« 朝食考。 | トップページ | 世界の涯てに »

2005.03.03

運命を分けたザイル

touching-the-voidしまった、また日付が替わってしまった。
1日(火)は映画の日だったので、自分も話題のあの、「運命を分けたザイル」を観に出かけてきた。
映画については賛否両論(ドキュメンタリーの切り口とか、後半の冗長な感じとか。)あるようだが、まぁ概ね「山屋は観るべきか。」という意見が多いのかな。そこで、自分の感想だけど、1000円で観られる日だったので、可もなく不可もなくってところかな。6300mのペルー・アンデスが舞台ということで、つい先日まで出かけていた場所(に近いという訳じゃないけれど)を連想してしまって、とってもワクワクドキドキさせてもらえた。

結局、ザイルを切ったことは結果オーライなんだけれど、運命を分けたのはザイル(を切ったこと)なのだろうか?とも思ったかな。邦題の付け方が、いかにも「山を知らない皆さんもいらっしゃい。」って感じだよねぇ。 どうせ死ぬにしてもこんな所じゃ嫌だ、という姿勢は、前のめりになって倒れるんだという気持ちに通じていて、感銘を受けた。原作本も、読んでみなくちゃね。

|

« 朝食考。 | トップページ | 世界の涯てに »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

いやん(汗)
食いもんばっかですみませぬ。

いや、ね。
みんながあまりにも絶賛するんで
あまり書けないんですよお。
私個人としてはそんなに感動するほどでもなくて。
淡々と話が進んでいった感じ。
本の方が面白かったなぁ、と。
私、本読んだり、TVや映画観ても
泣かない鉄のような心を持った冷たい人なんです。

追伸
ココログの投稿日は自由に変更出来ます。

投稿: えび@会社 | 2005.03.03 12:18

>運命を分けたのはザイルなのだろうか?
これは私も思いました。
実は体調不良ということもあり、後半はお尻も痛くなって、じりじりと終わりを待つかんじになってしまいました。どうしてもNHK教育テレビを見ているような感覚がぬぐえなかったし。

山関係は見ておくかなくちゃ、と義務感で観に行ったのがよくなかったかなぁ。すばらしく感動できると思っていたので、気持ち的にはちょっとがっかり。
観に行ってない人には申し訳ないコメントかな、景色の映像はよかったですよね!

投稿: ゴディー | 2005.03.03 13:44

個人的には、あくまでもドキュメンタリーとしての
作りに徹し、変に脚色したり感動や涙を強引に誘う
雰囲気がなかったので良かったと思います。
映画を観終わったあとはぐったり疲れてしまった
のでかなり感情移入していたようです。
自分があのような絶体絶命の状況におかれた場合、
あそこまでがんばれるかどうか疑問です。

投稿: ケイ | 2005.03.04 08:07

>えびっち。
監督も、後半が冗長だとか、大きな感動はないとかって書いてたよ。(さすが監督。)
俺ってば、御存知のようにしょっちゅう泣いちゃう人間なんだけれど、確かにこの映画じゃぁ泣けないね。
でも、ケイさんの言うとおり、自分のことと重ね合わせて手に汗握ったことは確かでした。

>ゴディー。
だよねぇ〜。いっそ日本版では、ジョーを悩ませた歌をエグザイルの歌にして、題は「運命を分けたエグザイル」にすればよかったのにね。

>ケイさん。
ん〜、ケイさんなら頑張れますよ。待っている人がいるって言うのは、とっても大きなことですから。 

投稿: 山ヤ | 2005.03.04 15:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29037/3149645

この記事へのトラックバック一覧です: 運命を分けたザイル:

» 運命・・・。 [ぼちぼちいこか。]
「運命を分けたザイル」観てきました。 客 [続きを読む]

受信: 2005.03.04 00:44

» タフになれ!(映画・運命を分けたザイル) [よくよくまぁここまで・・・ようこそ青の洞窟へ。]
1ヶ月半ぐらいぶりに、完全なお休み。ふぅ。マラソンランナー給水所通過、みたいな嬉しい1日。 足取り軽く、中野駅前にでたら、献血車が止まっていた。注射される... [続きを読む]

受信: 2005.03.05 00:10

« 朝食考。 | トップページ | 世界の涯てに »