« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004年7月

2004.07.26

偉業達成。

日曜日は、いろんなスポーツの熱い戦いがあったみたいだね。どれも、世界最高峰の勝負と言えるのに、テレビ中継はなし。
鈴鹿の8耐(オートバイの世界耐久シリーズ第5戦・鈴鹿8時間耐久ロードレース)は、またしてもホンダ勢の優勝だ。8年連続かぁ。ちきしょう〜。おめでと〜。
サッカーの南米選手権(コパ・アメリカ)は、ブラジルがPK戦でアルゼンチンを破っての優勝だそうだ。やっぱりブラジルかぁ〜って感じ。凄いね。
そして、ツール・ド・フランスの最終ステージも25日に行われ、ランス・アームストロングが、6年連続となる総合優勝を達成したそうだ。おめでとう! これは凄いことだよね。アームストロングは、例えば水泳のマーク・スピッツだとか、陸上のカール・ルイスだとかと同じように、偉大なアスリートとして歴史に名を残すことになるんだろうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.25

いろいろあるけれど、

人生はそう、捨てたもんではないのかもしれない。
よく、わからないけれどね。

 皆様の夏が素敵でありますように。
 いじめられる動物がいなくなる世界になりますように。
 戦争がなくなりますように。

君のそんなことばに出会えるだけで、ちょっと幸せ。
仕事、よかったね。

俺からも、みんなの夏が、素敵な夏でありますように・・・。

p.s.
引用はmikiのブログ(power of flow)からのトラックバックなんだけれど、彼女のブログはココログじゃないから、右の「最近のトラックバック」には載らないことに気がつきました。
p.s.2
って、間違えた。「最近のトラックバック」には、自分がしたトラックバック先が載るんじゃないんだ。誰かがトラックバックしてくれたお知らせで、出てくるんだ。・・・ってことは、その後誰からも引用ないんですねぇ・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

自己責任論

福島県で沢登りに入ったグループが遭難した事故で、23日までに3人が無事保護され、1人は残念ながら遺体で見つかった。4人が入渓した白戸川は、雨が降ると鉄砲水が生じることの多い「怖い川」として地元住民には知られていたとか。・・・ということをニュースで聞いたのか、電話で話をしていた義姉が「だから山に登る人達って嫌なのよね。どれだけ迷惑かけてんだか。あなたも山登りなんてもうやめなさいよ。骨折したって言うだけで、こっちは白髪が増えちゃったんだからね。」と、言ってきた。
ちょ、ちょっと待って下さいよお義姉さん。いったい今回の骨折で、あなたに迷惑をかけましたか? しかもこの骨折と山登りとは全然関係ないじゃないですか。お義姉さんが気に入らないのは、御自身の安穏とした環境を脅かそうとする因子が、身近に(だけど遠巻きにしていられる距離で)存在するという事実であって、それはイラクで人質になった高遠さん達をバッシングして溜飲を下げた(実は卑怯な)一般大衆と一緒なんじゃないですか?!
・・・なんてことを思ってしまった。ちょっと言い過ぎ。ごめんなさい。でもだから、山に出かける時は、こっそり誰にも知られずに、行って帰ってきたいなぁ・・・なんて思ったりもしてしまった。
誰も、山に死にに行くために登りに行くんじゃぁないよ。でも、時には帰れなくなることもある。それは、仕方のないことだと思うんだ。山で死ぬのは、いけないことなのかなぁ・・・。(・・・じゃぁおまえの死体を片付ける人のことを、考えてみろよ、だよね。・・・。)
ちょっといろいろ考えていて、でもやっぱり、野口健さんのWebページで読んだ以下の言葉で、まずは体力作りと準備だなぁと思った。そして説明責任かぁ。俺に足りないのはそこだな。いつも諸先輩方に言われているけれど、HPを作っているのにレポを作らないままでいるのは、登山家としての説明責任を果たしていないことになるかもね。骨折している場合じゃないね。

  昨今、「自己責任」という言葉が独り歩きしている。
 自己責任の名のもとに若者がチャレンジをためらうよう
 な空気を作ってはいけない。何をもって自己責任なのか。
  私は、自己責任とは、自身の決断と結果について、誰
 のせいにもしないということ。そして不測の事態が起こ
 らないように徹底した危機管理を行うということである
 と思う。そしてそれでも万が一、不測の事態に陥った場
 合、それに対する説明責任を果たす必要があるというこ
 とだ。換言すれば自己責任とは人としての尊厳ではなか
 ろうか。これはアルピニストとして、また一人の人間と
 して私が最も大切にしているものである。
http://www.noguchi-ken.com/message/b_num/2004/4_0427_a.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.23

あれこれ。

暑い日が続きますが、しっかり食べて、体調壊さないようにしましょう!
ところで今日は、富士登山競争の日だったはず。ケイさんやゴディーは、どうだったんだろうなぁ・・・。(応援に行けなくてごめんなさい。)
このくそ暑い日本を脱出して、高田さんは24日から海外だとか。どこ行くんだろう。いいないいなぁ〜。
海外と言えば、海外からのニュースも入ってきた。マッターホルンを目指していたNiizawaさんとSakuraiさんからの報告だ。「マッターホルンは積雪が多すぎて、残念ながら・・・」ということだけれど、お疲れさまです! お帰りになったら、お話しおうかがいしたいなぁ・・・。
それからそれから、海外からもう一つメールが来たよ。Yちゃんからだった。ヨセミテから南下して、マリポサグローブとかいう所へ行って来たとか。セコイアの森の写真も、ハーフ・ドームの写真も送ってくれたのだけれど、一番いいなと思ったのは下の写真。彼女曰く、「“X−ファイル”に出てきそうな道」だって。なるほどね。
P1010929.JPG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.20

なんですと!

暑中お見舞い申し上げます!
東京では、40℃ですか! もの凄いですね。上京したくないなぁ、真剣に。
こちら、なめとこ山では、なぜか紫陽花と秋桜と、同時に咲いちゃってます。(下の写真は、いちおうかっこう付いてきた花壇。奧の向日葵がかなり、背が高くなりました。)
DSC_04_7_20.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.07.17

いろいろ。

東北地方も、今日はずっと、すごい雨だったぁ。今になって、梅雨が自分の仕事を思い出した感じだよね。
ちょっとした病気で入院していた叔母さん(近くに住んでいるから何かとお世話になっている。)が、ようやく退院してきて、それに親父も東京から帰ってきたので、今日のお昼は三人でなんだか賑やかに(家族のように?)して食べた。
先日、整形外科に行った時に、「痛くないからってまだ踵を付けちゃダメだ。」とは言われたものの、なにしろ車が使えないと不便で、ごまかしながら運転している。(その日もさすがに、「車で来たんです。」とは言えなかった・・・。)しかし問題は踵よりも足首の下の骨のようで、ポキッと折れているそちらがくっつくのは、いつになることやら・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.16

一人になりたい気分・・・。

あ〜あ。今日(もう昨日だけれど)は、ちょっとした事件があって、落ち込んじゃった。・・・。一人になりたい気分。・・・て、一人なのに。だから、もっともっと、山のてっぺんとか深い森の中とかで、本当に一人になりたいな。・・・本当に一人に、なりたいの、かな。・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.07.14

栃東がいい。

雨で、外に出られない退屈な一日だった。メジャーリーグではオールスター戦があったね。松井の空振りは、気持ち良かったよ。
「森の死神」という本を読んでる。推理小説。なかなかおもしろい。
今日の相撲、朝青龍が栃東に負けた。と言うより、栃東が、本当にうまくとって勝ったね。素晴らしかった。勝ちたいという気持ちも感じられたし、諦めないことの大切さを学んだよ。頑張れ、栃東。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.13

梅雨明け宣言、撤回宣言。

暑中お見舞い申し上げます。
東京は、暑いみたいですねぇ〜。それから、豪雨で被害のあった地方の方々にも、お見舞い申し上げます。
しっかし、こちらなめとこ山は、マジ涼しいっす。今日は一日中雨で、寒いくらいだった。(半袖ではいられない。)こっちの梅雨明けは、もう少し先になりそう。こっちだけ本当に寒い夏になったりして・・・。そしたら、火山局に電話して・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.12

梅雨明け宣言

雷とともにザーッと雨が降って、今週の週間天気予報には雨の気配はなし。こりゃ、梅雨明けでしょ。気が付くと、7月も12日だもん。(うかうかしてたら、7月も終わっちゃいそうだぁ?!)
昨日は、なめとこ山に帰る予定でいたんだけれど、支度してたらあっと言う間に雨が降って来ちゃって、外に出るに出られなくなっちゃいました。雨がやんでから、選挙だけ行って来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.10

今日はごめんなさい。

今日は友達との約束があったのだけれど、断ってずっと家にいた。なんだか左足の方も、痛くなっちゃったから。ごめんなさい。今日はお休みにさせてください。久しぶりに雨が降ったね。雨が降ると、松葉杖だと外に出られないってのも、言い訳になったりして。
あ〜あ・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2004.07.08

暑いですね。

お仕事忙しい皆さん、お疲れさまです。今週いっぱいくらい、この猛暑は続くみたいです。頑張りましょう。
今日は足を引きずりながら松葉杖をついてスーパーへ買い物へ。今日も鰯を買ってきた。この間、梅干しと鰯とを煮込むのを教えてもらったので、それをまた作ろうと考えたんだ。うん、教えてもらって・・・ないじゃん。俺ってば、座ってただけじゃん。・・・。ま、いいや。マネっこして作ってみた。・・・ボチボチだね。
明日は、藤沢の先、鵠沼まで、電車で行かないとならないんだ。また、暑くなりそうで嫌だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.07

星に願いを・・・

憎しみ合うことも殺し合うこともなく、世界が平和でありますように。
病気の子供たちには、何か願いが叶えられますように。
自分はあんまり、欲しいものはないけれど・・・。
(足が治って、また山に登れるようになりますように。)

ところで昨日も、夕食を作ってもらっちゃった。(まさに怪我の功名か?)
骨折のおかげで、いやいや、君たちのおかげで、幸せな時間を過ごせて、幸せな夕食でした。ありがとう。
何かお返ししないとね。自分に出来ることはなんだろうと考えてる。・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.05

ビックリしたな、もう。

ギリシアが優勝だなんて、誰が予想してた? 開幕戦と同じなんてのも、それはポルトガル優勝のために、勝負の女神が用意した舞台だったのに。おいおい、二度も負けるのかよぉ〜・・・。凄いよ、ギリシア。
ところで今日は、病院へ行ってから、職安へも顔を出し、その後うちで、りーはんが食材を買ってきて、夕食を作ってくれた。(りーはん、初登場ですがよろしくお願いします。)ありがとう、ご馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.04

初優勝おめでとう!

シャラポワ、初優勝おめでとう。17歳、すごいね。まさに躍動する17歳だ。プライベートは「勉強熱心で真面目な普通の高校生」だとか。・・・って、勉強熱心なら、「普通の」高校生じゃぁないね。(「CM撮影の合間も数学の勉強をしたり、ドストエフスキーやハリー・ポッターを読んだり…。」だって。)ドストエフスキーは、課題読書だったりして! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.02

うぃ〜、がしゃん。

うぃ〜、うぃ〜、がしゃん。うぃ〜ん、がしゃん。
がしゃん、がしゃん、がしゃん、がしゃん。うぃ〜ん。
DSC_04-7-2.jpg

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2004.07.01

文月

気が付けばもう7月だ。カレンダーをめくったよ。骨折してから酒を飲んでいないので、明日でなんと、一週間酒を断っていることになる! これは凄いことだ。こんなに酒を飲まなかったのなんて、(酒を飲むようになってからだと)あの、一ヶ月入院した時以来だ。(たぶん。・・・。そんな気がするけれど、それもうろ覚えだったりする。)しかしおかげで頭がはっきりしてきたような感じだなぁ。・・・。体育会系より、哲学系ブログを目指すぞぉ〜!
ポルトガルが決勝に進んだね。もう一方は、チェコか、ギリシャか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青い薔薇って言うけれど・・・

昨日の雨は、静岡ではたいへんだったみたいだね。お見舞い申し上げます。みんなのところでは大丈夫だった? 雷はどうだった?
こちらも、日中はいい天気で、その後、遠い雷が聞こえてから夕立があったよ。でも、動けなくてずっと家の中にいるから、暇で仕方ないや。(それでずっと、パソコン繋いでレポUPしてたのか・・・? で、電話代が・・・。)
ウインブルドンの杉山愛は、残念だったね。29日の深夜はテレビ観戦して応援していたんだけれど、どうもその、ついつい、シャラポワの方に目が行ってしまいました。クラクラしちゃったよ。(罪深い私を、お許しください。)・・・。つーかその次の試合に出てきた、フランスの女の子!あの子は何なの?! またしてもクラクラしちゃったよ。(神様、罪深い私を・・・)
ところで、青い薔薇の話だ。(って、どういう繋がり?)あれ、見た? 青、にはみえなかったよねぇ・・・。(チアノーゼを起こした唇の色?)俺は、青い空の青、青い氷の青が好き。青い薔薇には、クラクラしませんでした、というお話しでした。
sk_suntory.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »