« 2001年6月 | トップページ | 2001年8月 »

2001年7月

2001.07.08

神楽坂 「AGADIR」 (モロッコ料理)

 いつかはアフリカって、思ってた。人生最後の旅は、アフリカにしようかなって。それが、この夏なんと、アフリカへの旅が実現することになったのだ! その予習としてのアフリカ料理!なのであった。今回一緒に出かけてくれたのは、このHPでもおなじみのS君とくーちゃん、それに、のりちゃん。(そう書いて、との本人の希望。)飯田橋駅西口で待ち合わせて、いざ、出発。

 神楽坂を登って東京三菱銀行のある角を左へ。ん、こんな所にトルコ料理の店が。どうやら道を一本間違えたらしい。ちょっと戻る感じに進むと、あったあった。周辺はすっきりしているので、アガディールという看板はすぐ見つかった。電話にも出たお兄さん(?)が、俺らを席に案内してくれる。といっても、店内はまだ俺らだけ。ちょっと暗くした照明に、こざっぱりした店内。

Morocco01

 メニューには、コースもあったけれど、いくつも料理を味わうために、俺らはちょこちょこと注文した。まず、ビールと揚げ物とサラダを注文。ビールは、イスラエルのビールだって。青島ビールのような味。そう、独特の味があるって感じ。揚げ物は、鶏のブリワトというモロッコ春巻き(写真、三角の方。)と、チーズのシガールというもの。春巻と言っても、春巻きの皮じゃないよ。パイ生地みたいなの。シガールの方はさっぱりしてて、ビールに合う。

Morocco02

Morocco03

 そしてそれぞれ、メインディッシュを注文しようということで、四品頼んだ。ティニルティット(レンズ豆と肉の煮込み。写真左)、プルーンと牛肉のタジン、トゥリダ(自家製パンのレンズ豆ソースかけ。写真右)、野菜と牛肉のクスクス。基本的には豆料理が中心なんだね。どれもよく煮込んであって、そしておいしかった。パンというのは、ちょっとナンに似た感じのもの。それに、豆を煮込んだソースを付けて食べるんだな。レンズ豆ってのはどんなの? のりちゃんはスーパーにも売ってるけど食べたことはなかったって言ってた。そんなの売ってるか? 甘すぎず、味もあって、おいしかったよ。もっと辛い料理なのかと想像していたけれど、違ってた。辛いのはべつに付いてて、「とても辛い。」とお兄さんに一言いわれ、ちょっぴりつけてみる、と、これがまたうまいや。クスクスが、一番最後に来たっけか。その頃には俺らはワインも開けていた。モロッコの赤ワイン。

Morocco04

 さて、クスクスである。これって、何だ? なんか、クスクスしてるよ、って言っても、却下されることはなかった。なんかこう、そういう味わいであり、食感なの。わかる? わかる訳ないね。クスクスってのは、フランス料理でも出るらしいね。俺は食べたことがなかったけれど。もともと、北アフリカの代表的な主食なのだそうだ。米のようで、米じゃぁないんだね。粒状にした小麦粉を蒸して、それにシチューを添えて食べるものらしい。野菜もたっぷりで、きっとすっごくヘルシーな食事だと思った。

 けっこうお腹いっぱいになって、そしてどの料理もおいしかったので、満足満足。四人で、二万二千円くらいだった。落ちついた感じの、素敵なお店だった。店を出るときに写真を一枚。左から、くー、S君、のりちゃん。なんだかみんな、いっちゃってますね。ごちそうさまでした。

Morocco05

AGADIR
JR飯田橋駅西口を出て、神楽坂を登り、東京三菱銀行の手前の角を左へ入る。
徒歩5分くらいか。
電話・03-3266-1767

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2001年6月 | トップページ | 2001年8月 »