« うぉ〜〜〜! | トップページ | おめでとう! 金メダル!! »

2004.08.22

夕日に向かって、走れ。

小さな身体のその人は、大きな夕日に向かって跳ぶようにして走っていた。
暑い日差しと、きつい坂とが、彼女を苦しめるけれど、
彼女はぐんぐんスピードを上げて集団を引き離していく。
彼女には誰も、追いつけない。
やがて、あの背の高い人も、力尽きて立ち止まってしまった。
その人は泣いていた。
優勝候補と言われていた彼女にも、アテネのゴールは遠かったのだ。
「強い人が勝つのではなく、勝った人が強いのだ」と誰かが言った。
小さな身体のあの人は、何を思いながらゴールへ向かっていたのだろう。
走る。走る。ただ、ひたすら。自分の力を、自分の積み重ねてきたことを信じて。
 
彼女の後ろから、ひたひたと迫る人がいる。
がんばれ! ゴールはもう少しだ! がんばれ! 走れ! 走れ!
 
想像を絶する苛酷なレースを制したのは、小さな身体のその人だった。
 
アテナイの勇者は、勝利を告げて事切れたという。
小さな身体のその人は、「幸せです」と言って、くしゃくしゃな笑顔で、泣いた。

|

« うぉ〜〜〜! | トップページ | おめでとう! 金メダル!! »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29037/42247228

この記事へのトラックバック一覧です: 夕日に向かって、走れ。:

« うぉ〜〜〜! | トップページ | おめでとう! 金メダル!! »