« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005.11.29

人は走らずに、生きていけるものなのかどうか・・・。

 右足の踵と足首を骨折したのは、もう去年の夏の始めの頃だ。それ以来、走ってない。(電車に遅れそうになってちょっとだけ小走りになったことはあるけれど、そんな程度。)正確に言うと、走れない、のかもしれない。
 足首の下あたりを支えているのは、小さな細かいいくつもの骨で、それらが微妙に間隔を保って足の形を支えているらしい。骨折した時に、どうやらその骨と骨とが干渉し合ってしまったんだけれど(つまり、骨が、他の折れた骨に刺さったみたいな感じ。)上手く治らないと、後々痛いかもねと言われていた。その時、手術をして、うまい具合に骨と骨との間隔を離して金属プレートで繋いでしまえば問題ないと言われたんだけれど、またしても身体にメスを入れるのが嫌で、断ってしまったんだ。結果、骨折は治ったけれど、やっぱり、骨と骨とが擦れるような運動の後には、必ず炎症を起こして(?)痛くなるようになってしまった。例えば、富士山のように一気に長く下る時や、ガツンガツンと下る時、あるいは長い時間岩をよじって登るのも苦手。そして何より、走ること・・・。我慢できない訳じゃぁないし、一日二日経てば痛みはひくんだけれど、何にも煩わされずにワシワシと歩けた時があったものだから、変わってしまったんだなぁって思うんだ・・・。
 さてそこでだ。なにも山登りをしなくたって、人は生きていけるじゃないか、という意見もある。走らなくたって、人は生きていけるじゃないか。・・・って、どうなの? それ。
 山登りはひとまず置いといても、走れなくてもいいや、という気持ちになる自分が、なんだか嫌だったりした。その一方で、走らない方が、急がない方が、豊かな人生(?)を送れるんじゃないかなぁって気もしてきたり。例えば走るような状況って、たいていは時間に遅れそうな時だけれど、それは早起きすることや、そもそも時間に追われるような生活をしないことで簡単に解決することだし。・・・それじゃぁ、例えばひったくりを追いかけなくてはならない時は? 愛する人を助けるためにどこかへ飛び込んでいかなければならない時は?・・・・。
 人は走らなくても生きていけるものなのかどうか、上手く答えは出せないけれど、一つ言えることは、自由に走っている人を見ていると、羨ましいなぁ〜と思うこと。それで最近、自分の足にメスを入れてみようかなとも考え始めている。う〜ん、・・・足の中に金属片を埋めたりすれば、そこが凍傷になりやすくなるなんてことあるのかなぁ? そういうことも怖くて、躊躇していたりして・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.27

御嶽〜棒ノ折山。

奥多摩屈指の展望の山の一つである棒ノ折山に、カエちゃんと出かけた。ずいぶん前に、F原くんと二人で登ったことのある棒ノ折山だけれど、今回はアプローチの仕方を少し変えて、御嶽駅を降りてからすぐに登り始め、惣岳山を経由してみることに。
「ホリデー快速おくたま3号」に乗り、御嶽駅には9:34到着。駅の裏手に回ると慈恩寺というお寺があって、その境内の左手が登山口となっているようだ。すぐに、急な登りが始まる。そしてしばらくは、ず〜っと杉の植林帯の中を登るのでつまらない。・・・・。
惣岳山には青渭神社があった。出発に少々もたもたしたから11時頃だったろうか。バナナを食べた。それから次ぎに、岩茸石山へと向かう。岩茸石山の山頂は、もっと鬱蒼としていたような記憶があったのにそうでもない。(それはこの後通過した黒山もそうだった。F原くんと来た前回は初夏だったから、ちょうど緑の一番濃い時期だったんだ。)
岩茸石山から黒山の間は、わりと長かったりするけれど、カエちゃんは紅葉狩りをしたりドングリや松ぼっくりを拾ったりして歩いていた。「あとは蔓のようなものを見つけたら教えてね。」と言われていたんだけれど、なかなかいいものが見つからなかった。・・・そのうちすっかりお腹も空いてきた。
黒山で一度、おにぎり休憩。そうしてあと少し歩いて、棒ノ折山頂でラーメン休憩とした。1時半くらいだったかな。山頂は、天気がよすぎのせいか、(暖かい空気のせいで、)遠くまでくっきりとは見通せなかった。それでも、のんびりとした雰囲気が気持ち良かった。
bonorei07
下山は名栗湖の方へ。前回も白谷沢を下ったはずなのに、こんなに歩きづらいってことをすっかり忘れていて(てか、本当にガツンガツンという下りが苦手になってしまっている。)ちょっとヘタレ気味になってしまった。有間ダムを過ぎるとさわらびの湯があるのだけれど、ちょうどいい具合に4時のバス(3時50何分か)に間に合ってしまい、今回も温泉には寄らずに真っ直ぐ帰ってきたのでした。
疲れたぁ〜。足痛ぇ〜。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.11.26

二子玉デート。

今週はちょっと、調子がよくなかったんだ。風邪をひいちゃったってのもあるんだけれど、すごく久しぶりに、(先週の土曜日に、家で)発作を起こして倒れたんだ。経験則上、あんまりのんびり平和に暮らしているのも、頭にはよくないのかもね・・・。てか実は、もう随分調子良かったから、薬の量を減らし始めてたんだよね。・・・また振り出し、かな。one step up and two steps back...おっと、それじゃぁ前に進まないじゃん。
この前倒れたのは、大阪だったかなぁって思い出した。あの時もすっかり迷惑をかけてしまったっけ。人に助けられてばかりの、ダメダメな人生だと思う。それと同時に、人に対して感謝して生きていないとなぁって、漠然とだけれど、そんなことを思ったんだ。土曜日、タクシーで病院へ連れて行ってくれたのはカエちゃんで、その土曜日に、二人で一緒に九州へ行ってきたんだ・・・・。日曜日には帰って来たんだけれど、なんだか長い一週間だったような気がするなぁ。
RIMG0005でもって、再び土曜日だ。(この間、雲取山に行こうと企画していて実現出来なかったので)どこかへ出かけようかとも話していたんだけれど、朝からまったりしちゃったよ。午後になって、カエちゃんが、多摩川沿いを散歩しようと言い出した。それで、家の裏から出発して、とりあえず川沿いを下ることに。そのうち、日も沈む・・・。2時間半くらい歩いて、二子玉川に着いたかな。
ちょっと本屋で買い物をしてから、つばめグリルで夕飯を食べて電車で帰ってきた。街はすっかり、クリスマス・モードだったよ。そんな、土曜日だった。
RIMG0006

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.11.20

Qちゃん!

復活おめでとう! みんな待っていました。タイムもすごかったね。これからが楽しみ楽しみ。
今はちょっとだけ、ゆっくり温泉なんかにでも入って、身体を休めていてくださいっ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.11.17

十六夜。

えびちゃんのブログで、昨日は満月だったことを知る。
じゃぁ、今日は十六夜(いざよい)の月だね。
DSC_0002カエちゃんから、「月が綺麗だよ。」というメールをもらったので、外に出てデジカメで撮ってみた。
獅子座流星群も、見られるんだってね。
でも、月が明る過ぎかな。
・・・・物思う晩秋の夜なのでした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005.11.16

機嫌なおして・・・。

プレゼントなんだけれど、あんまり気に入ってもらえない?
ご機嫌とりじゃぁ、ないってば。

・・・・ごめんなさい、女の子と映画見てきました。。。

namaketarou

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.11.15

婚姻届。

先日、高田さんと話をした時に、「婚姻届って、何色してるか知ってる?」ってなことを聞かれた。
ん? 何色って、・・・・。「俺も、緑色だと思ってたらさ、茶色なんだよね。」
へぇ〜。そっか、よくTVドラマなんかで見かけるあの緑色の書類って、離婚届の方か。
というわけじゃぁないけれど、今日はその実物を見たくて、市役所へ婚姻届をもらいに行って来た。そうそう、TVではちょうど、紀宮様の結婚式が中継されていたしね。(って、関係ないか・・・・。)
市役所に行くと、それは無造作に置いてある、ものではなくて、窓口の人に出してもらった。
todokeあの〜、これって失敗したら(書き損じたら)ホワイトで修正しちゃぁ、ダメですか?
窓口の人「(きっぱり、)ダメです。」・・・ですよねぇ〜。じゃ、何枚かください。「(今度は笑顔で、)そう言って、記念に持っていく人もいらっしゃいますよぉ。」
てなわけで、手に入れてきました「婚姻届」。・・・戸籍謄本とかも必要になるらしい・・・。さてと。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.11.13

ありがとうございました。

今日は「低い山にも登ろう会」(まだそんなのあったのか! の声にも負けず。)のメンバーを我が家にお招きして、飲み会(てか、食事会?)をした。
カエちゃんが、料理の腕を振るってくれた。たいしたおもてなしも出来なかったのだけれど、(つ〜こと言ったら、カエちゃんに失礼!)皆さんいろいろなお土産を持って来てくださり、かえって申し訳なかったりする。いえホント、皆さんどうもありがとうございました。(カエちゃん、お疲れさまでした!)

toyoatsu先生からは、観葉植物の鉢をいただきました。フィロデンドロン・クッカバラっていうんだって。すっごく立派なので、どこに置こうかと思案中であります。
02

O石先生からは、とても素敵な江戸切り子細工のグラスと「八雲もち」という和菓子(これがめっちゃ、うまい!)とお花をいただきました。F原くんご夫妻からは、徳島の柿とうどんと青木屋の和菓子とこだわりのビール(飲んじゃったので写真はなし。)をいただきました。
03_103_2

それから、遅れて登場のT島先生からは、洋菓子(タルト。すぐみんなで食べればよかった。おいしかったぁ・・・。)と、そしてなぜだか、銅製の玉子焼き器をいただきました。むむむ。これを使って、私もさっそく、玉子焼きの修行をさせていただきます。
04

皆さん本当に、どうもありがとうございました。

ところで、鈴ちゃん。
忘れ物あったよ。
また今度、遊びに来てくださいね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.11.10

ジョン・ミューア・トレイル レポ

 なめとこ山通信 5

 みなさん、こんにちは。みなさんは、ジョン・ミューア・トレイルというトレッキング・ルートを御存知でしょうか。それは、アメリカのシェラネバダ山脈沿いにあって、ヨセミテ渓谷からマウント・ホイットニーまで続く、延長およそ340kmの一本の道です。ジョン・ミューアとは人名で、あの有名な自然保護団体「シェラクラブ」の創設者でもあります。彼は長年に渡ってシェラネバダ山中を放浪し、シェラの自然を愛し、守って、後に「自然保護の父」とも呼ばれるようになったナチュラリストです。そのジョン・ミューアの偉業を讃えて、彼の愛したシェラの大自然の中に作られたトレイルが、ジョン・ミューア・トレイル(以下、JMT)なのです。
 このJMTは、三つの国立公園(ヨセミテ、キングス・キャニオン、セコイア)にまたがり、その総延長340km(ほぼ東京~名古屋間)を歩き通すには、速い人で二週間、遅い人で一ヶ月はかかるとされています。その行程には、標高3000mを越える峠が九つあり、いくつもの森を抜け、数えきれぬほどの川を渡ることになるのです。‥‥。そんなトレッキング・ルートのあることを知ってしまった自分には、いつかはJMTを歩きたい! ということが、ちょっとした夢となったのでした。そうなのです、世界中の多くのバックパッカーにとって、JMTを踏破することとは、まさに聖地巡礼の旅のようなものなのでした。
 そしてこの夏、とうとうその夢を実現させる機会がやってきたのです! 実は、6月のデナリ国立公園でのバックカントリー・キャンピングも、JMTでの長い縦走を考えての予習を兼ねてもいたのでした。JMTでのキャンプでもやはり、熊対策が一番の問題で、常にベア・キャニスター(アラスカではベア・レジスタント・フード・コンテナと呼んでいましたが。)を持ち歩いていましたし(これが重かったぁ。)、それからアラスカでは蚊の襲撃に懲り懲りしたので、その対策も万全に備えて行ったのでした。(けれど蚊は、心配したほど多くはいませんでした。)
 8月中旬に自分はアメリカヘ渡り、ヨセミテ国立公園にてJMTを歩くパーミットをとりました。そして、3週間ちょっとの日数で、目的地のマウント・ホイットニーまで歩いてきました。ホイットニーは、アラスカがアメリカに併合されるまでは、全米で一番高い山(4418m)だった山です。(今はアラスカのマッキンリーが、全米の最高峰です。)トレッキング中の食糧は、ほぼ全て日本から事前に運んだり送ったりしました。まず、日本から-緒に持ち運んだ分と、ルート近くの街の郵便局に局留めで送ったものが2ケ所と、全行程を三つに分けたのです。なので初日や、補給後の出発日などは、8日分、9日分の食糧を担ぐわけで、本当に大変でしたが、それ以上に、シェラの大自然は素晴らしく、その美しさに突き動かされて、私は歩けたようなものでした。
 今回の旅では、特にアクシデントには遭遇しませんでした。結局、熊にもあわなかったし、足は一時的に痛くなりましたが何とか歩き通せたし、・・・ビックリしたことと言えば、ほとんど毎日日焼けするほどの好天だったのが、(4000mの峠を越えた)一日だけ、吹雪になったということくらいでしょうか。毎日20kmくらい歩こうと計画を立て、適当な場所を見つけたらテントを張り、沢の水を飲み、湖で顔を洗ったついでに洗濯もし、そうして歩き終えた時には、体重が6kg減っていました。(ダイエットにはぜひ、JMTへ!)

 本当は、もう少し詳しく旅のレポートを報告したいところですが、タラダラと長くなってしまいそうなのでここでは自重しておきます。そのうちいつか、本当に綺麗だったシェラの大自然の写真だけでも、お見せ出来る機会があればなぁと思っています。

追記
写真と文章は、以下のWebページ記事をご覧下さい。
バックパッカーの聖地、ジョン・ミューア・トレイルの旅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.09

ALWAYS 三丁目の夕日

Always

 昭和33年頃になんて生まれてもいなかったのに、懐かしい感じがしたのはなんでなんだろう・・・。
 映画のストーリーも良かったけれど、この映画を作り上げたこと(西岩良平の原作コミックを、映像化したこと!)に対しても、拍手を送りたい。監督・脚本を手がけた山崎貴による、VFX(Visual Effects)ということだ。俯瞰で上野駅を映されると、「あっ、上野駅だ。」って血が騒いだ。駅のプラットホームに入ってくる蒸気機関車。上野駅は、こうでなくちゃね。なんだろ、この気持ちは。眠っていた、東北人のDNAなのかなとか思ったり。
 それぞれの年代の人が、それぞれの思い入れで見られる映画なんじゃないかなぁ。(まだ若い人は、こんな時代があったのぉ?! てな具合にね。)
 個人的には、指輪のシーンが良かったなぁ。・・・よし、自分もこれでいこう!って思ったよ。ぐはは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.07

「カエ花壇」増殖中。

立冬だとか。けれどなんだか、暑くなったねぇ。雨の後だったので、庭に出て草取りをした。それから、邪魔だ邪魔だと言われていた玄関脇の木を、他の場所へと植え替えてみた。そうしてついでに、玄関前をちょっと小綺麗にして、こっちにも花壇を作ろうかと画策中。
スコップで庭を掘り起こしていたら、「平井さん何してるの!」と、近所のYさんに声をかけられた。う〜む、きっと、死体でも埋めているのでは(!?)と、怪しまれたのに違いない。(昼からブラブラしてるからなぁ、俺・・・。)Yさんは、庭に素敵な花壇を作っているので、ちょっと立ち話なんぞをする。
11月になって、ちょっと平日に時間の余裕があるので、JMTのレポでも作り始めようかなぁ。(って、今頃かよ! みたいな。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.06

川苔山。

昨夜集まった仲間のうちで、satokoちんだけがうちに泊まっていって、今日は二人で、奥多摩の川苔山へと出かけることに。(少々具合いが悪いとか言うカエちゃんは、山行はパス。そのかわりに朝からお弁当のおにぎりを作ってくれた。ありがとう。)
RIMG0015昼過ぎからは雨になる、という予報だったので、気持ちは初めから、雨覚悟。ただなんとなく、秋の川苔山を歩きたかった。奥多摩駅に着いても、さすがに人は少ない。9時半のバスで、川乗橋まで行き、そこから歩き始める。
天気を気にして、という訳でもなかったのだけれど、ちょっと急いで登りすぎたかな? あんまり休まなかったもんね。satokoさん、急がせちゃってごめんなさい。12時半頃には、山頂だったか。
ちょっと下った所で、カエちゃんのおにぎりと、あと、ラーメンを作って食べる。ラーメンを作って・・・って、しまったぁ! 箸を持ってくるの忘れちゃったよ。仕方ないから、その辺の木の枝をナイフで削って、箸を作ってみた。・・・・。satokoさんごめんなさい。でもさ、ちょっと前には「私、潔癖性なんです。」って言ってた人が、今ではこんな木の箸で食事出来るなんて、修行の成果が出てるよねぇ・・・。(って、無理矢理でした。すみません。)
鳩ノ巣駅へと下山。下山途中からパラパラと雨に降られたけれど、俺は傘をさして歩きました。下山路は、大半が植林された杉の森の中の道で、ちょっとつまらなかったなぁ。
帰りは、鳩ノ巣駅15時45分発の臨時列車、快速ハイキング号ってのに乗って帰った。satokoちん、また一緒に山に行こうね!
RIMG0012

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.11.05

おでん会。

今週末は、チーム・ふるてぃで集まって雲取山へテント縦走しに行こうという計画があったのだが、週半ばまでの天気予報では、またしても週末は雨。なのでさっさと計画は中止にし、かわりにうちで鍋でもつつこうということになった。が、予報がズレて、土曜日はいい天気に! まぁいいや、お天気の日にゆっくり掃除したり、布団干せたから。
RIMG0003夕方頃から、ふるさん、ノリオ、カズオが家にやってくる。三人は国分寺にある B-PUMP2に寄ってきたとか。今晩は、おでんにしました。(てか、定番だね。)
7時半頃になって、satokoちん、それから高田さんも遅れて参加。(次回は奥さんも一緒に、どうぞ。)いやぁ〜、それにしてもずいぶん飲んだかな。カリフォルニアで買ってきたワイン、飲んじゃいました。食当の(?)カエちゃん、ご苦労様でした。ご馳走さま。次回は、八ヶ岳で忘年会だぁ!
RIMG0020

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.11.01

11月ですねぇ〜。

はやっ。て気がするんですが。10月は、山小屋のバイトやら、養護学校の移動教室のお手伝いやらあって、出かけることが多かったのだけれど、11月はどうなるかなぁ・・・。
年賀状を買わなくちゃ。あとはね、いくつか大切なお出かけ(?)が・・・。

あ、そうそう、10月連休の小屋バイトの時に、NHKの取材班が登ってきていて、南アルプス(鳳凰三山あたり)の紅葉を撮っていたよ。天気はあまり良くなかったし、聞くと15分番組に編集されるということだったけれど、何日か小屋に泊まっていたっけ。カモシカを撮りたいんだとか言ってたな。どう仕上がったのか、気になるところ。
11月13日(日)朝7:45からの「さわやか自然百景」という番組だって。え、俺? 俺は出てないよ。はは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »