« 2001年3月 | トップページ | 2001年5月 »

2001年4月

2001.04.30

スーパー・トイズ

Supertoy

 ブライアン・オールディス 著、中俣真知子 訳。竹書房。ブライアン・オールディスなんて読むのは、久しぶりだ。本棚の文庫本の中に、「地球の長い午後」が眠っている。それを読んだのは、中学の頃か、高校の頃か。あの頃は、SF小説に夢中になっていた。この「スーパートイズ」も、最初に発表されたのは1969年ということで、ずいぶん前の話である。今回出版された単行本は、オールディスの短編集という形になっているが、「スーパートイズ」以外の話は、出来にばらつきがあるように感じた。とにかく、「スーパートイズ」を読むために買えばいい本であった。何十年も前に書かれたものでも、いいものはいいのであって、それは新しくさえある。そのことをもうすぐ、スピルバーグが証明してくれるのであろう。
 「『スーパートイズ』は、何をやっても母親を喜ばせることの出来ない少年の話だ。」本のあとがきで、オールディスがそう書いている。少年は、自分が何ものであるかに、気づいていない。「ぼくは人間だよ、ママ。ママを愛してるし、ほんとの人間みたいにかなしいんだ。だから、きっとぼくは人間だよ・・・そうでしょ?」デイヴィッド少年のこの言葉は、現代を生きる私たちに、多くのことを問いかける。愛しているから人間か。悲しいから人間なのか。・・・。ではもし、感情を持ったアンドロイドが作られるようになったら、何をもってして人間、と言えるのであろうか。映画「ブレードランナー」に登場するレプリカント(アンドロイド)のレイチェルは、子供の頃の記憶まで組み込まれていて、彼女も、自分がレプリカントであることを知らない。(その原作本であるP・K・ディックの小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」も、68年の本ということだ。)もしかしたら近い将来、人間かレプリカントかを見分ける職業であるブレードランナーが、本当に仕事を始める時代が、来るのかもしれない。「スーパートイズ」では、デイヴィッドは、あるものを見て、自分が何ものであるのかを心の底から理解することになる。(これは、教えない方がいいのかな。)そこから考えると、自分とは、かけがえのないただ一人の自分なんだって思えた時に、人間は人間なんだって、言えるのかもしれないって、思った。

 「E.T.」は1982年の映画で、その公開時、俺らは中学生になりたての頃だったろうか。友人の中には女の子を誘って映画に出かけたやつもいて、彼女よりも先に泣き出してしまったという話を聞いたりもした。「E.T.」は、心優しい、エイリアンの話だった。そして、6月末公開の映画「A.I.」は、心優しい、スーパートイズの話である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2001.04.07

大久保 「松屋」 (韓国料理)

 夕方、6時半、新大久保駅前で、張(ジャン)さんと待ち合わせ。今回は、彼女お薦めの韓国料理の店に、案内してもらうことになった。あと二人、用心棒代わりに(?)中国の青年二人と一緒という、おかしな四人連れで出発。

Korea01

 お店は、新宿よりは、新大久保の方が近いかなという、職安通りからちょっと入ったところにある。この辺りを歩くのは初めてで、なるほど、聞いてはいたけれど、韓国関係のお店が多いね。駅からは、やや歩いた。

 通りから左に入って、こんな所にお店があるの?という所に、「松屋」はあった。看板だけは目立つから、そう探しにくいほどでもないよ。そして、お店の前には、人がいっぱい。土曜日だからこんなに混んでいるのか、みんな、辛抱強く、待っているようだ。一見するだけでは、それらの人たちが、日本人なのか、韓国の人か、わからない。我々は、張さんが予約を入れておいてくれたおかげで、すぐ、店の中に入れた。なんだか、不思議な感じの店。入口に、客の靴がダー並んでて、ここで靴を脱いで店の中へ。そこは座敷で、50人も入れないかなぁ。壁には、たくさんの、芸能人達の写真が。四人で、机を囲んで座る。きびきびと働くお姉さんが、「アンニョン・ハセヨ」と挨拶してくれた。

Korea02

 さて、注文だ。メニューは、ハングルと日本語とで書かれているし、写真も付いているから注文しやすい。けれどここは、張さんおすすめの韓国料理を頼んでもらうことにして、注文は、彼女にお任せ。韓国背骨スープと、チヂミと、カクテギと、水団(すいとん)をまず頼んだ。そしてお酒は、眞露。

 背骨スープというのは、豚の背骨がゴロゴロと入っている鍋のようなもので、その骨に付いている肉も食べるし、じゃがいもも入っている。コンロと一緒に運ばれてくるので、しばらく、眞露とカクテギで、繋いでた。カクテギは、大根のキムチ。

Korea03

 チヂミは、具の少ないお好み焼きみたいなものだろうなぁとしか思っていなかったのだけれど、これがうまかった。さっぱりした味で、お好み焼きよりもお酒に合うね。だいたい直径30cmくらいなんだけれど、四人だと、あっという間に食べられる。

 背骨スープの肉をほおばり、水団も運ばれてきて、そっちのスープも飲んでいると、お腹いっぱいになってきたよ。けれど、お酒がおいしいから、食も進む。で、追加注文。チャプチェという、韓国式はるさめと、砂肝焼きを頼んだ。

 チャプチェは、腰のあるはるさめに、ごま油で炒めた野菜や肉などの具が入っているもの。これまたおいしい。砂肝の、コリコリした感じもうまうま。眞露は、何本飲んだかなぁ。こういう瓶の眞露は、初めて。360mlの瓶。25度の焼酎だから、そのまま飲んでもいいけれど、俺はロックにして飲んでた。とっても飲みやすくて、けっこうグイグイいけちゃうんだよね。あ〜でも、さすがにお腹いっぱいだぁ。2時間ということで、8時半過ぎには、お店を出た。

 四人で、満腹になるほど食べて飲んで、それでも1万4千円くらいだった。いちおう、ごちそうするね。

 帰りに、職安通りにある、韓国広場というスーパーに寄った。そこで、はるさめや、眞露などを買う。(実は、張さん達がおみやげに買ってくれた。ありがとう。)で、翌、日曜日のお昼には、さっそくチャプチェを作ってみたりした。

 韓国料理は焼き肉のイメージが強いかもしれないけれど、こういう、家庭料理も、本当においしいものだなぁと、思った。
 ありがとう、張さん。

Korea04

 松屋  

職安通りを、山手線から明治通り方向に400mくらい歩いたら左へ。(区役所通りの交差点)
曲がったら、すぐ右手上の方に、緑の看板が目に付くはず。
電話・03-3200-5733

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2001.04.01

The Road to Athens

オリンピックが、アテネに帰ってくる。その、記念すべき2004年のオリンピックに、出場したい!
えっ、どこまでマジかって? ・・・。バカな奴だと言われても、サーティーズの意地を、今こそ見せるんだぁ!

・・・・と思い立ったのは既に数年前。
じゃぁ次は、目指せ北京オリンピックだぁ〜!
って気には、ならないんだよね。(ある意味、当前か。)

それでもやっぱり、聖地アテネに、行ってみたいなぁ・・・。
アテネでのオリンピックは、この次いったいいつあるの?(100年後か??)

2001年4月1日のこの日は、とりあえず気持ちだけ新たになって「オリンピックを目指そう!」と心に誓ったんだっけ・・・・。
このカテゴリー、「The Road to Athens」は、自分にとっての「アテネ」への記録です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2001年3月 | トップページ | 2001年5月 »