« 夏の仕事 | トップページ | 感動を、ありがとう! »

2004.08.29

ドーピングピック。

 日本人選手の大活躍で、大いに湧いたアテネオリンピックだったけれど、報道によれば今大会期間中のドーピング(禁止薬物使用)違反件数は、史上最多の24件だったそうだ。(競技外検査による失格や大会除外処分を含む。)そのうち、3つの金メダルを含む7件でメダルの剥奪があった。陸上男子ハンマー投げのアヌシュ選手は、その繰り上がるメダリストが室伏選手であったために、日本中から注目を浴びたけれど、さて皆さん、ドーピングの問題について、どれだけ身近に感じたことがありますか? 室伏選手もかわいそうだと思う。記録は記録だから金メダルは受け取らない、とも言えないだろうから。
 人間が何かを口にする限り、そして人間に(良い意味でも悪い意味でも)欲がある限り、ドーピングはなくならないと思う。今回の違反者急増の背景には、検査技術の精度の向上もあるとされているけれど、それならばと、また新しい薬が開発され、その薬品がまた新しく禁止薬品に指定される・・・。じゃぁいっそ、もうなんでもありにしちゃったら? メジャーリーグでは、賛否いろいろだろうけれど筋肉増強剤のドーピングで、マグアイアーはホームラン王を手に入れている。
 IOCがなぜドーピングを禁止するのかと言えば、答えは簡単、1つは健康によくないから。(実際に薬を使い過ぎて死ぬ選手もいる。けれど過度の練習で、亡くならなくとも身体を壊す選手はたくさんいる。スポーツは健康を維持し増進するためのものとは、一部のアスリートにとってはただの幻想か?)2つ目の理由。先進国の選手たちは薬物に手を出せるけれど、途上国の選手たちはなかなか手を出せず不公平が生じるから、だそうだ。(でもそれこそ、練習施設や環境の不公平の問題を、まったく棚に上げてしまっている。)
 ちょっと話はそれるけれど、黒鉄ヒロシ氏の漫画に「乙子園」というのがある。甲子園、ならぬ乙子園なのである。おわかりだろうけど、全国の高校野球で、負けた高校同士が対戦し、負け進んで行って(!)全国一弱い高校を決めるとういうギャグマンガだった。そこで、だ。弱い者ではなく、本当に何でもありの強い者を決めるという、ドーピングピックを開催したらどうだろう。みんな、眼球は異様に黄色かったり、女子選手などはあご髭が青々としていたり。でも、優れた筋力と、女子選手ならではの身軽さしなやかさで、跳躍ものでは世界記録連発!(イシンバエワも真っ青!)・・・・。

 ごめんなさい。真摯にスポーツに取り組んでいる皆さん、これからも真っ直ぐ自分と向き合い、自分の可能性を広げていってください。ただ、ドーピングの知識がなかったために、例えばちょっと風邪薬を飲んでしまったせいでドーピング検査に引っかかったということが、過去のオリンピックの舞台でもあったということをお忘れなく。
 繰り返して言うけれど、ドーピング問題というのはこれからもなくならないと思う。あなたが世界の同じ舞台に立って戦うのは、もしかしたらアンフェアな選手なのかも知れない。その時、最後に信じられるのは、自分自身の心なんだね。
 室伏選手は、金メダルを持っていなくても、オリンピアに選ばれたアスリートだと思った。

  真実の母オリンピアよ
  あなたの子供たちが
  競技で勝利を勝ちえた時
  永遠の栄誉を与えよ
  それを証明できるのは
  真実の母オリンピア

|

« 夏の仕事 | トップページ | 感動を、ありがとう! »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29037/42247354

この記事へのトラックバック一覧です: ドーピングピック。:

« 夏の仕事 | トップページ | 感動を、ありがとう! »