« 花。 | トップページ | 祈り。 »

2006.01.11

渋谷 「Ayung Teras」 (インドネシア料理)

 1月半ばからアジア旅行(予定では半年くらいだとか!)に出発するというsatokoちんの壮行会として、オリジナルインドネシア料理の店へ、satokoちんとカエちゃんとを誘って行ってきた。
 satoちんはバリ島も行くというから、わざわざここでバリ島料理でもないだろう・・・とは思ったものの、(バリ島好きな彼女、)旅のゴールをバリにしようと考えている、とか言うので、それなら、日本と本場の料理とを食べ比べること目標にすれば、困難な長旅も乗り越えられるんじゃないかなぁ〜、なんて思ったり。(凄いこじつけ。結局、そんなことはどうだってよくて、satoちんとバリ島料理を食べてみたかったのだ。)

Bari10

 インドネシア料理、ということで探してみると、オーナーシェフがバリ島在住経験のあるこのお店が、なんだか雰囲気ありそうだぞ。てなわけで、渋谷にある「アユンテラス」というお店へ行くことに。

Bari01

 西口の歩道橋を渡って、楽器屋さんの前の坂を登って行き、登ったところにあるジョナサンよりもう少し真っ直ぐ先、旗の立っているお店が「アユンテラス」だ。6時の開店に合わせて、店に入る。
 店内には、静かにガムランの演奏が流れている。素敵な感じのお店だね。僕らはそれぞれ好きなビールを注文し、三人分のディナーコースと、いくつかの単品料理を注文した。
 あ、そうそう、この時satoちんから、入籍祝いに(俺の誕生日祝い? 俺らの旅の餞?)って、かわいい花束をいただいた。どうもありがとう。

Bari02

 さてさて、俺は興味津々で、satoちんのアジア旅行の計画を聞く。どの国と、どの国と、どの国を回るの? ふむふむ・・・。(へ〜、それはなかなか充実しまくりの、ある意味欲張りな?ルートだね。つ〜か、羨ましぃ羨ましぃ。)satoちんの話を聞いていて、ヨダレが出てきた(?)のはもちろんカエちゃんも同様で、いやむしろ彼女の方が、明日にでもインドへ旅立ちそうな雰囲気となった。

Bari03

 ネパールに入るなら、陸路からではなくて、空からにした方がいいよ。云々・・・。なぜかネパール通のカエちゃんが、satoちんにアドバイスを送る。お金のこと、ビザのこと、移動手段、日本との連絡方法・・・。いろいろなことがあるだろうなぁ。「でもさぁ、不安なことはないの?」
「不安なことは、今はないですね。」
 凄いなぁって、思ったよ。自分が24歳くらいの時って、いったい何をしていただろうかって、しばらく考えたりしちゃったよ。

Bari04

 お酒も進んで、お腹もいっぱいとなり、(食事の〆にはやっぱりナシゴレン。バリ島料理といえばこれ。ココナッツミルクを加えてあるから、甘くておいしいよ。)食後にはバリ・コーヒーをいただく。運ばれてきたシュガーポットの取っ手は、なぜかカエルの形。カエル、かえる、・・・ぶじ、帰る。
 satoちん、どうぞ旅を楽しんできてください。そして元気に帰って来てね!

 店を出る頃に、satoちんにこんなことを尋ねられた。
「今まで出かけたところで、一番よかった場所はどこですか?」
 ・・・・。一番よかった場所、かぁ。ちなみにその質問に答えてカエちゃんは、「スピティ」と言っていたっけ。
 どこも素敵だった、という答えは、ずるいのかな。TMBのコル・フェレも、JMTのアイランド・パスも、天国のような場所だったし、パタゴニアで見た真っ青な氷河、モンゴルの夜の草原で眺めた満月・・・、みんな忘れられない。でも、一番って、なんだろう。
 一番が見つからないから、まだまだこれからも、自分は旅に出るのかもしれない。そうかもしれないし、実は一番がわかっているから、必ずそこへ、帰ってくるのかもしれないね。

Bari06_3

オリジナルインドネシア料理店「Ayung Teras」
渋谷駅西口、徒歩5分。
電話 03-5458-9099
URL http://www.ayungteras.com/index.html

|

« 花。 | トップページ | 祈り。 »

世界を食べに行こう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29037/53913223

この記事へのトラックバック一覧です: 渋谷 「Ayung Teras」 (インドネシア料理):

« 花。 | トップページ | 祈り。 »