« 海を飛ぶ夢 | トップページ | オランウータンさん談。 »

2005.04.23

「地球冒険学校」総会。

土曜日は、「地球冒険学校」ってのの総会があって、それに出席してきたんだ。正しくは、「地球冒険学校」設立準備会、の総会で、冒険学校も2年目を迎えたということで、今回の規約改正で「設立」の文字がとれて、まずは「地球冒険学校」準備会、へとステップアップをした(名前だけね。)。一応、この4月から、冒険学校「世話人」のメンバーの中に、俺も名前を連ねることとなったのだけれど、代表のbandana先生曰く、「世話人というのは、世話をする人という意味もありますが、世話をされる人の場合もありますから。」とのこと。なるほど。お世話をしたり、逆に世話をかけたりするのも、ためらっちゃダメなんだよというお話しであった。
この冒険学校、僕らの夢はもちろん「学校法人化」なのだけれど、そんなの、まだまだ遠い先の話だ。でもそのために、今はいろいろなイベントを企画して、たくさん遊んでおくんです。小さな団体だから、実績作りのために。(代表、談。)ただ俺は、今年の夏は個人的に計画していることがあるから、冒険学校の企画にはなかなか参加出来ないなぁ。(学校の方の企画には、「障害児者とともにグアム・キャンプ」とか、「御蔵島へ〜イルカとスイム」とかがあるよ。)
あ、そうそう、夜の懇親会で、事務局のH間さんと話していた時、なんと彼女は、あの石川直樹君と親戚だということを知った。あまり冒険とは縁のない、普通のおばさん(失礼。)のH間さんは、「石川直樹って甥っ子なんだけれど、知ってる?」と尋ねてきたのだった。マジっすか。知らないわけないじゃないですか! 今度、サインをもらってきてください。って、違ぁ〜う。石川君の講演とかも、冒険学校で企画出来ないかなぁ・・・。
とりあえず、今年度の企画第一弾としては、6月25日に、親睦デイキャンプというのを、都立小山内裏公園ってとこでやるみたいです。(私は行けませんが。) 下に、「地球冒険学校」設立趣旨ってのを引用しておきました。設立趣旨に賛同されるという方は、ぜひ私にご連絡下さい。

趣旨:「このままで良いのか?」・・・今、子どもたち、学校、家庭、日本の社会を見ていてそう感じる。青少年の犯罪、学校の競争主義、学級崩壊、不登校、ひきこもり、児童虐待、、、。
 取り戻したい───人間本来の姿を、人と人とのぬくもりある関係を、暖かく厳しい家庭を、自由な遊びの空間を、澄み切った青空と満天の星空を、奥深い緑の森を。
 今こそつくりたい───のびやかな感性としなやかな知性を育てる学校、枠にとらわれない自由な学校を。
 私たちは、教育・福祉・文化・子育て・地域・自然などさまざまな分野での経験をいかし、互いに情報交換をしながら、「地球冒険学校」の設立をめざす。そして次代を担う青少年とともに、日本国内や海外で積極的な野外活動を行い、ひろい視野とたくましい生活力を身につけながら、人間本来のあり方と明日の社会について語りあいたい。

|

« 海を飛ぶ夢 | トップページ | オランウータンさん談。 »

地球冒険学校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29037/3844740

この記事へのトラックバック一覧です: 「地球冒険学校」総会。:

« 海を飛ぶ夢 | トップページ | オランウータンさん談。 »