« 二子玉デート。 | トップページ | 人は走らずに、生きていけるものなのかどうか・・・。 »

2005.11.27

御嶽〜棒ノ折山。

奥多摩屈指の展望の山の一つである棒ノ折山に、カエちゃんと出かけた。ずいぶん前に、F原くんと二人で登ったことのある棒ノ折山だけれど、今回はアプローチの仕方を少し変えて、御嶽駅を降りてからすぐに登り始め、惣岳山を経由してみることに。
「ホリデー快速おくたま3号」に乗り、御嶽駅には9:34到着。駅の裏手に回ると慈恩寺というお寺があって、その境内の左手が登山口となっているようだ。すぐに、急な登りが始まる。そしてしばらくは、ず〜っと杉の植林帯の中を登るのでつまらない。・・・・。
惣岳山には青渭神社があった。出発に少々もたもたしたから11時頃だったろうか。バナナを食べた。それから次ぎに、岩茸石山へと向かう。岩茸石山の山頂は、もっと鬱蒼としていたような記憶があったのにそうでもない。(それはこの後通過した黒山もそうだった。F原くんと来た前回は初夏だったから、ちょうど緑の一番濃い時期だったんだ。)
岩茸石山から黒山の間は、わりと長かったりするけれど、カエちゃんは紅葉狩りをしたりドングリや松ぼっくりを拾ったりして歩いていた。「あとは蔓のようなものを見つけたら教えてね。」と言われていたんだけれど、なかなかいいものが見つからなかった。・・・そのうちすっかりお腹も空いてきた。
黒山で一度、おにぎり休憩。そうしてあと少し歩いて、棒ノ折山頂でラーメン休憩とした。1時半くらいだったかな。山頂は、天気がよすぎのせいか、(暖かい空気のせいで、)遠くまでくっきりとは見通せなかった。それでも、のんびりとした雰囲気が気持ち良かった。
bonorei07
下山は名栗湖の方へ。前回も白谷沢を下ったはずなのに、こんなに歩きづらいってことをすっかり忘れていて(てか、本当にガツンガツンという下りが苦手になってしまっている。)ちょっとヘタレ気味になってしまった。有間ダムを過ぎるとさわらびの湯があるのだけれど、ちょうどいい具合に4時のバス(3時50何分か)に間に合ってしまい、今回も温泉には寄らずに真っ直ぐ帰ってきたのでした。
疲れたぁ〜。足痛ぇ〜。

|

« 二子玉デート。 | トップページ | 人は走らずに、生きていけるものなのかどうか・・・。 »

山登り・山歩き」カテゴリの記事

コメント

私も山でツルウメモドキを拾って来てリース作ったんだー。
山に登る前はよく拾いに行ったんだよ。
サンキライとかカラスウリとか。
けどさ、電車じゃさすがに持って帰れなくて実家に置き去りに・・・
意味ね~っ

投稿: えび | 2005.11.29 17:41

あ、しまった、途中で送っちまった・・・

惣岳山か岩茸石山って沢から登るルートあるよね?
そこが気になってます。
って多分、以前のルポ見た時も同じ事言った気がする。

けど名栗かぁ、遠いよなぁ。
名栗湖のずっと先に有間渓谷マス釣り場ってのがあってさ、若い頃はそこに毎年BBQしに行ってたんだけど今思うとなぜあんなワザワザ遠い場所に行ってたんだか・・・

投稿: えび | 2005.11.29 17:48

>えびっち。
カエちゃんの拾ってきたのは、アケビの蔓じゃないかってバス待ちをしていたおじさん達に言われたよ。
沢から登るルートについては、自分はよく知りません。軍畑の方へ、ヤナクボ沢ってのが伸びているみたいだけれど・・・。
有間ダムってさ、ロックフィル型だよね。えびちゃんは名栗湖まで、ダムを見に行ってたんじゃないの? 写真撮ってきたから、貼っといてあげる。

投稿: 山ヤ | 2005.11.29 22:14

沢と言っても沢登りって意味じゃーないっす。
本見たら白谷沢だった・・・。
写真ありがとう。

投稿: えび | 2005.11.30 17:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29037/7360529

この記事へのトラックバック一覧です: 御嶽〜棒ノ折山。:

« 二子玉デート。 | トップページ | 人は走らずに、生きていけるものなのかどうか・・・。 »