« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

2005.03.23

タイマグラばあちゃん

Taimagura

 岩手県は早池峰山の麓に「タイマグラ」(アイヌ語で「森の奧へと続く道」の意。)と呼ばれる開拓村がある。戦後十軒ほどの農家が入植したが、やがて、向田久米蔵・マサヨさんの夫婦二人だけがそこに暮らすこととなった。この映画は、NHKの番組のディレクターであった澄川嘉彦監督が、番組の後も15年間に渡って、タイマグラで生活する自称「タイマグラ婆」向田マサヨさんの日常を追った、記録映画である。
 フィルムを、あちこちの劇場へ貸し出しているせいか(?)、音声は少々、聞き取りにくい場面もあったが、掛け値なしの真実のドラマが、そこにはあった。「百姓に暇な日なんてない」と言いながら、ニコニコと笑うばあちゃんを見ていると、物に溢れて豊かな生活をしている自分たちの幸せとはいったいなんだろうと思ってしまった。
 最後はちょっぴり悲しいけれど、ばあちゃんのミームは次の世代に受け継がれているということに、感動せずにはいられなかった。
「ポレポレ東中野」という映画館で、~4/8まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.22

卒業式。

昨年度まで勤めていた養護学校で、ちょっと長いこと関わったことのある学年の生徒達の、卒業式があった。(それでも彼らが高等部2年の時までしか知らないわけで、卒業生となった彼らは、ちょっと立派な大人に見えた。)養護学校の高等部の卒業式というと、保護者の方々の想いもひとしおで、なかなか感動的な卒業式だった。
これから、学校を巣立ってからが、本当の人生かもしれないね。応援してるから、頑張ってね!
ところで、夕方からはちょこっと出かけて、自分も真剣に、これからの人生(や色んなこと?)を、考えてみたりしたのでした・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.20

CMで。

テレビを見ていて、NTTドコモの企業広告CMが流れてた。
ビジネスマン然とした二人の男女が何やら商談中。女性の方が、「明日までに96年シャトーラタイユ50ケースなんて無理よね。すぐ戻ります。」と商談を中座する。それを聞いた男性の方は、さっそくケータイを駆使してあちこちに手配する。彼女が席に戻った時には、「シャトーラタイユ、あと15分でこちらに着きます。」そのあと、「NTTドコモは、愛・地球博に協賛しています」のメッセージが。・・・・。
バカじゃないの?と思った。でも、こういうのこそ「豊かさ」だと思うんだろうね。あるいは間違いないのかもしれないけど。
自分で確かめに行ったり、自分の足でそこまで出かけたり会いに行くこととかって、大切なことじゃないのかなぁ? いつでも誰とでも簡単に繋がることって、そんなに大事なことなのかなぁ? ・・・・。
なぁ〜んて言ってる自分も、実はブロードバンドを、光にしようかと検討中。なんじゃそれ。でもさ、「キャンペンガールが超〜きれい。」って、あれはいいよね〜。(結局、それかよ!!)

追伸。サントリーのなっちゃんに、田中麗奈が帰ってきてる! 個人的には星井七瀬を育てて欲しかったところだけれど、なっちゃんはやっぱり、田中麗奈か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.16

卒業式で。

定時制高校で3年間、国語を教えていたS君(S君は中国籍で、取り出し授業だったので、マンツーマンの授業だった。)の卒業式が16日にあったので、久しぶりに学校へ行き出席してきた。学校の先生方とも、ほぼ1年ぶりだった。自分にはなんと、来賓の席を用意していただいた。
「平井ちゃん、紹介の時の肩書き何にする?」卒業式で司会進行を勤めるN先生にそう聞かれて、(N先生からはいつも、
「平井ちゃん」と呼ばれていた。)う〜ん、今は無職なんですが、強いて言うなら登山家でしょうか、などと答えると「じゃそれでいこうか。」と、本番では「登山家の、平井〜」と紹介されてしまったのだった。(N先生、あとで職員会議なんかで問題になったりしませんよね・・・。)まぁ、定時制だから、小さな卒業式と言えばそうなんだけれどね。
さてS君、卒業おめでとう。しかし本当に、よく卒業できたね。(マジ、心配したよ・・・。)これからは社会に出て行くんだね。カナダでも日本でも、そしてもちろん香港でも、生活したことのある君のことだから、世界を視野に入れた、大きな人になって欲しいな。とりあえず、君の故郷の香港へ、一緒に遊びに行きたいよ。
そんなことが実現できたら、嬉しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.10

新譜、続々。

CDの新譜の発売日というのは、重なるよね。あれって、それぞれのレコード会社が、わざと同じ日に当ててやってるの? それとも、流通の都合上、そうなってしまうものなの?
とにかく、3月9日は、aikoとか、remioromenとか、その他にも誰か新譜を発表していたかもしれないな。とりあえず、さっそくその二人の新譜は買っといた。
あ、あと、STEREOPHONICS もね。
岩手に移動するので、新しいCDを聴きながら走るんだ。買いそびれていたゴーイングとスピッツも手に入れたし、秋に出ていたという、マーク・ノップラーの新譜も見つけたし、楽しみ楽しみ。
えびちゃん、「ether」なかなか、いいよ。
aikostereophonics

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.03.09

確定申告。

自分は昨年中に退職しているので、この春は所得税の確定申告をしなければならない。そのために、市役所を何度も行ったり来たりした。というのも、揃えておかなければいけない書類が足りなかったり、自分で作成した書類が間違っていたりしたからだ。(パソコンから国税庁のHPにアクセスすると、一応自分でサクサクと申告書が作れるようになっているのだけれど、失敗して、2度作り直した。)しかしそのおかげで、6万円近い、還付がありそうだ。うしし。(本当は、岩手で受けた整形外科治療の領収書なんかもとっておけば、6万超だったのに、あの時は、こんなのいらないやと思って捨ててしまっていた。くぅ〜。)
048_1でも、6万近くといえば、ちょっとした額でしょ。さて、何に使おうかな。欲しいもの、欲しいものと、・・・。あ、やっぱり、9000mまで計れるトーメンの高度計が欲しいなぁ〜。欲しいけど、欲しいけど、・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.08

発見。

などと下らないことを自分がダラダラと書いているうちに、なんと潤平さんがブログを始めていることに気が付いた。その名も「食い倒れ放浪記」。どうやら、おいしいものいっぱいのブログらしい。今日は、ラーメンの写真が出ていて、目が覚めた。(寝てたのかよっ。・・・寝てました。)
というわけで、夜中だけれど、カップラーメンなんぞを作ってしまうのであった。じゅ、潤平さんっ!(のせい。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

つ〜か、

「考」じゃないよね。考察のひとかけらもないし。ダラダラと、思いつくままに書き込んだだけ。というのも、一人で飲んでたんですねぇ。今日は、しまほっけを買ってきたので、ビールを飲んでるの。(実は、最近は毎日飲まなくなっちゃったんだなぁ。経済的理由で・・・。)
ちなみに言うなら、白石美帆のファンクラブ会員は、年会費を払っていなかったので(微々たるものなのだけれど、経済的理由で?)登録終了してしまいました。会員番号48番だったのに。・・・いいんだ。卒業ってことで。
この、「ちなみに」の使い方も間違ってる?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アイドル考。

夕方、テレビの再放送で「愛していると言ってくれ」をやっている。あ〜、生徒が続きを気にしていたっけなぁとか思いつつ、懐かしく見てしまった。もう10年前のTVドラマなんだね。と、そこに、ん〜?、豊川悦司の妹役で出演しているこの子は、矢田亜希子じゃぁあ〜りませんかぁ。若いねぇ。眉毛が凛々しくて、素敵だった。(それにしても、常盤貴子は最近見かけないなぁ。・・・)
ところで、本仮屋ユイカって、知ってる? つ〜か、読み方さえわからないんだけれど。きっと、ブレイクするよ。(ホントかよ?)「スウィングガールズ」にも出ていた子らしいけれど、4月からは、朝の顔になるらしい。(思えば、竹内結子も朝ドラのヒロインだったんだよねぇ。でも、その頃は仕事してたから、ほとんど見てなかったなぁ。)
そんなことにしか興味はないのか・・・。
そういうことも、大事なんだよ。・・・たぶん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.06

世界の涯てに

sekainohateniほとんど一日、家にこもってゴロゴロしていた。(燃え尽き症候群か?)
先日、街へ買い物に出かけた時に、あっと思って衝動買いしたDVDがあったので、それを見て過ごした。金城武、ケリー・チャン出演の香港映画、「世界の涯てに」だ。
ストーリーは覚えていたつもりでも細かいところはほとんど忘れていて、なんだかとっても新鮮で、昔の恋人に出会ったような(?)、そんな感覚で画面を眺めていた・・・。初見の時は、もう少し感動したかもしれないけれど、そんな印象も昔の恋人っぽいかな。でも、懐かしいというか、淡いっていうか、・・・映画の主題の一つには、「死」というものがあるのだけれど、清々しい心になれる映画だったよ。
やっぱり、スコットランドに行ってみたいなぁって、思うんだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.03

運命を分けたザイル

touching-the-voidしまった、また日付が替わってしまった。
1日(火)は映画の日だったので、自分も話題のあの、「運命を分けたザイル」を観に出かけてきた。
映画については賛否両論(ドキュメンタリーの切り口とか、後半の冗長な感じとか。)あるようだが、まぁ概ね「山屋は観るべきか。」という意見が多いのかな。そこで、自分の感想だけど、1000円で観られる日だったので、可もなく不可もなくってところかな。6300mのペルー・アンデスが舞台ということで、つい先日まで出かけていた場所(に近いという訳じゃないけれど)を連想してしまって、とってもワクワクドキドキさせてもらえた。

続きを読む "運命を分けたザイル"

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2005.03.01

朝食考。

炊きたての白いご飯がおいしい。日本人に生まれてよかったと、しみじみ思ったり。
納豆がおいしいし、ししゃもがおいしい。(でも、ノルウェー産って書いてあるけれどさ。)最近のマイブームはししゃもだね。
日本人が米を主食にしたことは、ほんと素晴らしいことだと思うよ、うん。そうして、自宅で楽に米が炊けるように、家庭用炊飯器をどんどん進化させていったことも、考えてみればすごいことかもね。パンを主食とする国では、どれだけの家庭で毎朝自宅でパンを焼いているのかな。自宅で焼かない代わりに、パン屋さんが発展したということなのだろうけれど。日本で、純粋な「ご飯屋さん」(ご飯だけを売る店ってこと。)ってのはあんまりないよね。ただ、自宅でご飯を炊かなくなったせいなのか、弁当屋は増えたような気はするけれど。
アルゼンチンでは、肉ばかり食べていた。牛肉とか、めちゃ安いんだよ。おいしいパンってのには、出会えなかったな。嗜好の問題か。ラーメン、うどん、蕎麦なんてのももちろんなくて、帰って来られて、本当に良かったと思う今日この頃。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »