« 2001年7月 | トップページ | 2001年9月 »

2001年8月

2001.08.20

銀座 「GANDHARA」 (パキスタン料理)

 カレーは、自分の好きな料理の一つだ。浪人していた頃、予備校近くの某大学の学食で毎日、(それほどうまいともいえない)カレーを食べていたっけ。ところで、みんなが頭に思い浮かべるカレーって、どんなものだろう。学食のカレーも、自分で作るカレーも、ネパールで食べたカレーも、カレーはカレーだけれど、どれもみんな違うもののようだ。インドがカレーの本場とは言っても、世界各国に広がったカレーの食文化は、それぞれの国で独特に発展したと言えるよね。

 今回は、ナンで食べるカレーを満喫しようと、パキスタン料理のお店へ。一緒に出かけてくれたのは、チィ。
 銀座のみゆき通り、松坂屋の向かいに、「GANDHARA」はあると事前に調べておいたが、銀座なんてよく歩いたこともなくて、どこなんだろうと思う。しかし、行ってみれば、通りにそれらしいメニューの看板が出ており、パキスタン人(?)風のお店の人がチラシを配っていた。ただ、どうやら同じビルに、インド料理のお店があるらしくて、そちらの店も看板を出してチラシを配っていたので、(印パ戦争か。)間違えないように。

Paki1

 お店は、こぢんまりとしていて、静か。入って左手奥にタンドリー(釜)があって、そこで、ナンを焼いたりしているらしい。メニューのカレーは、種類がいっぱい(30種類以上かな)で、どれを注文しようかと迷ってしまう。これだけの種類を注文してから出すんだから、煮込んであるものじゃぁないんだろうね。一皿どれくらいの量が出てくるのだろうかとも思いながら、チィと相談して三種類、注文した。一つは、オーソドックスなチキンカリー。チキンとトマトとオニオンが入っていると書かれている。もう一つは、パクラ・パニールというやつ。メニューの写真はちょっと緑色で、それはほうれん草が入っているからで、あとはチーズ、トマト、オニオンって書いてある。三つめは、ブラウン・マカン・ワラ。材料はエビ、トマトソース、クリーム、バターだそうだ。カレーの他には、クチュンバー・サラダというサラダと、サモサという前菜、あとはビール、そしてナンを注文した。

Paki2

 まず、サラダにサモサ。サモサというのは、揚げた衣の中に、野菜と芋なのかな、なんかモサモサするものが入っている。それで、サモサ? こういう料理って、とりあえずどこの国にもあるような気がする。

Paki3

 ビールをくいくい飲んでいると、カレーが運ばれてくる。うん、二人で三皿くらいが、いい感じの量かもしれない。あ、ガツガツ食べる男性がいる場合ね。カレーと一緒に運ばれてきたナンって、けっこう大きいんだなぁってちょっと驚いた。

 さて、カレーなんだけれど、俺の一押しはシンプルなチキンカレー。そうそうこの香辛料だよ、って感じで、日本のカレーにはない風味が利いている。大陸風の、ちょっと癖のある感じ。おいしかった。チィのお気に入りはどうやら、ブラウン・マカン・ワラ。だって、甘いもんね。甘いというか、まろやか、かな。たしかにおいしい。辛さを変えて注文することも出来るそうだから、もっと辛くしても良かったかも。最後にパクラ・パニール。これはね、ほうれん草が好きな人は、好きだよ。そういう味。期待して注文したチィは、これはもういらないと、皿を回してきた。

Paki4

「ところで、パキスタンって、どこにあるの?」と、相変わらず調子はずれのチィ。えっ、どこって、インドの隣だよ。「ふ〜ん」「カシミールの領有を巡って、インドとパキスタンは対立してるじゃん。」「ふ〜ん。カシミールって、何?」「えっ。・・・。ツェッペリンの歌に、カシミールって、あるよね。」「ふ〜ん」・・・・俺の、説明になっていない答えにも、感心してくれるチィであった。彼女は、俺のHPの掲示板で、北鎌という言葉が何度か現れたのを見たとき、みんな北鎌倉の山に登りに行くのだと思っていたそうだ。おもしろいよ、チィ。(写真は、本人が「顔は出さないでぇ」ということなので。)また何か、一緒に食べに行こうね。

 いつの間にかワインも空けてて、おなかいっぱいになってお店をあとにする。カレーは、一皿が1500円前後だったかな。他のカレーも味わってみたいって、思ったな。日本でパキスタン料理を食べたからといって、パキスタンの核兵器開発の手助けには、ならないよね。平和の意味を考えつつ、銀座で、カレーを、どうぞ。

GANDHARA
地下鉄銀座駅のA4出口を出て、中央通りからみゆき通りに入る。
銀座ファイブスタービル4F
電話・03-3574-9289
 
追記・このレポートの取材は2001年8月でしたが、その翌日にパソコンが故障して全く動かなくなってしまい、しばらく記事をUP出来ないでいました。夏も終わって、どうしようかなぁと思っているうちに、アメリカであのテロ事件が起こり、そして今、パキスタンは様々な意味で、世界中から注目されている国になっています。
平和ボケだとのおしかりの声も甘んじて受けるつもりで、あえて今回、記事をUPしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2001年7月 | トップページ | 2001年9月 »