側が、ちょっぴり痛いような気もするんだけれど。指先のしびれもなくならないし。・・・
・・・ピリッとしないとね。写真が出来上がってくるのが、楽しみ。

ところで、久しぶりに山行にはニコンのFM2を持って行った。修業時代(?)に使っていた一眼レフマニュアルカメラ。本当に久しぶりだったので、なんだかうまく使えなかったかも(汗)。
ニコンは、フィルムカメラの製造を2機種だけに限定することになったそうで、以前使っていて山でなくしてしまったF80も、すでにメーカー在庫は終了している。しかしそうなってくると、また手に入れたくなったりしちゃうんだよねぇ〜・・・
本当に手に入らなくなる前に、一眼のフィルムカメラを買っておこうかなと考えていた一日なのであった。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006.02.04

行ってきました!

三度目のアコンカグアでした。
今回で、卒業です。しみじみ・・・・。
でも、またいつか、行きたかったりして。
やっぱり、好きなんです。この山が。
aco01

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2006.02.01

Tou

 沢木 耕太郎・著。新潮社。今さらだけれど、沢木耕太郎の『凍』を読み終えた。あわせて、塾長のお薦めのとおり、『垂直の記憶』も読み直した。(本当は、アコンカグアに出発する前に読了したかったのだけれど、いろいろとバタバタしていたので、ついダラダラと読んでしまった。)
 読んでいて、特に関心を惹かれたのは、極限状況での山野井さんと妙子さん(と言うより、主に妙子さんの方だけれど。)夫婦の描写だった。全くスケールは違うけれども、自分も妻を山に連れて行って、その時にはたしてお互いがどれだけ命を預け合えるのかなぁとか、考えてみたりもした・・・。カエちゃんは実際に、ネパールで山野井夫妻(その頃はまだ結婚はしてなかった?)に会ったことがあるそうで、その時、妙子さんを見て、まったく普通の人とは違う何かを感じたとか。
 傷ついてもなお、山野井さん達お二人が、また新たな山登りに挑戦し始めたことに、頭が下がります。
 『垂直の記憶』の中で山野井さんは、「山で死んでもよい人間もいる。そのうちの一人が、多分、僕だと思う。」と言っているが、ギャチュンカンからは彼は立派に生還してきた。・・・まだまだ、これからですよね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »