« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

2005.08.27

おめでとう。

今日、結婚式の人は、手を挙げて!
(はぁ〜〜い。)
てか。

結婚、おめでとう。ミキさん。
式に出席出来なくてごめんなさい。
いつまでもずっと、幸せでね。
大切な人や大切なものを、はなさないように・・・。
二人でしっかり、新しい人生を歩んで下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.25

すべて君に宛てた手紙。 

元気かな? 順調だったら、8日目だよ。レッズ・メドウ(ヨセミテ渓谷から、92km)というところへ出て、マンモス・レイクスという町へいったん下山します。はたして、郵便局に、俺の送った食糧は届いているだろうか?

日本に帰ったら、食べたいもの。
炊き込みご飯。味噌汁。それに、魚を何か焼いて欲しいな。
あ、でもきっと、アラスカから帰った時は野菜が食べたくなったから、無性にサラダが食べたくなるかも。
ちゃんとした肉も、食べたいかも、かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.20

すべて君に宛てた手紙。

今頃、俺がどのあたりかというと、たぶん、ヨセミテ国立公園の東の端の、トゥオルミー・メドウという所じゃぁないかな。出発して3日目のはずだから。まだ、38km。
ヨセミテは、熊の多いところらしいよ。なので、今頃は熊に襲われてるかも。
そろそろ足が痛くなって、帰ろうかなぁと思っている頃かも、かも・・・。

長田弘の「すべてきみに宛てた手紙」は、そのタイトルが気に入って買ったエッセイだ。
タイトルは気に入ったけれど、ちゃんと読んでないんだよねぇ。・・・。
そんなんばっか。人生には、やり残したことがたくさんありすぎる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.08.16

デナリ国立公園 バックカントリー・キャンプ レポ

 なめとこ山通信 4

 みなさん、こんにちは。先日(6月の中旬頃)私は、アラスカにあるデナリ国立公園へ行って来ました。デナリというのは、北米大陸の景高峰マッキンリー山のことです。冒険家の植村直己さんが、厳冬期マッキンリーの登頂に成功した後、消息を絶ったということでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。いつかはマッキンリー・・・という思いが、登山家を目指す自分にも、ちょっぴりあったりする訳なのです。それで、せめて眺めるだけでもと思い、デナリ国立公園へ、バックカントリースタイルのキャンプで、行ってきました。
 バックカントリー・キャンピングというのは、トレイルもキャンプ場もない荒野を、地図とコンパスを頼りに自由に歩き回って、気に入った場所でテントを張り、自然の中にとけ込んで生活をするというスタイルのキャンプです。そう言うと、なんだかとっても素敵なようですが、なかなかそうでもありません。
 まず第一に、デナリ国立公園は、ベア・カントリーです。バックカントリーに出発する際には、レンジャーから様々な諸注意を受けますが、最重要項目は、熊対策となります。食糧(や、歯磨き粉・石けんなど匂いの出るもの)は全てフード・コンテナという特殊な入れ物に入れて持ち運び、テントを設営しても決して食糧をテントの中に出さないこと。フード・コンテナはテントから100m離して置き、料理をする時も、テントと、フード・コンテナを置いた場所から(三角形を作るように)100m離れて食事すること、等々が厳重に言い渡されます。日本でも、熊と人との事件・事故が頻繁に聞かれるようになってきていたので、さすがに自分も緊張しました。大げさに言うと、常に命を危険にさらしながら生活するのですから、野生動物って、こんな思いをしているのか~(してるかな?・・・)と、妙に感心したりもしました。
 それから、トレイルのない荒野を歩くのも、簡単なことではありませんでした。バックカントリーのルールでは、トレイルを作らないように歩かなければならないことになっています。つまり、数人のパーティーだったら、(基本的にはソロでバックカントリーに入ることは薦められていません。)たいていは列を作って歩くものですが、そうすると道が踏み固められてトレイルができてしまうので、常に横に並んで歩きなさいと指導されるのです。踏み固められたトレイルは、もう「ウイルダネス」とは呼べないからだそうです。
 そういう感じで徹底して、人間が大自然への「闖入者」であることを、良い意味でも悪い意味でも痛感させてくれたのが、デナリ国立公園でのバックカントリー体験なのでした。

 ところで、前回の会報でちょこっとお話しした、早池峰山での屎尿汲み下ろし活動に、私も参加してきましたよ。5月末と、先日7月24日、2回行ってきました。(活動はこの後、秋までまだ3回あるそうなので、もう一回くらいは行けるかなぁ。)特に先日は、海の日の連休の後ということもあって(?)、山頂避難小屋のトイレの便槽には、たっぷりお土産が溜まっていたようです。私はポリタンクに10リッターのお土産を背負って、下ってきました。でもこの日は、ハヤチネウスユキソウなどの高山植物がお出迎えしてくれたおかげで、とっても爽やかな気分で作業ができたのでした。さて、秋には何が、待っていてくれるのかなぁ。

 人間による自然破壊を止めるには、人間を自然から離すこと、人を山に入れないこと、これに尽きるのではないでしょうか。人間なんていなくなってしまえばいい。・・・けれど僕らは、生きていて、本来は人も、自然の一部であったはずなのです。色んなことを考えています。知床も、世界遺産になりましたねぇ。週末、富士山に登ってきます。

デナリ バックカントリー・キャンプ レポの詳細は、こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと出かけてきます。

ちょっと・・・・いや、今回は、ちょっとじゃぁないや。
しばらく、出かけてきます。
たぶん、秋頃には帰ってくると思います。(たぶん・・・? なんだか、すぐ帰って来そうな気もするんだけれど。)

カエちゃん、行ってきます。
ちゃんと帰るから、待っててちょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.15

今日は初サンマの日。

昨日に引き続き、食卓の写真を撮ってみました。
秋刀魚を買ってきたよ。北海道産だった。まだちょっと、高いね。焼いて、大根下ろしで食べるのもいいけれど、チィに教わった、梅干し煮も作る。これもなかなか旨いのだ。
sanma

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.14

真似っこしてみた。

潤平さんのブログでその調理法が紹介され、「むむ、これおいしそうだな!」と思っていた、「一口ピザ煎餅」なるものを、我が家でも作ってみた。
うちでは、ソーセージの代わりにベーコンを、それから、タマネギもたっぷり。(これは潤平さんも加えていると思っていたら、よく読むとタマネギは入れてないですね。)さてと、出来上がりは、・・・。
少々、カリカリ加減に餃子の皮を焼き、それにとろけるチーズがよく合う! まさに、ビールのお供には、もってこいでした。ご馳走さまでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.11

ヒッチハイクの若者に出会った。

11日の東北自動車道、下り線は、事故渋滞やお盆休み前ということもあってか、本当に下り線で初めて、動かないくらいの渋滞となったりもした。家を出るのも遅かったので、福島あたりを通過したのはすっかりお昼過ぎになり、安達太良S.A.で遅い昼食をとった。
給油も済ませて、さあ出発、という時に、あれれ、あそこで段ボールに「秋田」と書いて掲げているのは、あれってヒッチハイクか? ・・・停まってみた。
「盛岡までなら行くけれど。」 「あ、いいですか?! じゃぁお願いします。あの、友達もいるんですが。・・・」
「二人なの? じゃ、後ろだね。」・・・てなことで、ヒッチハイカーを拾うことに。そしてその、リョウくんと、もう一人、トイレから出てきたさっちゃんとが乗り込んで、短い時間ではあるけれど、珍道中が始まった。
・・・・。しばらくして、助手席に散乱してあったCDをみつけてリョウくんが、バンプをリクエストする。そうそう、たまにはバンプもいいかなと思って、持って来てたんだ。(「ユグドラシル」! なんか既に懐かしぃ〜。)
  手に入れる為に捨てるんだ  揺らした天秤が掲げた方を
  そんなに勇敢な選択だ  いつまでも迷う事は無い
  〜同じドアをくぐれたら〜
「ね、手に入れるために捨てたことって、ある? ・・・って、そんなこと、いっぱいあるよね。」
「そうっすね、ありますね〜。・・・・。」
その後俺は、調子に乗って、カエちゃんの話まで持ち出して、二人にささやかにお祝いの言葉までいただいた。それで、「じゃ、次は、最近あった、プチ幸せな事の発表会!!」と、リョウくん司会で車内は大いに盛り上がり、二人と別れるまでの短い間は、あっと言う間に過ぎてしまった。
二人はこの後、秋田道に入って、秋田から北海道へ向かうという。頑張って、ヒッチハイク、続けてね。前沢S.A.でお別れだ。おかげですっごく、楽しかったよ!! 
またいつか、どこかで会えますように。
ryoukun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぐはぁ〜、見逃したぁ〜!

何をかって、あれですよ、世界陸上男子400mハードルでの、為末大選手の銅メダル!!!
(昨日も遅くまで起きていたんだけれどなぁ・・・。肝心なところを見逃してしまった。)
為末選手、おめでとう〜! 今日は(もう昨日だけれど、)夜9時からTBSにチャンネルを合わせて、銅メダル獲得のレースと、為末選手のインタビュー、それから簡単なここまでのドキュメンタリーを見せてもらって、ウルウルさせていただきました。
おぉ! ただ今、為末選手の表彰式が、始まりましたぁ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.10

山と恋人と、どっちが大事なんですか?

 ちょっと前に、つきあい始めた人のことを報告していた飲み会で、友人のF原くんに、そう言われた。
 F原くんは俺より少し年下ではあるけれど、数年前に結婚し、可愛い娘さんもできて一児のパパにもなった。坂本龍馬を尊敬し、死ぬ時には前のめりで、なんて言ってはいるが、誰が見てもよき夫であり、頼もしい父親だ。そのF原くんに、そう訊かれてしまった。・・・・。どういう経緯でそういうことになったかというと、実はこの夏、一ヶ月ちょっとの長い一人旅(山行)を計画していると話したからだった。飲み会の席にいらしたT島先生からも、「平井さん、それは甘えだよ。」と、きついお言葉をいただいたのだった。・・・・。
 甘え、ていると、自分でも思います。はい。狡く言うと、甘えさせてもらえる人を、パートナーに選んだと言うか・・・。でも先日、「留守番、よろしく。」と軽い気持ちで言ってしまったら、彼女の目からポロポロと涙が溢れそうになって、ビックリした。・・・あ”〜〜、どう考えてもひどい男だぁ、俺って。
 それでもやっぱり、出かけていくんです、俺ってば。(カエちゃん、ちょっとの間、待っていてください。)それは、夢を追いかけるとかそういうことじゃぁなくて、今はそうやって生きるのが、現実の自分(自分の現実)だと思うから。

 F原くん、今同じ質問を尋ねられたら、俺はこう答えるよ。「山も恋人も、どっちも大事。」同じようにどっちも、じゃぁなくて、それはやっぱり、比べられないよ。俺は欲張りだから、どっちも大切で、失いたくはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.08

AKU三兄弟。

aku新しい山靴を、また買っちゃった。たいてい石井スポーツで物色するので、たいていAKUの靴を買っている。
写真の、左のが今日買ってきた新しいやつ。値段も高い方じゃないので、まぁ、弟分ってとこか。履き心地が柔らかくて、気に入った。
真ん中のは、冬用にと思って買ったんだけれど、年中履くようになって、ビブラムソールのブロックも磨り減り、この間、早池峰の木道で転けるハメに。(AKUって、ソールだけ張り替えてもらえるのかな?)
それから右のは、まだ新しい、冬用のAKU。一番高いやつだから、兄貴分ってとこかな。
新しいやつは、今シーズンで履き潰すくらいのつもりで(?!)歩きまくるんだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.07

富士山。

6日の夕方から、さっこさんと、それから彼女の友達のミナちゃんとで、富士山に登りに行って来たよ。
ルートは、河口湖口から。富士スバルラインはマイカー規制中ということで、北麓公園に車を停め、そこからバスに乗って五合目まで行った。(バス料金は往復で1600円。)
 続きは、長くなってしまったので下で報告します。
 動画を編集してみました! 8/8

続きを読む "富士山。"

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2005.08.04

記念日。

花を買ってきて、玄関と、部屋と、それから仏壇(なんて物はないのだけれど、とりあえず母さんの位牌は置いてあるので。)の前に飾ってみた。
昼過ぎから気合いを入れて、カレーを作る。夏だから、夏カレー。茄子とトマトとセロリと挽肉の、夏野菜カレーを作ってみた。
暑中見舞いの葉書を出す。槍・穂高の50円切手は、使ってしまった。
引っ越しの手伝いをする。暑いねぇ。暑い暑い。

今日から、新しい生活が始まる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.03

21世紀最高のロック・アルバム?!

恒例の(?)、CDのまとめ買い。
と言っても、お金もあまり無いから、衝動買いはしないつもり、だった・・・。スキマスイッチは、期待していた程でもなかった(泣)。曽我部恵一も、前作が素晴らしかっただけに、トーンダウンか。
民生ちゃんのミニアルバムは、いい。民生はこれでいい。
それから一枚だけ洋楽を。「全ての生命を肯定する圧倒的なスケール 衝撃と理性が完璧に融合した21世紀最高のロック・アルバム」と書いてあったので、つい、手が伸びた、COLDPLAYのニュー・アルバム。なに言ってんだか・・・と思いつつも、試聴もせずに即買いだ。
・・・・。いいかも、かも。21世紀最高っちゅうのは、アレだけれど、聴く価値は、あるねぇ。うん。
coldplay

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.02

目指せ、富士山!!

ということで、週末に卒業生の女の子を誘って、富士山に登ってこようと計画中。(週末はメチャ、混むだろうなぁ・・・)
で、今日はその子(今はぴちぴちの女子大生!)と、打ち合わせという名目で飲んできました。うしし。
あ、どんな子か気になる方は、以前一緒に高川山という山を登った時の写真が、カテゴリーの「お出かけ・旅・山」のはじめの方にあるので、チェックしてください? (あの時から、一応、目指せ富士山!だったんだよなぁ。・・・。)
富士山、登れるかどうか、はっきり言って、不安ですっ!
がんばってよ、さっこさん!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.01

8月だぁ〜!

暑くて、夏らしくて、いい感じだけれど
まだ特に、生活に変化はなし。
まだね。・・・・。
けれどジワジワと、準備は進行中。
・・・ワクワクしてるんだ。
新しい生活が、始まる!

夕方、夕焼けが綺麗だったぁ〜!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »