« 岩手で何してんの? に答えて。 | トップページ | 神々の山嶺 »

2004.05.31

狼は瞑らない

Ookami

 樋口明雄・著。ハルキ文庫。山岳冒険小説、ということで、荒唐無稽なエンターテイメントです。頭の中にまったく架空の北アルプスを作り上げることが出来ちゃえば、充分楽しめるよ。フィクションだから。「月ノ平」は「雲の平」か?とか、「鷲尾岳」は「鷲羽岳」なのか?とか、悩まずに。(例えば、スタローンの「クリフハンガー」を笑って楽しめる人なら大丈夫。え、でもあれはひど過ぎるよって?・・・)
 クライマックスの格闘シーンで、主人公の佐伯が思わず掴んだものが何だったかわかったとき、私はつい、泣いてしまいましたねぇ・・・。
 硬派のサスペンスファンや、山岳小説ファン、どちらからも「こんなのダメだぁ!」と言われそうだけれど、俺は楽しめちゃったなぁ。単純なんです。
 単行本が出ていたらしいけれど、920円のハルキ文庫のを買いました。

|

« 岩手で何してんの? に答えて。 | トップページ | 神々の山嶺 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29037/61780988

この記事へのトラックバック一覧です: 狼は瞑らない:

« 岩手で何してんの? に答えて。 | トップページ | 神々の山嶺 »