« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

2005.07.28

If It Makes You Happy

岩手から、帰ってきました。9時間、一人で車を走らせるんだけれど、とりあえずランスのツール7連覇を祝して、SHERYL CROW を聴きながら走ったよ。
東京に帰ると、あっついなぁ・・・。(もちろん)全国的に土用の丑の日だ。
てなわけで、鰻を買って、待ってる人の家へ行ってきた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.24

今日は早池峰の日。

暑くもなく、寒くもなく、山登りにはいい天気だった。
早池峰山に、また登ってきたよ。今日は、たくさんの花たちと出会った。ハヤチネウスユキソウ、こんなに咲いてて、いいの?ってくらい咲いてたよ。
そうして下山時は、お土産(今回は10kg運んだぁ。)のお持ち帰り。
今回ものんびり登山で、がらにもなく花の写真をパシャパシャ撮りながら歩いた。早池峰山ってやっぱり、花の山なんだなぁと思ったよ。

hayachine16
こちらは、コバイケイソウの群落。今年は、あたり年とか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.23

雨が上がって、

夜、空を見上げたら月が出てたよ。
昨日、「満月が見えるよ。」って教えてもらったのに、雨が降ってて見られませんでした。ごめんなさい。
今日の月は、十六夜の月。
ねえ、今、何してるのかな。・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.16

夏祭り。

以前勤めていた養護学校で、夏祭りの行事があった。学校の行事、と言うよりも、卒業生や父兄の方々、子供たちを支えるいろいろな団体の方達が、学校の駐車場に様々な店を出す縁日だ。なので、こういう企画をしなくなってしまう学校もあるみたい。(面倒な行事はどんどん廃止されていくという現実。)でも、ず〜っと続いて欲しいと思うよ、やっぱり。
さて、今回俺は、バンダナ先生の「地球冒険学校」の出店した焼鳥屋の手伝いをすることに。2時頃からボチボチ支度を初めて、とにかくせっせと、焼き鳥を焼きまくったぁ! 6時半に夏祭りが終わるまでに、用意した700本の焼き鳥はほぼ完売。いやぁ〜、暑かったっす! でも、たくさんビールの差し入れをいただきました。ごちそうさま。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.14

買い物。

昨日、街へ出かけたついでに、久しぶりに山用具などを買ってきたよ。
一つは、イワタニプリムスの小さい方のランタン。以前山で落としてなくしちゃったやつと同じモデルだ。こいつは、自動点火装置が付いてるけど。(2代目だから、進化したってことか。)それと、モンベルの夏用のシュラフ。横に伸びるやつ。(シュラフもなくしてるんだよねぇ〜・・・・。)横に伸びるシュラフは、前から欲しかったんだ。
それから、きむっちがデジカメを買ったことに触発されて、って訳じゃぁないけれど、新しいデジカメも買っちゃった。リコーの、広角も撮れるやつ。誰か持ってて、これいいよって言ってたなぁ・・・。(カズオ?)
散財しちゃったよ。・・・・。いいのか?俺。いいのか!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.13

ドゴン族を見たぁ!

20050717

 ちょっと前の新聞記事に、世田谷パブリックシアターというところで「ドゴン族の仮面舞踊」が見られる、ということが書いてあった。ドゴン族って、何だ?
ドゴン族という民族は、西アフリカはマリにあるバンディアガラという断崖(ユネスコ世界遺産にも登録だとか。)に住む、数あるアフリカの民族の中でも極めてその特異な伝統や風習を大切に継承し続けている民族だそうだ。で、そんな彼らが日本に? どうやら、第21回<東京の夏>音楽祭2005というイベントの一環らしい。当日券のみ、と書いてあった。・・・・・
というわけで、当日券を求めて並び、見てきましたよ、ドゴン族! なかなか、おもしろかった。・・・・ただね、この公演は、マリを代表するミュージシャンのソリ・バンバという人が、ドゴン族の舞踊団を率いている形で、ソリ・バンバ自身はドゴン族じゃぁないんだなぁ。・・・そういう感じの、ショーだった。わかる? 楽しめたけれど何か物足りなかったのは、青空の下じゃぁなかったせいかもしれないな。(アンボセリのマサイ村で歓迎のダンスを見た時や、藤原の郷の広場で鹿踊りを見た時の感激と興奮を、ちょっと思い出したりもした。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.07.12

大嫌いだけど、大好きだった。

フモフモ編集長のところで、「こんなにさらっとスルーされてしまうようではこの競技の将来に大きな不安を抱いてしまいます。」とあったので、やっぱり書いておこう。
プロレスラー橋本真也が、11日午前、脳幹出血のために急死した。まだ、40歳だったとか。・・・・。
しばらく、プロレスから離れていたんだよね。いったい彼に何があったのかは、今となっては知るべくもないけれど、リングの上で暴れていた姿がまだ、思い浮かぶだけに、いったいどうしちゃったの?という気持ちが込み上げてくる。だって俺、プロレスファンだから。あの頃のプロレスは、おもしろかったよねぇ・・・。

お〜い、橋本! 何してる?!! ・・・・。大嫌いだけど、大好きだったんだよぉ! ありがとう!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.07.10

幸せってなんだろうね。

って、そう君は俺に尋ねるけれど、なんて言うか、
そんなに難しいことじゃぁないよ。きっと。
・・・・。
ただ、こんなに混沌とした世界の中に生きていて、みんなを幸せにしてあげることは、なかなか出来ないかもしれないね。それが悲しくて、俺は泣いてしまう。
一緒に、泣いてくれる?

価値観の同じ人と、同じ場所に出かけて同じ景色を眺め、なんだか素敵だねって言えること。

そういうのって幸せかもしれないよって、山で出会ったご夫婦に教えられたんでしょ?
じゃ、ザックにお弁当詰めようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.04

旅行。

ちょっと、岩手に行って来ます。山に登れたら、いいなぁ・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.07.02

始まりの日。

金曜から土曜にかけて、自分のこれからの生き方に関係する、ちょっとしたことを決めた。ちょっとしたこと・・・。でも、大きな一歩、かな。どうなるんだろうと不安なこともあるけれど、一人じゃないからって、思う。
親しい友人に報告して、励まされた。F原君、みなさん、ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.01

川崎 「HIMALAYA」 (ネパール料理)

 美ヶ原のヒルクライムレースでお世話になったNさん、(この呼び方はなんかなじまないから、カエちゃん、でいい?)を、そのお返しに、というつもりで食事に誘ってみた。(と言うのはちょっと嘘だけど・・・。)実は、カエちゃんとのアジア系レストラン巡りは、これで3軒目。なのだが、その度に、出された料理の撮影に失敗したりして、レポは作れないでいたのだった。「今度はちゃんと写真撮ってくださいよ。」と、カエちゃんに念を押されての、いざ出陣!であった。

Nepali

 川崎の、ネパール料理の店「ヒマラヤ」へ行くことに。川崎市役所のはす向かいにある、パレール川崎というビルの1階に、お店はあった。(ちょっと探しちゃった。)ネパール通のカエちゃんでも、このお店は初めてだとか。
 さて、ご注文は・・・と。ちょこちょこたくさん頼むより、コースにしちゃった方が安いんじゃない?ってことで、ネパーリコース(¥2500)を注文した。そしてとりあえずは生ビールもと。

Nepali01

 まず運ばれてきたのは、サラダ。そして、コースだから、スープも付いてるよ。これは、何スープ?・・・・。おしゃれで(?)、ネパール料理という感じがしないねぇ。ネパールのトレッキングでは、毎日「ダル・バート」という三点盛りのプレート定食だった覚えがある・・・・。(「ダル」は豆のスープ。「バート」は炊いたご飯。それに「タルカリー」という野菜のおかずが付く。)昼食でも、ロッジでこのダル・バートを注文しちゃうと、ご飯を炊くのに案外時間がかかっちゃうんだよねぇ。

Nepali02

 お次は何? これは、チキン・ティッカ。タンドール(釜)で焼いたチキンなのだから、タンドール・チキンでは?と言えなくはないけれど、タンドール・チキンの方は「骨付き」のもも肉なのでした。(そっちの方がちょっと値段高め。)でも、このチキン・ティッカも、柔らかくておいしかったよ。ヨーグルトとスパイスとで、味付けしてあるとか。こういう料理は、ビールがすすむねぇ〜。

Nepali03

 続いて、おっ、モモが来た。これはまぁ、言ってみれば蒸し餃子です。たぶん、ネパールの人達が、モモをしょっちゅう食べているということは、ないとは思うんだけれど。うん。これってやっぱり、餃子だもん、チベット系の料理と言ったらいいのかな。家では自分でモモを作るというカエちゃんは、ネパールのBC巡りをしていた時には、どんなものを食べていたの? へ? 1ヶ月くらいの間、ジャガイモばかりを食べていたこともあるの?・・・・。そ、そうですか。

Nepali04

 その後、タンドリーものがもういっちょう。キング・ブラウン、海老です。海老は美味いよねぇ〜。でも、キング、のわりには小さいかなぁ。と思っていたけれど、ボチボチお腹もいっぱいになってくるんだよねぇ。何か、忘れてない?・・・・。そうそう、カレー! カレーが、まだ2皿も運ばれてくるんだよ。それならさらに飲み物も追加だ! てなわけで、なぜかチリ産の赤ワインを選んだのだった。なぜ、チリかって? だって、置いてあるんだもん。なんで置いてあるんだ?

Nepali05

 さて、カレーだ。2皿は余計だからって、注文の時に何か他のものに代えられないかと聞いてみたんだけれど、「当店のお薦めですから」と言われてたんだ。チキン・カレーと、アル・タマ・カレー(左)。アル・タマってのは、筍らしい。なるほど、なかなかおいしいよ。しかもしっかり辛くて、おいしい。ところが、カエちゃんは平気で、俺よりも辛い「激辛」で注文してたよね。・・・・。大丈夫? 凄いね。

 カエちゃんは今度いつ、ネパールへ行くの? ・・・・。ふ〜ん。ヒマヒマだし、俺も一緒に行きたいなぁ。え?! シェルパの友達たくさんいるから、もし山に登りたいなら、紹介してくれるって?! ・・・8000m峰かぁ・・・。夢みたいだけれどね。近づけるのかなぁ。・・・。
 カエちゃん、次は一緒に山に登りに行こう! これからもどうぞよろしくです。

Nepali06

ネパールインド料理店「HIMALAYA」
JR川崎駅から市役所通り、徒歩7分。
パレール川崎1F
電話 044-246-7673

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »