« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004年10月

2004.10.29

蕎麦行脚。その2。

今日はね、仕事帰りのJさんと待ち合わせて、恵比寿の「なゝ樹」という戸隠蕎麦の食べられる蕎麦屋へ行って来たよ。いやぁ〜〜、話が弾んで、けっこう飲んでしまったぁ。蕎麦は、太くてしっかりした蕎麦でした。飲んでいるので、ここまでだぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.27

祈りにも似た想い。

なんだか心が落ち着かないね。
地震で避難生活を余儀なくされている皆さん、どうか頑張ってください。
台風の被害にあった町の方々も、なんとか今を乗り越えられますように・・・。
娘さんの病気のことで、大切な友人が今、頑張っている。
自分は、そうして人間は、本当にちっぽけだなぁと思う。
それでも僕らは、いまを生きる。きっと、明日があるからと思って。
あぁまた新しいニュースで、イラクでは日本の青年が人質になったと伝えている。
・・・。(彼もなんとか助かるといいのだけれど。)

さてと。俺は、なくした物を探しにでも行くとしよう。
たぶん見つからないだろうけれど、
諦めるために(はじめるために)出かけなくちゃ、ということもあるんだな。

追伸。
土砂崩れの現場で見つかった車から、今、子供が救出されたよ!(p.m2:40頃)
神様・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.10.17

蕎麦行脚。その1。

ちょっと蕎麦を食べに、高尾山まで。
いい天気だったねぇ〜。たまっていた洗濯物を片付けられて、チョー御機嫌。NYヤンキースのゴジラも大活躍で、チョー御機嫌。天気がいいと、どうやら足の調子もよく、会いたかった人と「蕎麦屋の前で。」と約束して、出発だぁ。
一号路を黙々と登って一汗かいた後、リフトに乗って下ってみた。リフトは初体験。展望よくておもしろかったぁ。
そして麓の、えびっちお薦めの高橋家へ。さすがに日曜日だから混んでるね。(実は先週も来てたりして。けど、もう少し遅い時間だったし、なにしろ天気がイマイチだったから、わりと空いてたんだ。)今日は、奮発して天麩羅せいろを頼んだ。前回食べた山菜そばとは、微妙に蕎麦の味が違うのは忙しいからか?などとブツブツ言いながらも、おいしくいただきました。(でもこうなると、全メニュー制覇して食べ比べてみたくなるなぁ。)そうそう、天麩羅は海老、舞茸、シシトウ、の他に、なんだろなと思いながらもかまわず食べていた物があった。「これ、柿だよね。」と一緒に食べていたEちゃんに指摘されて初めて気が付きましたとさ。
Eちゃん、また蕎麦デートしましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2004.10.14

展覧会

あんまりすっきり晴れはしなかったけれど、久しぶりに雨も上がった気がする。
順延に順延を重ねていた姪っ子の幼稚園の運動会がついに(!)、平日の今日になって実現し、ビデオ係となって出動した。(最近の運動会は、「親バカの祭典」と週刊誌に書かれていたけれど、そんな感じはしなかったなぁ。そりゃまぁ、みんな手に手にカメラやビデオを持っていたけれど、それなりに応援していたし。・・・平日だったからかなぁ。)
さてその運動会も昼過ぎに終わってしまったので、近くの美術館まで行って、気になっていた展覧会を見てきたよ。京王線の中吊り広告を見て、ちょっと行ってみたいと思っていたのだけれど、「牛島憲之と昭和前期の絵画〜抽象と具象のあいだ」というものだ。(「最近見たもの・・・」にコメントを書いたので、そちらもどうぞ。)
牛島憲之の作品だけではなく、お気に入りの畦地梅太郎の版画や、東山魁夷の日本画などもあり、つまりあの時代のああいう感じの絵だよ、わかるかなぁ〜・・・。詩情豊かといいますか、(単純な中にも物語があるような。)素晴らしい絵を、見てきたよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

牛島憲之と昭和前期の絵画

Ushijima

 芸術の秋。ということで、久しぶりに展覧会に行ってみた。
 行ったのは、府中市美術館。牛島憲之という画家の1930~40年代の作品を中心に、同時代の作家の作品をあわせて紹介し、戦時体制の中で「リアリズムとモダニズムの間で葛藤した当時の画家たちのヴィジョンを再検証」する企画展(~抽象と具象のあいだ~)をやっていた。時代背景としては、厳しい時代なのに、いやだからこそこういう絵が生まれたのかなぁと、勉強にもなる展覧会だった。
 牛島憲之という人のことは知らなかったけれど、どこか懐かしく、心癒されるやさしい絵を描く人だなぁと感じたよ。(ある部分、スーラの絵を連想させられるものも。)
 府中市美術館は平日だったせいか、ゆっくりじっくり(ほぼ独占状態で)絵を眺めて過ごせました。11月28日までだそうです。わりとお薦め。お近くの方はぜひ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.13

さつまいもの日

今日、10月13日は「さつまいもの日」なんだとか。薩摩芋のことを「十三里」ということも知らなかった。その語源は、「栗(九里)より(四里)うまい十三里」と言うシャレだとか。なので、「十三里半」と呼ぶ地方もあるとか。
薩摩芋、買ってきて食べればよかったなぁ。てか、食べたくなってきたぞ。・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.12

眼鏡

新しいめがねを買ってきたよ。って、まだ作ってもらいに行っただけだから、受け取ってはいないけれど。火曜日には出来るとか。
一番初めの眼鏡は、ジョンレノンに憧れていたから銀縁のまん丸だったんだ。だから余計に掛けるのが恥ずかしくて、学校では絶対にしなかったなぁ。最近の眼鏡は、なんだか四角い横長のものばかりなんだなぁ。
山で眼鏡をなくしたのはこれで3度目。一つは必死で探して、奇跡的に見つけた(!)けれど、一つはあっと言う間に沢に流れていったし(沢登りしている時じゃぁないんだよ。丸太橋から落ちて、いや、橋が落ちて沢に落ちた時!)、今回もしばらく探したけれど、わりと仕方ないやって諦めちゃった。
さて、新しい眼鏡はどんな運命をたどるのか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.11

休日。

な〜んでか、さっぱり晴れないねぇ。朝のうちは雨降ってて、出かけようと思っていたのだけれどためらっちゃったよ。けど、昼過ぎから重い腰を上げて、ちょっと高尾山まで登ってきました。でもガスガスで、足元はツルツルだし・・・。えびっちお薦めの高橋家で蕎麦を食べて帰ってきたよ。
ところで、帰りに乗った南武線が「ちびっこギャラリー号」とかいうイベント列車(?)で、それは、全車両の中吊り広告等に替えて、小学生が描いた「未来の電車」の絵が飾られている列車だった。子供たちの絵、見ていて楽しかったよ。17日まで南武線を走るということだから、みんなも南武線に乗ってみよう!(但し、時刻はよくわかりませ〜ん。本当に見たい方は、調べることが出来るようです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.10

晴れないね

台風は行ってしまったけれど、青空は戻ってこないみたい。寒いし。
それでも、たまってしまった洗濯物を片付けるべく、洗濯したところ。
9日に予定されていた姪っこの運動会が今日に順延されたんだけれど、グランドコンディション不良ということで、今日も中止になった。あんなに張りきっていたのに、かわいそう・・・。
というわけで出かける用事がなくなっちゃった。
と思ってたら、卒業生の子が子供と旦那を(!)連れて、ちょこっと遊びに来たよ。てか、母校の文化祭に来たついでに、寄ってくれたのでした。彼女とは一緒に、富士山や御岳山なんかに登りに行ったことがあるんだ。いつか、子供と一緒に、(まぁ、旦那と一緒でもいいや。)岩手にも遊びに来てね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.05

ちょいと、

寒いじゃないの。マジで。こたつ出したくなっちゃったさ。おでんなんか作っちゃったさ。
水曜から遠足だから、雨やんでくれないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.03

さて、10月。

もう、10月かぁ。10月になって、もう3日かぁ。
今月は、健康を取り戻す月、にしよう。いろいろな意味で。
とか言って、今日も寝坊したよ。まぁ、日曜だし、雨だし。
イチローの、新記録達成にはウルウルしたねぇ。今日も、イチローの応援だぁ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »